双門ゴルジュのCS滝と裏双門の滝

双門の滝への梯子道の右手には秘密のゴルジュがあり登山者は迂回するルートを辿ります。
今回、そのルートを外れゴルジュ内を見てきました。

somon_2013_0.jpg

ブッシュをくぐり抜け、細いバンドを見つけました。
バンドを辿ること50m程でCS滝が見えてきました。意外に近いもので上流の双門滝に続く小滝も見えます。

この日の第一目標の裏双門の2滝です。雨が降ってから日が開いた為、残念ながら水流はありません。大雨の直後は八丁川原が溢れる為行きにくい面もありますが、仕事の関係でそれは無理でした。
この場所は2本の滝と前衛の木々がちょうどよく、その上ですと高度感が乏しく、下ですと木々に遮られます。

somon_2013_1.jpg


帰りに寄った一ノ滝と二ノ滝です。よく見れば二ノ滝もCSぽいですね。このアングルからは岩の勢いがよく感じられました。

somon_2013_2.jpg


三ノ滝、これもCSぽいですね。見上げる窓に借景が見えるこのアングルが個人的には好きです。

somon_2013_3.jpg


ゴルジュのCS滝前のバンドには、谷に垂れ下がるスラブがあるだけで三脚が立てられる場所ではありません。僅かな支点からスリンゲを3本使い、この写真のコングのダックを使って微妙に谷に向け身体をせり出しました。テープ状のスリンゲであれば長さをダックで微調整できますので、このような場所にもカメラを持ちながらラクラク立てます。
一応万が一の為、PASでバックアップを取ったのは言うまでもありません。
ダックはこの日の2日前に奈良西大寺の登山用具店で買ったばかりですが、こんなに早く大活躍してくれるとは思いも寄りませんでした(感謝!)サイズも小さく中々便利なので常備してアセンダーの代わりやザックの荷揚げにも使ってみたいと思います。アセンダーはペツルも使っていますが、2個あるとさらに使い勝手も増えるでしょう。

somon_2013_4.jpg


矢印の先の滝マークがある辺りが今回の撮影場所です。
国土地理院の地図に記載の破線ルートはかなりゴルジュ寄りですが現在は歩けません。現在のルートはその東側から岩峰を乗り越える形で双門滝に続きます。

somon_2013_9.png

コメントの投稿

非公開コメント

RE:裏双門

ke-nさん☆

この日は、単独行であまり無理しないように意識しながら新しい道具も試せて楽しかったです。
本当は左岸に渡るポイントを探っていたのですが、左岸も壁が立ってとても近寄り難い雰囲気でした。
裏双門も双門ゴルジュも秋の紅葉はきっと似合う場所だと思います。
最高のシチュエーションは雨の直後の霧が晴れていく瞬間でしょうか。
管理人はいつか左岸を回って点と線ではない双門の奥深さを感じてみたいです。
そしてそろそろ冬(わさび谷)も考えていきましょう!

裏双門

ふぇるめーるさん、おはようございます。

先日お話しておられた裏双門、ついに行ってこられたのですね。
2枚目のお写真を拝見しているだけで、弥山川の谷の深さに背筋がぞぉっとしてくるような迫力ですね。

これから近畿の谷も徐々に色づいていきますね。
また紅葉狙いでもお供させて下さいませ。
あまり怖くないところで(笑顔。

RE:大変な処に出向

夢色の世界さん☆

天川村には非常に面白い地形があり、さすが世界遺産と思います。
管理人も弥山川、わさび谷と上多古川、舟ノ川流域、本沢川、白川又川はなぜかホームみたいにこの頃は親しみを感じます。
天川村の絵地図には不思議な世界がいっぱいですが、なるほど歩けば歩くほど光景が深まりそうな予感があり定点観測というかリピータも大切だなと思いました。

RE:相変わらず精力的

ヒロさん☆

どうも人がいかないルートで面白いところがないかどうか気になります。
この日も、無理しない範囲ではありますが、こんなところにバンドが?という感じで、直感的に通れるとの感覚がありました。
不思議な地図上の道との整合を考えるとかつてここにも道があって、壁にひょっとしたら鉄ボルトもということなのかもしれません。

RE:特に三ノ滝の写真

blueeyedsoulさん☆

昔はこんな道具使うとは思っておりませんでした(笑)
わずか数十gの道具に体重を預けることになるとは。
ダックですが、ロープを挟むと形がアヒルみたいな感じにも見えます。
ちっちゃくてアクセサリーにもなるかもです。
まだまだ奥には面白そうな風景が散りばめられているのかもしれません。
秋雨が似合う風景に感じました。

RE:お疲れ様でした!

デジマンさん☆

思い出深い双門もこの日は7人程の登山者と出会いました。
登山道の周りにも滝風景がたくさんあって地形的にも面白い場所だと思います。
長い年月がこのような深い峡谷を造った感がひとしおです。
こちらこそ、次の機会には宜しくお願いいたします。

No title

ふぇるめーるさんお疲れさまでした!
大変な処に出向かれたのですね。
いいですね~裏双門。大雨は際は見応えが倍増しでしょうが
最近は雨の降りが極端で危険も伴いそうですね。
日があいていても見事です。
あるのは聞いていましたが、きちんと見るのは初めてです。

いいもの見させていただきました。
元気いただいて色々がんばれそうです。
ありがとうございます。

No title

相変わらず精力的に新しいルートを開拓されていますね。
装備の充実が安全の向上に繋がるので、あれこれ揃えたい
ものはあるのですがまだまだ実行に移せていません。
懸垂下降時よりもむしろ登る時の安全を確保する工夫を
しなければと思う今日この頃です。

No title

まいどです!
特に三ノ滝の写真は迫力満点ですねー
ガチャ類を多用してとにかく安全に、且つダイナミックに
というわけですね
一月もすればまた紅葉に映える滝の写真を期待しております

お疲れ様でした!

ふぇるめーるさん お疲れ様でした!
久々に双門大滝の近くまで行かれた様ですね。
TOP2枚は、初めて見る写真ですが、威厳があって見応えのある風景ですね。
2枚目は、水が流れていれば、もっと素晴らしい裏双門になるでしょうね。

当方もリハビリ程度ですが、長野のお手軽滝を巡って来ました。
完治には、もう少しですが、紅葉の時期にでもご一緒出来れば幸いです。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる