スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬見丘陵でTC-17E2のテスト(続編)

鳥屋さんのAR86氏の案内で丘陵を散歩してきました(感謝!)

mamigaoka_2012_9_0.jpg

(70-200mm f/2.8 ED VRⅡ + TC-17E2 F5.6 340mm ISO100 STD. -0.3露出補正 D800E + NEOCAL740)
70-200mm+TC-17E2で鳥を追うのはお遊び程度ですが、結構楽しかったです。
お互い違う写真テーマのカメラマン同士ですが、学ぶべきは写真アプローチに対する考え方のベースでしょう。
撮るというプロセスの中で、何が本質か?何が大切なのか?違う異分野の角度からのアプローチはとても参考になります。

mamigaoka_2012_9_1.jpg



mamigaoka_2012_9_2.jpg


AE86氏の道具です。がっちりエルボ状のジンバルが大砲を支えています。
レンズの保持は、金属同士でがっちりが基本で、クイックシューの硬質ゴムやコルクではブレがあってだめなようですね。
管理人も前々から、ボールヘッドには興味がありブレで厳しい想いをしたことで背中を押されました。
システムは原点から見直すつもりです。

mamigaoka_2012_9_9.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

RE:鳥作品

夢色の世界さん☆

望遠の世界も楽しいですよね。
望遠を標準とする撮影もいろいろ勉強になりました。池を中心とした馬見丘陵はある意味、いろいろな鳥のサンクチアリになっているようです。
管理人は400mmを超えるような超望遠はまだまだ扱えるような腕前ではないですが、レンズを借りる機会があればテストしてみたいですね。

連休7日は、一のタワから大栂山への稜線を歩くつもりです。火吹谷方面の広葉樹の状況をロケハンしてきます。

No title

鳥作品いいですね。望遠を持っていると被写体の幅が広がりますよね。
私も300ミリクラスのレンズを持つようになって鳥も撮るようになりました。
ただもっとひっぱりたくなるので、麻薬のような存在です(今度はミラーレス???笑)
これから葉っぱが落ちて撮りやすく探しやすくなりますので
お互い沢山撮りたいですね。

RE:分野は違えど

ke-nさん☆

今の時期は葉に隠れる為、見つけることに大部分時間が掛かりますが、三脚を移動しながらじっくり散策できるのは良いですね。
340mmでも楽しめる領域があるようなので今後も初心者向けの鳥撮りエリアへは時々行く予定です。そういうエリアは、いい花が咲いている場所も多く花の撮影の練習にもなりますね。

カメラのブレですが、ライブビューでリモコン操作ならかなり防げそうでした。
クイックシューですが、やはり滑り止めの硬質ゴムの影響が一番大きく、この方式はD800Eでのブレ止めは無理だろうなと思います。カメラ固定の1/4ネジに集中して回転トルクや捩れトルクが掛かること自体が無理があるなぁと感じました。

北アルプス計画のお写真楽しみにしております!

分野は違えど

ふぇるめーるさん、おはようございます。

目にキャッチライトも入って綺麗に撮れられていますね。
本格的な野鳥撮影にはやはり遠くから狙えるすごい大砲がいるのでしょうけど、
小鳥さんの表情を捉えるには十分な340mmですね。

分野は違えど学ぶべき点はたくさんありますね。

レンズの保持ですが、望遠でなくても構図を整えて、
ギュ~ッと固定していくと、微妙に変わったりする時が多々あります。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。