スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初秋の石光寺

石光寺(2006.09)

秋が始まる。そんな空でした。
花のお寺の前で、早い秋をぱちり。
sekkoji_0.jpg

続きを読む

後楽園から (域外)

後楽園(2006.08.05)

暑中お見舞い申し上げます
岡山市にある、日本三大庭園の一つです。
周囲を流れる旭川の水を取り込み、能舞台や書院、茶室の間を縫って曲水が流れます。
当日は完全なピーカン、しかし気分だけは涼としてご笑覧下さいませ。

kohrakuen2006_enyohtei0.jpg

(延養亭)

続きを読む

テーマ : 庭園
ジャンル : 写真

丹生川上神社上社

大峰の北部を流れる吉野川(紀ノ川)の上流は、三つの流域に別れ丹生川、本流、高見川などが流れています。丹生川上神社三社はそれぞれの流域のシンボルのような位置にあります。

丹生川上神社上社(2006.05.13)

高龗神をお祭りしています。
丹生川上神社上社は、大台ヶ原北部や大峰北西部の水を集め高見川と合流します。この神社は近年のダム開発で丘の上に遷社しましたが、旧社殿の跡地から縄紋遺跡(早期~晩期の各時期)が発見されており、人々の営みの長さを残しています。

nyukawakamikamisha_0.jpg

(神社の拝殿と馬、古来より朝廷が祈雨の際には黒馬、止雨の時は白馬を贈られたようです。絵馬の原型を考えるとと面白いですね。)

続きを読む

丹生川上神社中社 

大峰の北部を流れる吉野川(紀ノ川)の上流は、三つの流域に別れ丹生川、本流、高見川などが流れています。丹生川上神社三社はそれぞれの流域のシンボルのような位置にあります。

丹生川上神社中社(2006.02.22)

罔象女神をお祭りしています。
丹生川上神社中社は、北から木津川、東から日裏川、南から四郷川の三川合流の地にある神社で古くから水の神(罔象女神 みずはのめのかみ
)をお祭りしています。
天武天皇の時代には既に祈雨止雨の祭祀が執り行われていたようで今日でも水に関わる信仰が為されています。

nyukawakaminakasha_0.jpg

続きを読む

丹生川上神社下社と春の丹生川

丹生川上下社と春の丹生川(2006.03.25)

三つある丹生川上神社の下社は丹生川に沿った山間にあり、天河弁財天社や大峰山の玄関口とも言える場所にあります。
水の神、闇龗神(くらおかみ神)をお祭りしています。
尚現在は
川上上社:高龗神(たかおかみ神)、川上中社:罔象女神(みずはのめの神)が祭神です。

nyugawa_shimosha.jpg

続きを読む

葛木御歳神社

吉野熊野に隣接した地域である葛木は大和朝廷以前から開けた場所です。付近ではいろいろな遺跡が近年発見されており、古代史のなぞでもあります。

((御歳神社))(2006.02.12)
御歳神、大年神をお祭りしています。
古来より朝廷で 豊作祈願のために行われた年頭の祈年祭(としごひのまつり)には、まず本社の御歳神の名が読みあげられました。
この地は、葛木氏、鴨氏の本拠地である金剛山などの扇状地が開けた穀倉地帯であり岩清水と相まって美味しいお米が取れる場所です。
御歳神社が豊穣の神として古くから崇拝されていたことが記録に記されています。

(朱塗りの美しい本殿)
mitoshi_1.jpg


続きを読む

船宿寺

船宿寺(2006.04.01)

葛城王朝のあったこの地に千二百余年の歴史を持つ船宿寺があります。神亀年間に行基菩薩が夢で、船形の岩の上に薬師如来を祀るよう告げられ開祖され、この地は医王山といわれています。

senshukuji_0.jpg

続きを読む

プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。