スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弥山川の春

弥山川の春(2006.05.03)

大峰山の主峰、八経ヶ岳、弥山などから北西に流れる弥山川は、十津川水系屈指の滝とを持つ秘境的雰囲気の谷を穿っています。
この日はリンク先のmorinodejimanさんをはじめ九州や関東から来られた滝メイトの方と合流させて頂きました。感謝!

misengawa_1_2notaki.jpg

(滝の前のテラスにて、弥山川一の滝(手前)と奥の二の滝、遥か後方は東剣城の)
弥山川の下流、石ころだらけの白川八丁の川原を歩きます。
丁度山桜のシーズンでした。
misengawa_hatchogawara.jpg


八丁川原の尽きるころに釜滝があります。水量は少ないですが、大きな半円状の釜が印象的でした。名前の由来なのか、ここはガマが多いようです。
misengawa_gamataki.jpg


一の滝のサイドからの写真です。
想像していたよりかなり大きく、迫力がありました。
釜滝から一の滝までのルートは一部桟橋が落下しており(2006年5月現在)、通行には注意が必要です。また途中川を横断する場所があり増水時にも注意が必要です。
misengawa_1notaki2.jpg


一の滝(下)の上部にある二の滝
misengawa_1notaki2B.jpg


写真は高巻き道の途中にある三の滝です。
この滝の上流にも四、五、六の滝と素晴らしい連瀑帯が続く様子を痩せ尾根のキレットから遥か下方に望むことが出来ます。
三の滝を過ぎると山の傾斜は急にきつくなり、高巻き道に付けられた梯子や鎖場をよじる登りとなります。それは実に大峰らしい道と言えるでしょう。双門の滝まで梯子は28本+αありますが、こちらは最近新しい梯子に整備されており関係者の方の努力に感謝する次第です。
misengawa_3notaki.jpg


(この後痩せ尾根の登りを終えて双門の滝の前のテラスに到着できました。雨に打たれたもののなかなかスリリングで楽しかったです。
テラスではあいにくの濃霧で肝心の滝が見れませんでした!そこだけは次回再トライです。)

コメントの投稿

非公開コメント

RE:圧巻

こちらこそご無沙汰しております!
ご訪問感謝です。
>最近は、専らカメラを担いで山歩きでしょうか。
足が勝手に山の方に向いてしまうのです(笑)
カメラ+三脚で結構な重石ですが、今年も新作写真をどんどん撮りますので宜しくお願いします。

圧巻

ふぇるめーるさん、おひさしぶりです。
素晴しい写真を前にして、もう何も言葉は要りませんね。*^-^*
岩肌の表情がなんともいえず、惹きつけられます。
最近は、専らカメラを担いで山歩きでしょうか。

RE:綺麗です!

まいどです!(^^
落っこちた橋が改修されたら一の滝へは比較的楽に行けますよ。是非に!
台風被害で閉鎖中の大杉谷といい、中の滝とここは日本の滝100選の中でも、足場の悪さでは屈指だそうですが、意外にここの道はしっかりしてました。
次回はこわ~!の画像も追加予定です(笑)

綺麗です!

まいどです!
初心者には近付けない秘境のようなところなんですね。
さすがにとっても綺麗です。
行ってみたいけど私なんかではとても無理のようです。

RE:チャレンジ

昨日は、ありがとうございました!
あそこまで無事行けたのは今回ご一緒できたお陰です。
三の滝、スコール直前で間一髪でしたね(笑)
是非、こちらこそ秋に再チャレンジでお願いいたします!

チャレンジ双門

昨日は悪天候の中、大変お疲れ様でした。
デジカメの利点で即行アップですね!
美しく撮影出来ていますよ~三の滝だけでも撮影しておいて良かったですね。
双門再チャレンジは宿命と思って、紅葉の季節にでもご一緒しましょう!
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。