スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに北野坂

ターナー展(イギリスの近代画家)に行く途中で付近を散策いたしました。
北野は震災から復興して早20年、結構な賑わいです。

kobe__2014_0.jpg

(パナマ領事館にて)
神戸と言えば、西の海の玄関ですが震災以降こちらにあった領事館の多くは大阪に移動したようです。
こちらの領事館跡は港を見下ろす丘の上で、日本の冬の寒さに備えてサンルームを広めに取ってありました。

kobe__2014_1.jpg


坂のある町は、何故か風が涼しげでいいです。この季節ではまだ六甲山の吹きおろしによる寒さ感が強かったのですが、南国育ちの領事も春の訪れを楽しみにしながら日ごろの業務に勤しんで居られたことでしょう。

kobe__2014_2.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

RE:北野坂

ヒロさん☆

久しぶりに神戸に来ましたが、私が働いている場所より街全体がおしゃれで少し刺激になりました(笑)。
今回は、丹波牛でしたが、次回は是非ロシア料理で楽しんでみたいです。
市の博物館の展示は時間軸に合わせて作品が並べられており、作家の精神の変遷が良く伝わりました。
初期のターナーの作品はスノードンなどの山のカンテやルンゼなどの荘厳な描写も多くてここの部分は個人的に知らなかった作品として興味深かったです。

神戸北野坂

ふぇるめーるさん

神戸の山手も被写体としておもしろいところがたくさん
ありますね。特に北野界隈は素敵ですね。
紀伊半島の手付かずの自然も、こういった神戸の街並みや
文化も、興味深いものがありますね。

RE:異国文化

ke-nさん☆

おはようございます。
この地域が、坂のある街なのでその点も面白かったと思います。
六甲山が意外に近く、いい水が湧き出していました。

昔の日本の写真もありましたが、風情があり街の歴史の長さがしのばれます。

異国文化

ふぇるめーるさん、おはようございます。

神戸の北野界隈を散策してこられたのですね。
日本の中で異国の歴史と文化を感じられる素敵な空間ですね。

船でこの小さな島にやってきて働いていた異人さんたち、
日本の気候に苦労もあったことでしょうね。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。