スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぐや姫伝説の里で(その4)

かぐや姫伝説の里で(その4)(2007.02.18,風景散歩)

4度目の訪問です。
鳥たちも、役者が入れ替わっていました。春の陽気に地面を這う虫を追って芝生をつつく鳥が多かったです。

umamikyuuryo2007s0317_0.jpg





umamikyuuryo2007s0317_2.jpg



振り向けば、(誰か呼んだ?)

umamikyuuryo2007s0317_1.jpg



犯人(鳥)は誰か?赤いモクレンが好みのようです。

umamikyuuryo2007s0317_3.jpg



白モクレン

umamikyuuryo2007s0317_4.jpg




【撮影後】
撮り始めようと歩いていますと、ベテランの写真家の方に出遭い1時間程話込んで撮影そっちのけになりました。
写真の話は、面白いトピックがいくらでも続きますのでそれはそれで楽しかったです。レンズの歪を利用したモデル撮影の話などは興味深かったです。ビューカメラなど中判大判の話では、あおりの話で更に盛り上がりました。
もちろん管理人は主に聞き役です。

ふと思ったのですが、APS-Cサイズのカメラに35mmフルサイズのレンズを取り付けた場合、大きすぎるイメージサークルを利用して現状のPCレンズより更に変化シロの大きいスーパーPCレンズ(中判大判のような)が用意できるのではないかと思いました。
APS-Cセンサーならではのものになるかと思います。
あおり、ティルト、スイング、シフトなどコンパクトカメラでは出来ない機能がより深く楽しめることも一眼レフの良さを倍加するのではないかと思います。(管理人は現状の市販PCレンズの効果はまだ試していません。)
ひょっとしたらどこかのメーカーが既に極秘開発中かもしれません。
まだならば是非採りあげて頂きたいテーマなのです。

コメントの投稿

非公開コメント

RE:季節の移ろい・・・

ヒロさん、いつもありがとうございます!
この風景を見た時、落穂拾いの姿を連想しました。傍にわらでも積んであればサイコーの演出ですね(笑)。管理人は、生活観の方にどうも目が行ってしまうようです。

季節の移ろい・・・

写真を撮ることで、よりリアルに季節の移り変わりを実感できますね。レンズを通した視線は思考を孕んだ視線のような気がします。普段、何気なく見ている景色を一歩踏み込んで見詰めているような・・・
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。