2013年の滝初め・・・地獄谷グランドイリュージョン

寒さが厳しい折ですが、アイゼントレを兼ねて2013年の滝めぐりを開始しました。
場所は大峰・大普賢岳直下・地獄谷左股・右ルンゼの100m級氷瀑"グランドイリュージョン"です。

gi_2013_0.jpg

滝前は流水が凍りアイススケートが出来そうか?という状態です。
つまり雪が極端に少ない。今年は臆崖道さんの解説記事によれば雪は残らない状況のようです。
暫くするとアイスクライミングの下見の方が来られ、いろいろなアイス情報も頂きました(感謝!)。
氷結は去年の同時期よりは良好のようです。

gi_2013_1.jpg


グランドイリュージョンの下流にある30m滝です。GIを見たあとでは迫力は欠けます。

gi_2013_2.jpg


往路は、右股、左股中間の尾根を利用しましたが、帰路はシェークスピアに立ち寄りました。
写真はブロッコリーが育成中のマクベスそしてリア王、ハムレットです。
ここでは3名の方がクライミング中で帰路は同伴させたいただきました(感謝!)。
付近は岩が脆く、礫層の斜面は歩きにくかったです。

gi_2013_3.jpg



gi_2013_4.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

RE:次ぎのガイド依頼は

next dreamさん☆

研修出張中につきご無沙汰しております。ご連絡ありがとうございます。
録画にて、ミサイルマンさんの有馬における氷瀑トライの放送や、氷ノ山の産経さんの記事を拝見いたしました。
見事な樹氷や氷の様に、自然の厳しさのようなものを感じました。
今年は寒さも厳しく、管理人も手足は不注意で軽い凍傷で悩むところです。
まだまだ厳しい寒さが続くと思いますがどうぞご自愛くださいませ。

次ぎのガイド依頼は

12日に決定しました。

放送予定日のみ『公表』了承を頂き、2月18日

13日、14日と仕事関係での活動が続き、先月からパタゴニア店の友人達と予定していた、降雪あればスノ-シュ-で『大江山』と言う、企画に加われなくなってしまい残念。15日から、新聞2社(合同取材)で記者達をガイドして『氷ノ山』に登って来ます。戻り寒気で、もう一度『開拓エリア』に今月中に遊びに行きたいと思っています。

RE:来週、コンディション回復・予測

next dreamさん☆

大峰での探索活動お疲れ様です。
放送日も楽しみにしております。
暫くは暖かい雨が続いてどうなるものかと思いましたが、次の冷え込みが進みそうで
コンディションも回復を祈っております。
2011年のような大峰の豪雪でないことは幸いですね。
2月13日は楽しみに録画していたいと思います。

来週、コンディション回復・予測

1年前の、この時期にNHK奈良からのガイド依頼・撮影時に御一緒、願った時のサポ-ト・メンバ-『神戸ファィントラック』橋本氏から、廻って来た急なガイド依頼で、来週に再び『アイスクライミング映像・撮影のガイド』(某TV番組)
担当する予定で、担当者と今日2月8日に御会いして、詳細を決定します。

5日から7日まで、私の『開拓エリア』で、探査活動。降雨、気温の上昇で本来の目的の『アイスクライミング・ル-ト』での活動は全くコンディションに恵まれませんでしたが、この18年間で2度目と言う、得難い『探査には最適、労力不要』の好条件は、有効に活用し『次ぎの夢』に確実に繫げられる『探査目的』は達成して下山、快適ベ-ス設置で、渓近くで雨ながらも快適キャンプ&焚き火を、山の友と楽しんで帰って来ました。

この、戻り寒波、前の様な急激な気温の低下、冬型気圧配置・寒気の流入で今期ラストのコンディションが期待できるかも知れません。

次ぎのTV番組での『アイスクライミング映像』ガイド担当での出演は2月13日『今ちゃんの実は』6CHで11:00時間帯で放映予定です。来週の映像も、決定し、担当者からの承諾、許可が得られたら御報告いたします。

RE:2月5日~7日

next dreamさん☆

ご連絡ありがとうございました。長期出張中でオソレスで失礼しております。
氷結がいい状態であるといいですね。
この地域もこんご関心は持っており注目しております。宜しくお願いいたします。

2月5日~7日

『開拓エリア』の方に、今冬も探査と遊びを兼ねて、『パタゴニア・メンバ-』も加わり2月6日(私は、他エリアから5日に入山)~7日(参加者、入れ替わり)延長で8日の午後まで、活動しています。生憎の、気温の上昇や、春の陽気で『アイス』期待薄、ですがベ-ス設置で『雪?中オ-ト・キャンプ』宴会と温泉も、悪くなくアイスクライミング不良でも、別の探査と冬の楽しさを、仲間達と満喫してると思います。

RE:拙の

臆崖道さん☆

その節は、記事をありがとうございます。2011年冬の大雪が嘘の様な世界を1月13日に実感しました^^。
2011年にパンダさんとシェークスピアに行った時は、FIXロープの先の沢が大量の雪と氷で埋まっており、そのまま沢を直進して右岸の迂回路を使わなかった記憶があります。
とは言え、雪の少ないのは少ないで今度は土が凍っており、その点では気を使いました。

この谷は、そのまま詰めれば大普賢岳の北の肩に行けるほど稜線が近くに見えており、夏場は左に迂回して東の小普賢岳のコルに登るルートもかつては地図上にあったようですね。
現在でも冬場には、古道の一部が遠望できます。
2月上旬はアイゼンを研いで期待してみますね(笑)

拙の

自己満足的な記事をお読みいただき、ありがとうございます。
ここを訪問されたのは、おそらく1/13より以前だと推察しますが、たぶん今年の1月における最小積雪深だったと思います。そして1/14に例の爆弾南岸が大量の雪を降らせたようです(とは言いつつ、まだ例年よりも少ないようです)。

ヨーロッパ中期予報センターの10日予測などをみていますと、1/末まで鍋底寒気が続くみたいなので、2月初旬が狙い目なのかもしれません。紀伊山地の氷瀑も雪山も。
でもこれって、当たり前の時期ですよね(笑)。

RE:遅くなりましたが今年

あっきーさん☆

関東の方も龍雲渓などいい場所があり羨ましいですね。
ここは大普賢の直下で麓からも氷の状態が遠望できますので、いい場所だと思います。

火吹谷は春頃再度挑戦したいので、その節は宜しくお願いいたします。
いざという時のセルフレスキューを考えて3~4人が望ましいですね。
滝前には是非行きたいです。ご一緒出来るれば嬉しいです。

RE:グランドイリュージョン

ke-nさん☆

ここは、アイスクライマーが時々歩くコースなので道ははっきりしており定番コースなので機会があればご一緒いたしましょう。
ただ、降りでは礫層の為ちょっと工夫が要りますのと、滝前は全面が凍っていてFIXロープで渡らされました。
このあたり写真では掲載しておりませんが、他にも多数の氷瀑があり天候の条件と準備がしっかりしてあればオススメできます。

No title

遅くなりましたが今年もよろしくお願いします。
この氷はかなり規模が大きく感じられますね。
見事な景観です。

今年もまた5月にそちらのほうへ遊びに行くかもしれませんので
またメールしますね。
火吹谷の大滝とか見てみたいです。もちろんほかにたくさんありすぎて
少しずつ紀伊半島の滝見て行きたいと思ってます。
またご一緒させてくださいね。

グランドイリュージョン

ふぇるめーるさん、おはようございます。

アイゼントレでここまで行かれるとはさすがですね。
硬そうな鋭い氷、この辺りの冬の厳しさが伝わってくるようです。

積雪が少なすぎても歩きづらい状況になってしまうのでしょうね。
それにしても迫力の氷瀑の数々、羨ましい滝初めでございます。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる