スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDに触れて

ニコンの大阪プラザの近くに行く用事があり、立ち寄って表題のNewレンズに触れて参りました。

torelli/nikkor1835_3.jpg

D800Eに付けてみましたが、とにかく非常に軽い!機動力UP派にはウケそうな重さでした。
レンズボディも小さくコンパクトであり、ズームリングも適度なトルク感があり好感が持てました。
前作のD-TYPEは発色等美点もあり今回のレンズにも期待は持てそうです。
開放では周辺の口径食等はありますが、F8まで絞ればある程度改善できるので個人的にはNIKKORのFX広角ズームの中で軽量という点を評価してフィールドで使ってみたい気がします。

焦点距離35mm,F4.5(開放),ISO100,SS 1/400
AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED + D800E 手持ち

torelli/nikkor1835_0.jpg


中央部クロップ(ピクセル等倍),上の画像の中央部を拡大してみました。

torelli/nikkor1835_1.jpg


画面右上隅クロップ(ピクセル等倍),同じ画像の隅の拡大の様子です。

torelli/nikkor1835_2.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

RE:18-35mm

ヒロさん☆

このレンズの新情報ありがとうございます!
やはりD800/D800E、D600以降に出たレンズということで将来更に画素数がUPすることを
想定しているのですね。
EDレンズ2枚,非球面レンズ3枚と力が入った設計ですね。ミナピタでポチるつもりでしたが、現在価格も流動しているので桜シーズンか沢シーズンでなんとかしたいです。
現状ではいまだにDXフォーマットレンズのAT-X124DXで代用している始末ですが、まだFXへの移行が完了するかどうかなという段階です。AT-X124DXより重いレンズは個人的に機動範囲が狭まりNGです。
村田氏が仰せのように山岳での高画素機使用では標準になる気がします。

18-35mm

ふぇるめーるさん

このレンズ、山岳写真家の村田一朗さんが絶賛されて
いますね。10年先を見据えたレンズだと・・・
5000万画素以上でも耐えうるんじゃないかと書かれて
いました。

RE:御無沙汰しております!

ヒロさん☆

こちらこそ、ご無沙汰しております。
ニコンの新レンズということで18-35mmと80-400mmを見てきました。
18-35mmは兄貴分たちよりは、手軽に使えしかも最近の高画素機への対応を考えられた解像度もあり、
ナノクリに特別に拘らないのであれば、なかなか使えるなという感じでした。もともと広角ズームは旧Dタイプの18-35mmを中古で入手しようと考えておりましたので、今回のGタイプでのリニューアルモデルは良いタイミングでした。
質感もそこそこいい感じでしたよ。

大台、大峰こちらこそ宜しくお願いいたします。
沢が待ち遠しいですね!

御無沙汰しております!

お久しぶりです。
FXで18-35mmというのは魅力的ですね。
軽量なら山行用にも最適ですね。
寒がりの私も、活動しやすい季節が目の前
までやって来ました。
また大峰~台高の沢に御一緒できる日を楽しみに
しております。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。