笹の滝、滝川より

笹の滝(2006.09)

大峰山脈の西部にある十津川の支流滝川流域には日本滝100選の笹の滝があります。
この川は比較的流れは穏やかで四季折々の変化を楽しませてくれるでしょう。
takikawa_sasanotaki2006_0.jpg

(水の輝き)
水煙る笹の滝の正面で
takikawa_sasanotaki2006_1.jpg


下流にあるナメ滝より
takikawa_sasanotaki2006_2.jpg


赤い岩
takikawa_sasanotaki2006_3.jpg


周囲はV字型の谷です。
takikawa_sasanotaki2006_4.jpg



本流に懸かる不動滝、笹の滝の上流にあり少し崖を下ります。
takikawa_fudotaki2006_5.jpg


まるでスライダーの出口のような!
takikawa_fudotaki2006_6.jpg


9月の花、十津川沿いで
takikawa_hana2006_7.jpg


当日は大気が不安定でした。
takikawa_kumo2006_8.jpg



【撮影日記:9月某日】
二の岩滝出会いを経て笹の滝に午前十時に到着、滝の前は整備されており、奈良県でも一番ロケーションの良い名瀑の雰囲気がする。
現場は一人で、磯靴に履き替える。前日までに降った雨のせいか水量が多く水しぶきが凄い。レンズのフィルターや三脚がたちまち濡れてくる。
暫くすると2台のEOSを持ったベテラン風の夫婦カメラマンが撮影に来られた。
三重の尾鷲から425号線を経て、北山の隠れ滝などの滝を巡りながら山を越えて十津川まで来られたとのこと。
互いに挨拶を交わし、滝情報の交換もした。
構図を変えながら軽快に撮影される様子に、こういう感じで夫婦で楽しめる滝も素敵だなと正直に感心した。
振り返れば、家内とはこういう場所に一緒に来ることはめったにない。
ましてデジカメの撮り方も未だ教えていない。
夫婦とは助け合うもの、お互いに和むもの。なんだか教えられた気持ちになって来た。来年は私たちもきっとそうしよう。

【ロケーションの感想:ナメ滝の魅力】
笹の滝の下流は白い岩や赤い岩が削れて、滑らかになっている場所があり紅葉とのマッチングが良さそうな感じです。
分流滝やナメ滝の細い繊細な流れの雰囲気と木の葉の色合いも調和しそうですね。
ナメ滝は、殆ど名前が付くことは稀ですが、知られていない美ナメ滝が沢山ありそうな感じがします。
今回の不動滝も、銚子口がつるつるしたナメ状で、他の滝には無い不思議な光景でした。
今後はもっと取り上げたいナメ滝です。

分流した大きな美瀑としては、羽衣の滝(北海道)、滑川大滝(山形県)などが代表例ですが、小さい規模のであれば意外と近所で見つかるかもですね。


【未知との遭遇:トホホの反省会】
最初は滝川の支流の二の岩滝を目指すも、雨後ということもあり杣道を100mも進まない内に靴を見るとヒール様が4匹!おおここは激ヒル地域か?!
そう言えば、沢沿いの道が湿っぽい上に日陰しかも雨上がり。当然の結果かもですね(^^;因みに噂のヒール様とは初対面なのです!緊張が走る~!
しかし靴に塗っていたディート剤のお陰で足首より上に這い上がれない様子(笑)
とりあえず道も不鮮明ということで(本当はビクーリして)引き返し、靴に未だくっ付いているヒール様にイソプロピルアルコールを噴射~!効果は無さそう(^^;>そこで今度はディート剤を直接噴霧。
ヒール様は敗退、当然でしょう。良いOJTになりました。

以下は私が考えるヒール様予防対策です。ご参考まで。
○ヒル発生地で雨後に沢沿いを歩くことは控える。
○行動は2人以上で行い、お互いにヒルチェックをする。
○靴は深い靴を使用し、ズボンとの隙間を無くす為にロングスパッツを巻きつける。
○ディート剤を用意する。事前に靴やスパッツに吹き付けておくとヒルが這い上がれないので安心できます。登山用品店等でスパッツ、ディート剤は購入できます。

因みにヒルはどんな生物かと言うと茶褐色のミミズのような外観で、尺取虫運動をしながらこちらにやってきます。足音や体温、呼気の炭酸ガスに反応すると言われています。繁殖期には半透明の幼虫も居ますのでお気をつけ下さい。

ところでヒールってプロレスの悪役みたいですが、山では脊椎動物の個体繁殖抑制の働きがあるんじゃないかと思っております。人間が環境破壊をした為、一部の野生動物が異常に繁殖した為とか・・・いろいろ諸説があります。

tag : 滝100選

コメントの投稿

非公開コメント

RE:夫婦滝

名前の由来が納得できます(^^)。
この地域は、レアな形の滝が多いのですね。
遡行地図等の記録資料が見つかりましたら、お送りいたしますね。

夫婦滝

夫婦滝のレスどうもです。
観光客も多いので、中の滝の様に柵越え突破と言う訳に行かないし・・ハードルが高いですね。
少し離れた分岐瀑2本の滝は、他で見たことが無いです。

RE:RE:笹の滝

お帰りなさいませ!
ツアーの写真楽しみですね。
夫婦滝ですが、下見で上流の峠越えて飯場に降ることを考えていたんですが、車が通行止めだったのと雨が降ってきたので今回はリタイアしました。
笹の滝方面からも上流に向って右の谷を詰めれば上に出れそうですが、進入禁止の柵が。
でも夫婦滝良い滝だそうですね。私も見たいです。

RE:笹の滝

torelliさん 笹の滝方面に行かれましたか?
凄い水量の滝を美しく撮影されていますね。
笹の滝の上流にある夫婦滝に興味があるのですが、巻き道は見つかりませんでしたか?
私は、楽チンバスツアーで滝めぐりに行って来ました。
では、来週も宜しくです。

RE:笹の滝

こんにちは!
笹の滝、期待以上に良い滝でした。不動滝は本と不思議です。
この日は最初熊野の大又川を計画しました。が、そこが激注意と聞きまして変更したんですが(^^;どこも油断はできませんねぇ。
私ももう最後にしたいです。

笹の滝

まいどです!
笹の滝の水量はもの凄いですね。
写真からでも迫力が伝わってきます。
不動の滝の滝つぼの色がメチャ綺麗です。
これだけ広範囲に赤い岩を見たのは初めてです。

ヒール様には一生お目にかかりたくないです、キショ~。(笑)
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる