スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北股川ムラダチ谷・・・最後まで飽きさせない美瀑群

現代アート作家のヒロさんと、川上村のムラダチ谷を訪問しました。計画が流れ変遷して2ヶ月やっと行けました(感謝!)

muradachi_2013_0.jpg

(35m大滝)
元の計画から道路状況の推移などいろいろあって最終はムラダチ谷に急遽決定!正直地味な名前でぱっとしない感じでしたが、谷に入ると意外なべっぴんさん滝の世界でした。
大滝35mは白傘滝、花園谷の黒滝に似て高い場所から水を放射する辺り、台高山脈の独特の風景なのかもしれません。

これは最初の8m,帰路はいろいろあって懸垂で降りました。
その奥にちらっと見えているのが15mの上部です。

muradachi_2013_5.jpg


8m+15mは左岸の壁の切れ目から巻きましたが、正直層が入った岩がもろく危ない感じがしました。
掴んだ岩が抜けるような状況なので、ザイル原因での落石も多いと思います。
下は次に来る20m滝です。水線がわずか1.4Kの谷とは思えない周囲のクラの造形の深さが印象的でした。
これは右岸を少し登ると高巻きできます。

muradachi_2013_3.jpg


20mの上部の様子。

muradachi_2013_4.jpg


これは35mの上部です。水量が多いとは思えないこのような場所になぜこんなに立派なドームがあるのか不思議です。県内で裏見ができる滝としてはこれが5番目の遭遇でした。

muradachi_2013_2.jpg


 35mを戻り右岸の登れそうな場所を探しながらクラの裏側に回り込みます。最終の25mはあまり期待しなかった場所でしたが、二人でここまで来てよかったと喜びあいました。
素晴らしい自然環境のムラダチ谷、北股川から見上げた谷の出合は貧相でとてもこんないい滝が出てくるとは思いませんでした。
しかも自然林たっぷりで一切の人工物はもちろん赤テープの類や山道、踏み跡はありません。
ですのでこのままいつまでも大切にして上げてくださいね。

muradachi_2013_1.jpg



行程

muradachi_2013_B.png

コメントの投稿

非公開コメント

RE:ムラダチ谷の滝

夢色の世界さん☆

こんばんは、ドーム状の35m滝についてですが台高には似た滝として半佐衛門大滝や喜平小屋谷大滝など固有ともいえる風景画がありますね。完全凍結は無理でも冬季の姿も見てみたいです。
この滝は右岸から巻きますが、岩に取り付いてモンキークライミングでした。
高々1040mに過ぎない山を発端とする河川でこんなに変化に富んだ大台の周辺の地域ですが、35mもありながら無名の滝であると言う点もまた妙味でした。

No title

ふぇるめーるさん。
ご無事の帰還お疲れさまでした。
ムラダチ谷の滝美しい滝姿ですね。
北股川こんな滝があるなんてびっくりです。
踏み跡もテープもない道と
秋の転げ落ちるような夕暮れ・・・
迷いやすい場所でも心技が磨かれているからこそ
大事なく乗り越えられたものと益々尊敬の念です。


RE:ムラダチ谷

ke-nさん☆

こんにちは
しょぼい出合の様相ですので入渓からしてここで大丈夫?と不安に駆られながら最初の8mが出てくるまでは半信半疑でした(笑)
しょっぱなの8m+15mが曲者でルート取りによっては危ない場所です。20mから35mまでは癒し渓の状態でまったりしておりました。
奥の25mはクラを大周り、下山道は道に迷い懸垂4Pで脱出でした。35mは広角要ります。

ムラダチ谷

ふぇるめーるさん、おはようございます。

地図を眺めているだけではわからない世界がやはり大峰や台高の魅力でもあるのですね。
これほど姿の美しい滝が自然林の中で堪能できたとは、大収穫でしたね。

情報が少ない故に危険度も増すかと思いますが、
帰路も含めての的確なルート判断が流石でございます。

RE:素晴らしかったムラダチ谷

ヒロさん☆

その節はお世話になりました。
久しぶりの自然林のみで出来た谷、静かで清らかな感じでしたね。
台高の水辺の風景は、水量に見合わない不思議な岩場が連なり独特の風情がありますね。
ルートファインディングは今後も必要となりますし、夕暮れに焦ってしまう自分もよくわかりました。
今回ヒロさんの懸垂術は素晴らしかったです。
どの滝もじっくりと眺めていたい、同感ですね。

素晴らしかったムラダチ谷

今回も素晴らしい谷を御案内いただきありがとうございました。
やはり自然林だけの谷はいいですね。まったく人の気配を感じない
原始の谷のイメージでした。その分、的確なルートファインディングが
必要であり、ある意味、手強い谷ですね。
しかし、どの滝も美しく感動的でした。時間があればいつまでも眺めて
いたいと思いました。

RE:瑪瑙窟

blueeyedsoulさん☆

こんばんは
瑪瑙窟大変興味あります。ブログ拝見しました。
阿古の滝道を行かれたのですね。
その近くとは驚きです。洞窟の入口も狭く確かに一人では入りにくい。
いいことを教えていただきました!
それにしても皆さん長距離をお疲れ様でした。
紅葉もいい感じですね。

No title

まいどです!
素晴らしい滝のオンパレードですねー
今年はいつまでも暑かったせいか紅葉が遅れてる気がします

それはそうと上多古川上流の阿古滝の近くにある
瑪瑙窟(めのうくつ)ってご存知ですか?
(一人じゃとても中に入る勇気が無かったけど)
中の岩肌がキラキラ輝いて綺麗でした
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。