スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜ノ宮散策

桜ノ宮散策(2007.4.1)
大阪城の北の天満橋からJR桜ノ宮駅まで散策しました。
まだ桜は少し早かったようです。

sakuranomiya_2007s0.jpg

老舗のTホテルの前で、ホテルの中ではバイオリンの生演奏がありました。この桜(ヨウコウ)だけ今年は開花時期が早かったようです。

sakuranomiya_2007s1.jpg


Tホテル前の船着場

sakuranomiya_2007s2.jpg


そろそろシーズンですか。
子供の視点で捉えるため、腰の位置でシャッターを切ります。もちろんNO-FINDERでマニュアルフォーカスです。
同行されていた方のテクを真似てみました。視点が低いと空の入り方が違います。

sakuranomiya_2007s3.jpg


橋を渡る途中でレースが観戦できました。両岸からは応援団のタイコも聞こえます。(いつもある訳ではありません。)
レース前の緊張!!!紐で橋に係留されています。

sakuranomiya_2007s4.jpg


両者凄いスタート!

sakuranomiya_2007s5.jpg


あっと言う間に、視界から遠ざかります。

sakuranomiya_2007s6.jpg


対岸を眺めていると

sakuranomiya_2007s7.jpg


なんとなく目が合い(笑) 瞬間カメラ目線ですね。

sakuranomiya_2007s8.jpg


あっという間に包囲されました。ヒッチコックサスペンスの名画「鳥」のワンシーンを思い出される方は名画通です。
(カモメの声:なぁにぃ~(怒)そんじゃおれたちゃワルモンかい?)

sakuranomiya_2007s9.jpg



【撮影後】
レンズは、機動性ということで広角(12-24mm)と標準(28-200mm)だけにしました。三脚は使用しませんでした。
空を飛ぶ鳥などは手ぶれ補正レンズの方が良いですが、あえて持参しませんでした。しっかり構えて撮るを基本に据えていれば、後日手振れ補正を使った時その機能は全てマージンとして生かせます。
またスナップは機動性が大切なので携帯品は最小が良いでしょう。
撮影の条件ですが、
広角は ISO200、F5.6~6.3ぐらいで
標準での鳥などは ISO400~800 F3.5~6.3で撮っています。
WBは全てAUTOです。
本日は、写真を指導頂いている先生と一緒でした。

コメントの投稿

非公開コメント

子供の日に戻って

ヒロさん!
桜ノ宮はいいところですね。
子供のころの冒険心は確かに一生の宝ですね。名画スタンドバイミーの世界のように、いつも心のより所だったりします。
一日も今よりずっと長かったあの日・・・
その冒険心があることが創造的な時間を維持してるってことですね。
今年もお互い安全に気をつけて、腰の方もご自愛くださいませ!

造幣局の通り抜け

このあたりの桜の開花は全国でも遅い方ですね。私は天満橋にある中学校に通っていたので、このあたりは遊び場のようなものでした。台風で大雨が降ると桜並木は水に浸かるんですよ。河川敷のブランコや滑り台も水に浸かり、友達と水しぶきを上げながらブランコをこいだ思い出があります。その頃の冒険心が未だ止まず沢登りを楽しんでいるようなところもあります。しかし、そろそろ年齢を考え行動をわきまえないといけませんね。椎間板ヘルニアと昔、滑落した時の古傷が痛み、そろそろ限界かなと思うことも多いです。だましだまし沢を登っています。もうすぐ沢シーズン、うずうずしますね。身の程知らずも困ったものです。(笑)

腰の高さの視点ですと全てが見上げる位置なのでカメラを若干上向きにして、ぶら下げ気味でシャッターを切りました。シャッターを押す一瞬だけ手を止めます。
>造幣局
工場内に入ったことはありますが、サクラは未だなので私もいつかは行きたいです(^^

大阪の桜、楽しませて頂きました^^
満開の桜の下を散歩している気分になりました。ありがとう♪
キャンディー売りの、写真を撮られる時に、腰の位置でシャッターを切られるとは?空の位置・・ですか。勉強になりました。
造幣局の桜の通り抜け、一度、行ってみたいと思いながら、過ぎています。

RE:桜

造幣局行かれましたか。そんなに人ごみだと見るだけで精一杯ですね(^^;

>ジョナサン
こっちの方を忘れとりました。良い映画はいつ見ても良いです。と思うのも歳を取った証拠?(笑)

まいどです!
以前造幣局の桜の通り抜けを体験しましたが
あの人ごみには辟易してしまいました。
天満橋から桜ノ宮への川沿いを歩く方が
よっぽど楽しいと思います。

ヒッチコックはもちろんですがカモメのジョナサンをも
思い出すのは歳のイッてる証拠?
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。