黒石谷Ⅲ~暑~い夏の納涼

黒石谷中流より(2007.07.28)

去年の秋に訪れた黒石谷を3度目に訪れました。
今回は黒石谷の盟主霞滝や扇滝で写真を撮りましたが、下流の明神滝などもかなりの水量で見ごたえがありました。

kuroishi_kasumitaki_2007S_1.jpg

霞滝(40m)
霞滝は、沢登の人気コースとしても知られています。大台の北西の水を集め水量も豊富な上に、大きな滝だけでなく美しい渓谷や釜が魅力です。
霞滝の釜

kuroishi_kasumitaki_2007S_0.jpg


霞滝の手前にある扇滝(10m)

kuroishi_oogi_2007S_0.jpg


同じく右岸から

kuroishi_oogi_2007S_1.jpg



kuroishi_oogi_2007S_2.jpg



【谷の状況】
名前の付いた滝を7本も擁する名峡、しかし仕事道は年々荒れてきていると伺います。道自体は今でもしっかりしており、所々補修もされておりますが、私たちも大切に使って行きたいものです。

霞滝の前は凄いゴルジュです。これも見ごたえありましたが、基本的には水量の多さが印象に残ります。霞滝はピー感が出ますので、天候や時間帯には考慮が要ります。
霞滝までは崩落した橋が2箇所以上、山抜けが1箇所、その他の危険箇所も要注意です。

谷中至るところに素晴らしい風景絵画があり、もっとじっくりと撮りたい場所ですね。
【怖かったこと】
霞滝に近づいて撮影する為、ロープを使って右岸の泥付き急斜面を降りました。登り返しでどうしても、あと少し手が届かぬ木にジャンプして飛びつく為に足を踏ん張ったところ軸足が滑り落ちて、ひざを打ちました。
幸いシャントとハーネスを装着しておりましたのでそれらが動作し滑落が防止されました。
ハーネス無しでは怖くてそんなことも出来ません。尚、ジャンプして手の届かない岩などに飛びつくのはフリーの登りでは当たり前というか良くあることですが、あくまで自分をしっかり確保(ビレィ)できる状況が前提です。
くれぐれも面倒くさがらずにロープや安全装備を出して急斜面に対応したいものです。

【今回使用したギア】
上からシュリンゲ、左からシャント、ATC,ロック付カラビナ、カラビナ
これにロープ2本(20m、30m)と三脚、レンズ3本、カメラなどがつきます。

kuroishi_kasumitaki_2007S_9.jpg



岩屋map

テーマ : 水風景
ジャンル : 写真

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カラビナカラビナ(ドイツ語でKarabinerhaken、略してKarabiner)は、登山道具のひとつ。登山用のものはアルミ製、レスキュー用は鉄製の輪(最近は、全国的な「都市型ロープレスキュー」の普及により、救助用カラビナもアルミ製が主流)で、開閉できる部品(ゲート)がつい

コメントの投稿

非公開コメント

RE:暑中見舞い申し上げます。

縁側さん!
情報ありがとうございました。
お陰様でいろいろ調べて安い機種も結構使えそうなことがわかりました。
助かりました。
OFFの時は宜しくお願いいたします。

暑中見舞い申し上げます。

おはようございます^^
8Gの爆安CFですか? 価格.comで探すと出てきますよ^^
http://kakaku.com/sku/pricemenu/cf.htm
PQIとか安いですね、保障は出来かねますが^^;

RE:黒石谷

ヒロさん!
ありがとうございます。
旅行お疲れ様でした。
そういえばかなり上流にも魚が居ました。綺麗な淵や渓流瀑などもたくさんあり、岩も綺麗ですね。次回はヒロさんに倣ってのんびりしたいです。
安全装備はやはり慣れが要りますね。崖の上から見るとゴルジュは怖かったです。仰せの通りちょっとした斜面でもザイル等を使って安全は確保したいものですね。

RE:こわ~!

そうるさん!
ありがとうございます。
納涼とはヒヤッとすることでした(笑)
今後は更に安全対策をしっかりやりたいです。この谷は遠望でOKなら結構良い滝が見れました。ホームグランド的な思い入れがあります。

黒石谷

懐かしい谷の名前にハッとしました。
昔、アマゴ釣りによく出かけた谷です。その頃は沢登りをしておりませんでしたので、下流域でのんびりキャンプをして、釣りをしたりスケッチをしたりして楽しみました。
上流にはこんな素晴らしい滝があったのですね。知りませんでした。
いろいろとギアを揃えられ、沢登りも本格的にされるようですね。ザイルにしろATCやシュリンゲにしろ、いざという時の為に持参するのは良いことですね。初級の谷でザイル不要の場合でもルートの選択次第ではザイルが必要になる場合もありますし、一見不要な場所でもザイルをつけることで安心感もあり、万一の時は命拾いすることもありますのでね。
素晴らしい景観を拝見しました。ありがとうございます。

こわ~!

まいどです!
稜線を歩く私たちと違って危険が一杯ですね。
幸いお怪我がなかったようなので安心しました。

しんどい目をせずに綺麗な滝の画像が見れることに
改めて感謝です。

RE:見られましたー!

YHさん!
よかった~!
ご迷惑お掛けしました。
計画も楽しみの内ですので、いろいろシュミレーションなさってくださいね。そういう私もタイミングは外したりしております(笑)未知の場所は発見する楽しさです。

見られましたー!

ふぇるめーるさんデジマンさんおかげさまで見られました!感謝です◎
ふぇるめーるさん丁寧な地図ですね◎参考にしつつ天候の悪くなった時や自分には無理だと判断したときは退きます。生きて帰れてハナマル、これも大切ですよね◎

RE:RE:地図が開けません(涙)

デジマンさん!
お手数お掛けしました。
やっぱり直リンクではダメのようですね。

RE:地図が開けません(涙)

やっぱり開けない様ですので、掲示板から
私のHPの方にリンクしておきました。

RE:地図が開けません(涙)

YHさん!
サーバーが画像直リンクを禁止したのかもしれません(^^
上の画像の下にマップのリンクを貼り付けましたのでクリックしてみてくださいませ!

地図が開けません(涙)

ふぇるめーるさん私は地図が開けません~!どうしてなんでしょう???パソコンかな?

RE:黒石谷Ⅲ拝見!

デジマンさん!
ありがとうございます。霞滝は早朝に行くか、それとも夕方近くがよさそうですね。
>これで終わりではないでしょう!
もちろんそうですね。滝下へも降りたいですし、上流の鬼滝や霞滝と扇滝の間の素晴らしい淵も撮っておりません。今回は一応状況がわかったと言う程度ですので、いずれ再チャレでしょう(笑)

黒石谷Ⅲ拝見!

なんとか無事の帰還良かったですね。
扇滝は、角度によっては別の滝に見えますが、小ぶりでも美瀑って感じですね。
霞滝は、強い日差しが残念ですが、これで終わりではないでしょう!(笑)
益々危険度の高い滝へのチャレンジ・・・ちょっと引き気味です。(笑)

RE:すごーい!

YHさん!
ありがとうございます。暑すぎるこの頃夏は納涼のできる沢が一番ですね!
>大丈夫でしょうか?
この谷では2回危ない目に遭いましたが何れも幸い無傷でした。霞滝、良い場所でした。ゴルジュから行ければ一番良いのですが、なかなかカメラ三脚をか担いでは大変なようです。ただ、私の三脚も大型の部類でかなり無理がありました。
カテドラ、良いですね。今頃なら夏空が広がって良い風景ですね。

すごーい!

ふぇるめーるさん霞滝まで行かれたんですか~!すごいですね!見応えのある素晴らしい滝ですね◎足を打たれたとのこと、大丈夫でしょうか?遡行はとても危険なようでロープが無ければ降りられないとは難しいですね。いつか行ってみたいのですが私のような初心者は無理ですね。
私も沢の腕を磨かないと(涙)まずロープかな(猿なのに身軽じゃない~!)
私は来週晴れたらカテドラルリベンジです☆
お身体気を付けてくださいね◎
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる