スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白倉又谷、雨情

白倉又谷、雨情(2006.12.13)
白倉又谷は大台ケ原の北方を本沢川(吉野川の上流)に流れ込む、水量と水の表情豊かな谷です。
時期は12月中旬ですが、人里離れた細道を辿ると40mの大滝が現れます。
sirakuramata_2006_ohtaki_0.jpg
水の豊かさでは二つ隣の黒石谷に負けない魅力があります。
sirakuramata_2006_ohtaki_1.jpg


雨に加えて霧が出ておりました。
sirakuramata_2006_ohtaki_2.jpg


大滝の直ぐ下にある出合いの滝15mです。同行頂いたデジマンさんの地図を頼りに進みましたが、谷通しは結構厳しかったでした。山寄りに仕事道があり帰りはとても速かったです。
sirakuramata_2006_deai15m_0.jpg


15m滝全貌、この時既に降り始めでした。
sirakuramata_2006_deai15m_1.jpg


帰りに寄った湧き水の出口にある滝、小ぶりですが県下では珍しい湧滝です。
下流にも素晴らしい滝がいくつかありましたが、今回は天候不順ということで午前中で引き上げました。
sirakuramata_2006_wakitaki_0.jpg



【感想】
とても水量の多い滝です。それだけではなく、無数の滝を架け変化に富んだ水の流れが随所に見られます。特に奥にある大滝は40m程で(文献では30-60mの記述の開きがある)美しい段滝です。
写真は、霧の為最上段の写真はUPしませんが、いつか違ったアングルでもう一度訪れたい場所でした。
他の見所は林道途中にあるナメ滝と二条の滝、及び林道終わりから山道に入った最初の尾根から見える滝です。
【諸注意】
尚、黒石谷でも木橋が折れましたが、ここの木橋も腐食が激しく危険でした。もともと国内有数の多雨地帯である大台ケ原の谷ですから、常時苔むしており腐食も早いものと考えられます。
尚、道案内板や赤テープなどは一切見当たりませんでした。

コメントの投稿

非公開コメント

大谷さん

当サイトへお越し頂きありがとうございます!
また私の写真を見ていただきありがとうございます。登録は前向きに検討させて頂きます。
貴サイトのご発展をお祈りするとともに、登録の際には宜しくお願いいたします。
今後も更に写真artに精進し、楽しんで頂けるような写真を創作したいと考えております。

はじめまして。
『PIXTA』というサイトを運営しております
(株)オンボードの大谷と申します。

素晴らしい写真の数々拝見させて頂きました。
あなたの写真を『PIXTA』に登録してみませんか。
『PIXTA』では、あなたが撮影した写真が世界中のどこかで採用される可能性を創出していくサイトです。

RE:雨に霧

こんばんわ!
( メ^‐^)_且~~ お、お客人、ゆっくり遊んでってや(笑)熱燗でもどぞ!

湧く滝は私も予想外でした。意外に見所の在る谷でした。
山の横から湧いてました。

雨に霧

まいどです!
一瞬花札かと思いました。(笑)
湧滝って初めて見ます。
案内板や目印テープの無いところなんて
怖くて歩いたことないです。
川口探検隊も真っ青ですね。古い?
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。