火吹谷大滝・・・広葉樹林の中の秘瀑

大峰の紅葉は、標高の高い場所では既に始まっているようです。
樹林の紅葉の状態を見る為に、白川又川の左岸支流である火吹谷を訪問しました。

hifukitani_2012_0.jpg

(火吹谷大滝とその前衛18m滝)
----------
火吹谷大滝までのアプローチにある小さな滝
もう少しいろいろ撮りたかったのですが、なんだか時間に追われた一日でした。

hifukitani_2012_3.jpg


大滝前まで移動したかったのですが、今回は単独行ということでリタイアしました。次回メンバーを同伴して大滝の正面の方も回って見たいです。単独では無理は絶対禁物です。
大滝の上の方にも支流の滝が流れ込んでおり、この周辺の地形は複雑で崖に近い派生尾根も多かったでした。
十分な装備は必要な場所と思います。
帰路はそのまま稜線に上がりました。一のタワから大栂山に伸びる稜線の一部の区間を歩きましたが、ふかふかの腐葉土の道で、美しい樹林の間から八経ヶ岳など大峰主稜の雄大な眺めが楽しめます。
この道はケータイ(au)が通じ安心できました。大峰主稜とは異なる静かな山旅が楽しめそうです。

hifukitani_2012_1.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

RE:白川又

臆崖道さん☆

管理人は、フジノトコなどの下流のゴルジュの様子が良く分からなかったので例の如く、道の無い場所から稜線を下って現場に行きました。大栃山からのアプローチはルート取りさえ間違わなければ比較的安全であり山慣れしたカメラマンでも行けそうな場所です。
と言ってもルートファインディグがしやすい場所とは言えず最初は迷う場所でした。

RE:4月の遠征3

あっきーさん☆

メールの件了解いたしました。
天候等いい条件であることを祈っております。

No title

これは白川又林道からフジノトコ経由でアクセスされたのではないのでしょうか。
GWですか・・・

No title

ありがとうございます。詳細のルート等確認したいこともあるので携帯のメールに返信
します。楽しみにしてます。

RE:4月の遠征2

あっきーさん☆

すんなり旨く上流への道が見つかるといいです。
時期的にはG.W問題はないです。林道も冬期の閉鎖で4/15までは不通ですが、それ以降の大雨の土砂崩壊がなければ大丈夫だと思います。
滝見でご一緒した八町滝と同様の感じで行けると思います。
当日、ご一緒させていただいた際は宜しくお願いいたします。

関東甲信越方面の滝談義が楽しみですね!

No title

火吹谷の大滝上流もいけるようでしたら散策してみたいです。
時期的にG・Wでも問題ないでしょうか?
4月27日の土曜日から5日間紀伊半島へ行く予定です。
よろしければまたご一緒できるとうれしいです。
ご一緒できるようでしたら携帯に連絡しますね。

RE:4月の遠征

あっきーさん☆

いつも精力的なご活動、お疲れ様です。
ビバーク適地は稜線付近には快適な平地がたくさんありすぎるぐらいありますが、火吹谷本流近くには、狭い場所(しかも斜面)しか無かったと記憶いたします。
今年はできればご同行したいと考えます。現場は、ランドマークは少なく一応赤テープで目印は付けておりましたが、念のため地図は書いてみますね。
尚、現場付近は国土地理院の地図には未掲載の林道や逆に崩壊した林道もあってそう言ったものがいざセルフレスキューという時使えます。
火吹谷大滝を高巻きで上流へ抜けることは計画されますか。

4月の遠征

4月後半のゴールデンウイークに火吹谷を考えていますが、一泊するビバーク適地等
ありますでしょうか?ルートなど教えていただけたらうれしいです。
いつものメンバーで参戦します。よろしければ今年ご一緒できるとうれしいです。

RE:周りの環境がとてもかっこいい

夢色の世界さん☆

>周りの環境がとてもかっこいい
でしょう!?写真では十分伝わりきれない面もありますが、それでも岩の高度感などとても良い感じでした。
撮影プランは事前に考えていたのですが、この位置ですと70-300mmのような望遠がいいですね。滝下なら超広角!
岩と水の落ちる感覚は、今も耳に残ります。
今年の沢は後3回で終えますが、良い紅葉に出合えますよう、祈っております。

No title

お疲れさまでした!
周りの環境がとてもかっこいい処の滝ですし小滝もいいですね。
今年は阿古滝で終わってしまいそうでこのままではまずい、と思い始めています。
それにしても滝行っていないのでほんと和みます。
滝の落ち口の上の木々も紅葉しそうで綺麗だろうなぁ!と思いつつ眺めています。
是非紅葉も拝見出来れば!
寒くなってきたので、お身体冷やさぬようにいらして下さい。

RE:お疲れ様でした。

パンダさん☆

先日の大栃谷はお疲れ様でした。
ネットでの火吹谷の写真は、多分18m滝を巻いたあたりから見える正面の映像で、大岩を正面に水流が右に食い込んでいるのが多いですね。
落ち口の上流にも左岸の支流の滝が架かり、手前の18mと相まって豪壮な連瀑布の様相でした。
管理人の撮影した場所の前の18m滝前の左岸カンテに旨く乗れればベストな角度かなと思います。
>時間
AM6時に出発しショートカットコースで片道で4時間半でした。還りは登り返しがきつく5時間少々ぐらいでした。

RE:火吹谷大滝は凄い

たかっさん☆

先日のホトトギス展はいいものを拝見させて頂きました。
もう少し時間があれば下流の良い滝を撮れたのでそこは次回ですね。
白川又川には、美しい斜瀑もたくさんありそうです。
管理人としては大型三脚でゆったり撮りたいのでそういう癒し渓は願うところですね。
ここ火吹谷は、水がとても冷たかったでした。源流に近いせいでしょう。
今年の紅葉は長期予報によればGOODみたいなので楽しみですね。

No title

お疲れ様でした。
写真で拝見するだけでも独特の凄い地形をしているようですね。
また、この位置からの火吹谷大滝の写真を初めて見ましたが、高さとスケールを感じさせて素晴らしいです。

長いアプローチに相当時間がかかったんではないでしょうか。
ここは、私も何回か計画しましたが、日帰りでは届くかどうかはっきりしないしで、ちょっと行きにくい感じがしていました。大滝に近づけても、そこからがなかなか厳しそうで一筋縄にはいかないですね。

No title

ふぇるめーるさん こんばんは
火吹谷大滝は凄いですがボク的には火吹谷大滝までのアプローチにある小さな滝がしっくりきます。
少しづつ色づきはじめましたね!綺麗な写真楽しみにしています。

RE:火吹谷大滝拝見!

デジマンさん☆

三重県南部の滝巡り、お疲れさまでした。
改めて上北山村の滝の凄さに驚きました。自然環境的には十分に100選級だと思います。
今回のルートに関してのネット情報も殆ど無く、川床に辿り着くまでは緊張し続けでした。
滝前は、上流まで抜けれれば良いのですが、少し分かりにくい地形のようで、今回は自重いたしました。
手前の18m滝の前には肩車すれば行けそうな感じでしたが、一人ではやっぱり無理ですね(笑)
今年は久しぶりに紅葉の当り年の可能性もあり、次回OFFのメール楽しみにしております。

RE:白川又川

ke-nさん☆

北アルプスの旅、お疲れ様でした。
ここは大峰の奥座敷ということでアクセスが遠く、日帰りで時間短縮の為林道から直接道の無い尾根を登るなど直線的に進みました。
こういう複雑な地形の場所の行動は、ルートファインディングが鍵を握っております。計画より、50m下流にズレましたが幸運にもほぼ予定通りに入渓できました。

この滝は、今年見た中では一番自然度的にも良かったです。撮影は右岸の岩に登り、セルフビレィと三脚ビレィをとりつつ行いました。
エスケイプルートは、左岸にあり直線的に尾根を登るコースで岩と自然林も素晴らしかったです。

火吹谷大滝拝見!

白川又川火吹谷遡行お疲れ様でした。
白川又川は、子供の頃から何度も行っていますが、こんな奥までは行ってないですね。
火吹谷大滝良さそうな滝ですが、滝前行きは滑りそうな岩場でちょっと怖そうですね。
今年の紅葉は色付きもよさそうですが、同行をお願いしている件、メールしますね。

白川又川

ふぇるめーるさん、おはようございます。

単独沢行、お疲れ様でした。
この辺りは単独では怖いというイメージがあり、
いまだに近づけないでいるエリアです。
八経ヶ岳から釈迦ヶ岳へと続く、あの険しく切り立った地形の御膝元、
お写真でその岩壁が聳え立つ地にかかる素晴らしい大滝であることがわかりますね。
周りを囲む広葉樹がこれから色づいていく予感で胸が高鳴ります。

小さな滝の淵もさすがに大峰の清流の良い色ですね。
こんなところでゆっくりと秋の深まりを感じたいです。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる