スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥玉川の滝

奥玉川の冬(2007.02)

吉野川の上流にある奥玉川は台高山地の西をまっすぐ流れる自然林豊かな渓流です。2007年のコラボは滝巡りパートナーのデジマンさんとここから始めました。
この谷の奥にあるウスガサノ滝は周囲を絶壁に囲まれた幽邃境でした。
okutama2007w02_usugasataki_0.jpg

ウスガサノ滝(12m)
水量もまずまず
okutama2007w02_usugasataki_1.jpg


雑木も少なく、ロケーションは素晴らしいと思いました。
okutama2007w02_usugasataki_2.jpg


ウスガサノ滝までのアプローチ
典型的なV字谷で周囲の絶壁と、谷を埋めるゴーロ帯に圧倒されました。
大雨が降ったら万事休すでしょうね(^^;
okutama2007w02_usugasataki_7.jpg


滝の横にある大岩です。
造形的にも面白い谷でした。
okutama2007w02_usugasataki_8.jpg


兵庫県のシワガラ滝ではありませんが、岩のトンネルを潜ると右手横に滝があります。今は水量が少なく余り見えません。
トンネルを潜るには腰まで水に浸かりますがこの季節なので遠慮します(^^;

okutama2007w02_usugasataki_9.jpg



【撮影後】
事前に情報を頂いた上にご同行いただいたデジマンさんには、感謝いたします。
この滝へは左岸の林道を登りますが、普段は通行止めのようで四駆でないと走りにくい細いダートでした。
滝へのアプローチは、林道から沢に降りる点を見つけることですが、思っていたより難所でした。
途中、熊の餌場に遭遇し、食い散らかされた鹿の残骸を見ました。自然の厳しさというか熊に出会わなかった幸運に感謝しました(^^;
この後流木やら、大石などを乗り越えながら滝に向かいます。
一人ではこの時期行かない方が良いでしょう。

下流の穏やかで開放的な谷相に比べ、峻険な滝の周辺の100m程の絶壁には圧倒されます。四季を通じて楽しめる場所で秋や新緑のころには谷自体も見所になるでしょう。


【三脚のテスト】
今回は、新しい三脚をテストしました。
旧三脚は、望遠レンズには耐えれない小型三脚でした(脚径24mm)。今回の変更点は脚径を32mmにして自由雲台にしたことです。
また3段から4段にして縮長を抑えながらエレベータなしの高さを25cmアップしました。
山を移動する時には縮長、雲台の軽さや出っ張りの無さも重要なポイントです。重さも従来品より1Kgアップしましたが、サイズ的にはこの辺が限界のようです。

肝心の効果ですが、カメラを載せた時の安定度がまるで違っており、脚のしなりによるねじれ振動が殆ど感じられませんでした。
三脚は軽い方が移動にはありがたいですが、搭載物の荷重や焦点距離に応じた重量と強度UPはやむ得ないところです。

コメントの投稿

非公開コメント

RE:そうですか・・・

天体望遠鏡と言ってもカセグレン式の携帯型のものですが、それでも結構重いです。やはりそれなりに耐荷重が要るようですね。猪苗代や高山にいきたいです。

>60リットルザックで前鬼川~釈迦に挑戦して岩場から落下経験があり

おお~!あの辺り、五百羅漢の壮大な谷が広がっているもの凄い峻険な岩場ですね。よくご無事で何よりです。
あの瞬間は止められないということで、さぞや恐ろしかったとお察しいたします。
私も石楠花ブッシュなどを進む時は小型を携行したいと思います。

そうですか・・・

天体観測もされるとは素敵ですね。4×5とはまた素晴らしい計画ですね。圧倒的な高精細画像を楽しめますね。銀塩もされるのですね。カーボン三脚いいなぁ~。私にはとても買えません。それと私には山では小型三脚が限界で大きなものは無理なようです。ザックも30リットル、重量15kgまでで押さえるように決めています。以前、60リットルザックで前鬼川~釈迦に挑戦して岩場から落下経験があり、以来こわくなって軽量化を図っています。

RE:三脚

重量は雲台込みで 2950g
雲台は軽量化できる自由雲台にしました。
カメラは900g弱の一眼で、今では重い部類です。D40のような小型一眼が防塵防滴仕様ならそっちにしたいです。
山に上げることを考えてカーボンにしましたが、アルミでがんばるということもあって長いこと買い控えしておりました。
それでも、32mmはややオーバースペックなのですが、天体望遠鏡三脚とも併用することを意図しています。場合によっては4×5の搭載も可能な用途も狙っておりますが企画倒れかもです(笑)(^^

三脚

脚径32mmとは特大三脚ですね。カーボン三脚でしょうか? 具体的な重量はどのくらいですか? 脚径から想像すると中判カメラでも使用できそうな三脚のようですが。カメラが大型一眼レフなのでしょうか? 私はオリンパスのE-1ですから比較的コンパクトなカメラで三脚も小型で対応できています。参考までに上記内容についてお教えいただければ幸いです。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。