fc2ブログ

Real-Live Viewfinder(Z9)が最大の進化


kdj1_0246.jpg

Z9のファインダーを見た後、自分のミラーレスのファインダーを見て改めてそのギャップに驚きます

kdj1_0470.jpg


【Real-Live Viewfinder(Z9)の感想】
ニコンプラザでZ9のAFを体験しました。正直機械学習によるAFの進化や柔軟性、そして8K動画の2時間回しとかメカシャッターレスでの1/32000秒撮影とか世界初の機能に終始圧倒されました。
動体を行うフォトグラファーにとってAFの食いつきや連写速度が常々話題になります。
しかし今回はファインダーの素晴らしさにしばし感動でした。
連写時のブラックアウトもひっかかりもなく実に自然に連続した被写体が見えます。
世の中にブラックアウトフリーを謳う機種は他にもありますが、連写時の瞬間実画像が抜けるので同じ画像を表示したり,画像補完を行っているものが従来の電子ファインダーでした。
ニコンがReal-Liveと謳った今回ファインダーの価値は、見ている瞬間、シャッターを押した瞬間の画像をはっきり認識できることです。
これは写真を撮る上で大変重要なことです。そして今までの電子ファインダーでも光学ファインダーでもできなかった理想のファインダーが今Z9で実現されています。世間が注目する他のSPEC.よりも今回のファインダー体験が自分にとっては最大の驚きでした。

カメラとはこうあるべきという思想というか今回のZ9のシステムの練られ方はすごいと感じます。
Real-Live Viewfinderがファインダーだけでなく、イメージセンサー、信号処理LSIなど全ての要素の進化と融合によってようやくそれが今可能になってきたのでしょう。
これがすべてのニコン機に搭載されることを祈っています。

テーマ : カメラ機材
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる