スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のんびり散歩2

里山の早過ぎる春(2006.02.25,風景散歩)

今年の冬は余り雪や氷が楽しめませんでしたが、それだけ早く春が来そうです。冬を惜しむ気持ちと春から先の新緑が待ち遠しいとも感じ複雑な想いです。この日も所用で遠くには出かけられず近所の里山で散歩です。
satoyama2007w1_0.jpg
里山では畑の手入れが始まっていました。
satoyama2007w1_1.jpg


2月にアブラナの花を見るのは久しぶりというか・・・・
satoyama2007w1_2.jpg



【一眼レフカメラの夏の陣】
デジタル一眼レフの新製品のラッシュが続いています。キヤノン1Dの新型がデビューしましたが、片やニコンも今年の秋にはD2の後継機が出ると言われています。どうやら新しいセンサーを搭載しているらしいです。これは、実態が明らかになればソニーの噂のプロ機と並び話題騒然となるでしょう。
時に、フルサイズ対決になるかもですね。他にD300,D60,40Dなども楽しみです。

ニコンというかD40の売れ行きは他社にとっても予想できなかったようですね。ユーザーにとって画素数とは?と考えさせられました。結局、スペックにうるさい人の予想が見事に外れ売れ行きはすこぶる良いようです。

K10Dも生産が追いつかないくらいですし、各レンズメーカーもカメラメーカーも生産枠取りとデリバリーが苦しい場面ですね。

管理人自身は、ボディはもういいからこれからはレンズの良いものが開発されることに期待しております。

コメントの投稿

非公開コメント

RE:デジタル一眼レフ

ヒロさん!
いつもありがとうございます。
里山は周りの人は良くテーマにされてますが今まであまり撮ったことがなく、ぶっつけ本番ですね。緊張して撮っておりました(笑)。いつか明日香村や室生などもご一緒したいですね(^^

デジ一ですがオリンパスもバリバリの三機種ほどが噂に上がっており、シグマもフォーサーズ用レンズを発表して盛り上がってますね。
デジはいささかボディ寿命が短く感じられ、一眼レフのシステム的発展という面がやや希薄なところが気に掛るところですね。
私もここ一番では銀塩かもしれません。デジタルの便利さ=良い写真ではないですが、デジタルは枚数が稼げてるにも関わらず、本当に良い写真は枚数ではなくその瞬間ですね。

デジタル一眼レフ

素敵な里山風景ですね。二番目の写真、煙がアクセントになって良い雰囲気が出ていますね。見ていてほのぼのとした気持ちになりました。他の二枚もいいですね。もう菜の花が咲いていますか・・・ 背景にさりげなく梅のぼけを入れておられるところはさすがです。

デジタル一眼レフも相変わらず新製品ラッシュですね。高額商品であるにも関わらず売れ行きが良いのには驚かされます。私は500万画素のE-1を愛用していますが、画質に不満を持ったことはありません。全紙にでも伸ばせばその差が歴然なんでしょうけど、PC画面で見ている限りは十分です。それとデジタルが普及した要因は誰でも手軽に高画質が得られることではないでしょうか。実際、私は銀塩でE-1を越える写真が撮れたためしがありません。最近は銀塩に入れ込んでいますが、目標はデジタルを超える画質です。なんか逆みたいでしょ? デジタルが如何に銀塩画質に近づくか! っていうのが元々のカメラ会社の目標だったのに・・・ でも実際、画質だけを言えばデジタルはかなり優秀だと思います。深みとか重厚感とかいった印象は銀塩が優ると思うのですが・・・
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。