シオカラ谷を紅葉遡行

秋も深まり、高い山から始まった紅葉はじわりじわり里にも向かいます。
巨岩の連なるシオカラ谷もすっかり紅葉が進んでおりました。

shiokara_2012_0.jpg

(途中のCS滝8mと千石グラ)


スタート入渓点にある西の滝150mです。
スケールの大きさは関西離れしています。原初的風景、そういう感じです。

shiokara_2012_1.jpg


中の滝は以前なら入れたのですが、今は立て看板があり保護地域になっていました。
沢は、最初のゴルジュを超えていくところと、大きなゴーロを次々越えていく点が実にアスレチックで、岩越えに慣れていない管理人は軽い突き指とひざの打撲のお土産までもらいました。
しかし、紅葉のすばらしさ谷のスケール感でそんなことは忘れてしまうほどの良い環境です。
今回3名(ヒロさんとAE86さん)とで協力しながら、最後まで和気藹々で無事に谷を抜けることができました(感謝!)

シオカラ谷の最後の滝(東の滝)です。
チムニー状で地味ですが、この辺りにかけても紅葉は進んでいました。
大台の山頂付近も団体さんのツアーとマイカーの数は相当なものでした。

shiokara_2012_2.jpg

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

RE:色づき始めた木々

corgi-momoさん☆

corgi-momoさんの示唆にあったようにこちらも紅葉のピークが1週間ほど後ろにずれていたように感じます。
大台は地形的に、テーブルマウンテンで源流は穏やか、中流が激しく落下しており、その辺の対比も面白かったです。
植生は、針葉樹(トウヒ系)や広葉樹の混合でした。
道具を使わずとも十分見れるロケ地もたくさんありますので、是非一度はご覧になられてくださいませ。

RE:紅葉のシオカラ谷、

パンダさん☆

去年の水害でのアプローチ道やエスケープ道などの荒れ具合を心配しておりましたが、ここは沢自身もそれ程荒れていませんでした。
千石グラの紅葉は、びっくりして思わず声が漏れました。
紅葉時期にクライミングする人は流石に見かけないですが、クライマーのアプローチルートもしっかり残っており、ここもいざと言う時、エスケープに使えそうでした。
ダイナミックな中流と穏やかな高倉滝以遠の様相の対比も面白かったでした。

RE:シオカラ谷、お疲れさまでした

夢色の世界さん☆

西大台を楽しまれたのですね。管理人も規制後、そのうちレクチャーと考えてはいたのですが、そこまで手が廻りませんでした。
大昔ですが、シオカラ谷の左岸尾根を下り西の滝を見て、中の滝の左岸を登っていく登山コースもあったようですね。さぞ高度感のある道だったでしょう。

西大台から逆峠を経て、上北山村の温泉に降りていくコースもいつかは歩いてみたいです。


RE:虹

ke-nさん☆

今回はザックの軽量化を行うため、広角は24mm単焦点のみで望遠70-300mmを補助として使いました。掲載の写真は24mmで、西の滝150mも何とかなったようです。
課題は三脚で、書籍「プロはこう使う」でも大型三脚を推奨されていますが、最後まで中型にしようかと悩みました。結局使い慣れたNEOCAL740+BH-3を担ぎましたが、D800用では、これでも軽い部類なのだそうです。

カラビナやスリンゲ等も思い切って軽量化し、その辺は軽くなったと思います。ロープは8.5mmぐらいが使いやすいです。

RE:おはようございます

たかっさん☆

紅葉狩りを為さいましたか。ニアミスでしたね。
私たちも駐車場大丈夫かと、少し心配でしたが何とか停めることができました。
大台の自然林も夕刻でしたが、霧の中で紅葉した樹林が立ち並ぶ有様、綺麗な絵になっていました。

霧と樹林、そして岩と水、そういったものが調和して溶け込んでいる場所として大台は貴重な存在だなと思いました。

RE:素晴らしきシオカラ谷!

ヒロさん☆

こちらこそ、いろいろご指導ありがとうございます。
最初は寒さで折れそうになりましたが(笑)、入ってみればすばらしい渓谷でした。
最初のゴルジュの高巻きは謎のままですね。

谷の大きさもさることながら、悠久の時を感じる佇まい、水の綺麗さなどあくことのない沢でした。
アートや個展に対するヒロさんのお考え、大変参考になりました。
管理人も継続してライフワークの完成を目指して行きたいです。

No title

色づき始めた木々と滝のスケールの大きさをとても感じます。
写真で見てもそうですが、現場では相当の迫力がありそうですね。
直視で感動を味わってみたいものです。

No title

紅葉のシオカラ谷、ジャストタイミングでの遡行だったんではないでしょうか。
この谷の美しさやスケールは、やはり素晴らしいですね。

中ノ滝前へは、入れなくなってるんですね。
滝下までは、大丈夫という概念だったんですが、残念です。

No title

シオカラ谷、お疲れさまでした。
素晴らしい紅葉と滝ですね。
私は金曜日に西大台の周遊コースを歩き阿古滝ぶりの
久しぶりの山歩きを楽しみ、のんびりしすぎて駐車場19時でした。
今年の紅葉は何年ぶりかに
赤の抜けがよく黄色と同時ですからいいですよね。
いつか行きたいです。

ふぇるめーるさん、おはようございます。

シオカラ谷遡行、お疲れ様でした。
やはりスケールの大きさがとんでもないですね。
岩を乗り越えるご苦労も大変なものなのでしょうね。

高さのある西の滝にかかる虹が美しいです。

3枚のお写真、どれも食い入るように見つめてしまう魅力がありますね。
巨岩、グラ、滝、美しい水、そんな環境で紅葉を愛でられるなんて最高です。

No title

おはようございます
先々週に我家は東大台の紅葉を楽しんで来ました。
下から見上げる滝と紅葉のコントラストは格別な美しさですね!

素晴らしきシオカラ谷!

この度は素敵な谷を御案内いただき本当にありがとうございました。今シーズン最後の沢のぼりに相応しい谷だったと思います。さすがに10月後半で水に浸かるのは寒かったですね。本格的な沢のぼりは来シーズンまでお休みですね。さて、今回のシオカラ谷は川幅は狭いけれど大岩が連続する豪快な谷でしたね。素晴らしい景色を満喫できました。御一緒したAE86さんも気さくな方で楽しく遡行できました。また機会があれば御一緒させていただきたいものです。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる