雌滝・岩屋谷より

大峰山の南東部、北山川の支流・白川又川の支流の一つに岩屋谷があり雄滝(130m)、雌滝(70m)など特色のある滝を架けています。
この滝は谷のかなり上部にあり高原状の上流より崖を巡って一気に高度を下げます。(雄滝はこちら)
iwaya_2006_metaki0.jpg

(雌滝より)
雌滝は、裏見が出来る滝としても有名です。滝の裏は結構広く50人くらいは立てそうです。
裏見が出来る滝としては、台高山脈に向流谷白傘滝(白龍滝)があります。
iwaya_2006_metaki1.jpg


滝の落ち口で
iwaya_2006_metaki2.jpg


説明的ですが、全景です。
iwaya_2006_metaki3.jpg


尾根からの遠望の雄滝\r
かなりの落差と水量です。全景を収めるに良いロケ場所もありますがかなり難しい場所です。次回のテーマですね。
iwaya_2006_otaki6.jpg




【撮影後】
往復に約8時間かかるコースで殆どが歩きです。
稜線は赤テープがありますが、肝心の雌滝の前に行くには落差200mのルンゼを降りる必要があります。
雄滝は小峠山の第3峰辺りから遠望できます。そこまで行くと大滝の瀑音も聞えます。この辺り西大台的雰囲気があり特に秋などはなかなかの風景絵画だと思います。
雌滝は水の飛沫が凄いので、カメラやレンズは何らかの防水手段がいるかもしれません。
それにしても裏見が出来る滝は大変珍しいのですが、なんせアプローチが長いのには閉口しました。

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大自然の「気」を浴びて

ふぇるめーるさん、「雌滝・岩屋谷より」も、また素晴らしいお写真ですね。いつ拝見しても心が洗われるようでほっとします。まさにオアシスですね。

コメントの投稿

非公開コメント

そうなんですね

勉強になりました。yahooからきました。コメントさせて頂きました。

私も裏見の滝は初めてでした。川上村にある白傘滝もそれらしいです。

実は、間違ってルンゼを降りてたんです。近いほうの雄滝に降りるつもりが偶然!
ロープが必要な程ではなかったですが降りはさすがにびびりました。しかししんどい中にも手足を使うルンゼの登りは結構爽快でした(笑)

裏見

まいどです!
滝を裏から見たことが無いです。
50人ほど立てるって凄く広いですね。
やっぱどことも絶景を見るにはシンドイ思いを
しなきゃいけないんですね。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる