スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

△フルサイズの普及元年となるのか2012年

暑中お見舞い申し上げます。
以下の駄文は暇な時読んでください(笑)

ohsugi_196.jpg

<大杉谷:ニコニコ滝>
久しぶりに某カメラ専門のK店を冷やかして来ました。レジの後ろの棚にはD3200だとか5Dmark3だとか新型の一眼レフの箱が目立ちますし、ミラーレスのX1-PROも一番目立つ場所に置いてました。
少し前、2400万画素機ってスタジオで撮影するようなプロ以外には不要っていう意見も多かった中で、2000万画素を越えるような一眼レフ機の選択肢が増えたその先で、レンズの解像度だとか描写力だとか一段と厳しいハードルでの評価がされる環境になって来ているように感じました。
管理人のように2世代は古いCCDのD200(1000万画素)で7年間近くがんばった身としては、感慨深いものがあります。

雑誌でも2012年の秋ぐらいには、フルサイズの話題(多分α99やD800の弟分のD600,およびキヤノンのフルサイズ普及機)の話題で盛り上がっているのではないでしょうか。
もっともミラーレス(この呼称あんまり好きじゃないです。EVF+ショートバックフォーカス機っていうかデジタル世代のレンジファインダー機?いやますますわかりにくい(爆))もキヤノンはそろそろ回答を出すでしょうからその分野の市場も順調には伸びるでしょうね。
管理人も個人的にはX1-PRO(フジフィルム)は大変気に入っており、将来的に特殊なレンズを使う見込みが無いならば常用カメラにしたいぐらいです。

一眼レフは、今後は特殊なレンズを含めたレンズシステムの充実したフォーマットとして今後も売れ続けるとは思いますし、フルサイズ用センサーの量産コストが下がれば現在の10万円クラスにも機種が増えて来る予感がします。
管理人も一人のニコンユーザーとしてフルサイズがある程度の画素を確保するならば、1.2Xクロップで動きものやマクロ、1Xで風景と言う風に多画素を生かした用法で使って見たい気が俄然してきました。
画素数があればトリミングも比較的自由であり、1.2Xクロップで使えるAPS-Cレンズ(本来は1.5X用)もあるようなので、面白い使い方も可能でしょう。
現にあるマクロ撮影のプロはニコンのAPS-Cのレンズもあえてフルサイズ用(FXフォーマット 1.2Xクロップ)に推奨されています。

尚、余談なんですが職場での写友もα使いの2名は既にα900に移行済み、D200使いの3人は一人がD300に移行です。
人が移行したからという理由は少なくとも管理人にはありえませんが、振り返ると2008年には一応移行計画もありD700Xなる高画素機に期待していたのですが、これはついに出現しなかったのでこれで使ってみたい特殊なレンズも購入できず今日までD200を使ってきた経緯はあります。
逆に言えばD600のような機体が2010年くらいには欲しかったですね。
フルサイズには、ミラーレスやAPS-Cにない特殊なレンズも用意されており、今後も強力な撮影ツールとして発展して行くでしょうね。
ニコンとしては今後FXフォーマット用に追加発表されるべき広角として
  AF-S 17-35mm F2.8D のリニューアル
    (VR付き、フィルターが付けられる広角F2.8)
  PC-E 17mm F4
望遠では
  AF-S 80-400mm F4.5-5.6 VR のリニューアル(画角も見直し?)
  AF-S 800mm F5.6 VR
ぐらいやっとけばまずは、何でも撮れそうですね。
現にこの辺の特許はバンバン出てましたから、結構開発やってそうですね。

コメントの投稿

非公開コメント

月下美人

ちりママさん☆

こんばんは!
こちらこそ、植物や園についていろいろ教えていただきました。感謝!です。
珍しい月下美人の花を見て管理人も撮ったのですが、自宅のPCで見てみると旨く撮れておりませんでした(汗)
動き物もいつかは撮って見たいと思っております。こちらこそ宜しくご指導お願いいたします。

こんばんは~!
今日は撮影のおじゃまをして・・すみませんでしたm(__)m

まだまだ初心者で何をどう撮ればいいか?
思案中です(^_^;)
また教えてください~分かりやすい説明で参考になりました!
よろしく♪

RE:暑中お見舞い

ke-nさん☆

沢でのカメラの水没は意外にたくさんの人が経験しており、一方で街撮りで車に積んだ大三元ごとごっそりやられたという話も聞きます。レジャーの物品保険はたしか上限30万でしょうか。機材の重さが危険度に関わるような沢では、よく考えさせられますね。
キヤノンのフルサイズも今後は複数路線で来るそうなので目が話せませんね。ニコンの70-300mmも望遠無限遠はD200でさえも緩いです(笑)
管理人も今年は切り替えと思っておりますが、ke-nさんも良い一台に出合えることを祈っております。

RE:ラストの一台

ヒロさん☆

確かにボディで名機といわれる機体の系譜はありました。管理人も最低4~5年は使いたい気がします。
D200は使いこなしがいろんな意味で難しく、失敗の連続でした。現代機はAWBとかフォーカスとかISO感度が上げられるとかもう少し楽はできるかもしれませんが、今後はピント面と被写界深度の調整が非常に難しい。
開き直って管理人はD800のようなカメラは中判なんだ。だから中判としての手法に頭の切り替えが必要だと思い始めています。
撮り方の新たなアイディアが逆に生み出されるようにもって行く必要があるのでしょうね。

RE:暑中見舞い申し

fa_bassmanさん☆

絞りを絞れば収差は少なくなり、一方で絞りすぎると回折の影響がでる。風景でおいしいシボリゾーンがだんだん狭まる点で高画素にユーザーは追い込まれているのが実態かもしれません。
根本的な解決はセンサーの大型化なんでしょうけれど、物理的にもそんなに大きくはできない、・・・ここ数年は方向が難しいですよね。

RE:暑中お見舞い申し

たかっさん☆

梅雨が明けるのかまだなのか、ものすごく湿気が高く冷たい飲み物が欲しくなる季節ですね。
毎年夏は苦手で、活動がほぼ停止するこの時期ですが体調管理も大事ですね。
大台のような涼しい場所に別荘地でもあれば・・・むう、あってもお金がない(笑)。

暑中お見舞い申し上げます。

ふぇるめーるさん、おはようございます。

すっかり暑い夏がやってきたというイメージなのですが、
梅雨明けはまだでしょうかね。
大杉谷のニコニコ滝、涼しい風を思い出します。

沢用にあまり高価なボディやレンズはなんとなく恐いです。
三脚が倒れそうになりあわや…という場面も
幾度となく体験してますので(笑。

画質も昔と比べて進化の方向にあるのか、どうか。。。
自分には廉価版フルサイズと18-300くらいの安価なレンズでも良いのかなとも思います。
ただ、ズームレンズのテレ側の写りはほとんど
納得できないですが(笑顔。

ラストの一台

フィルム時代のカメラなら、この一台をずっと
使ってやるぞ!みたいなことができるのですが
デジタルは買い替えが前提みたいな面があって
何か寂しい感じがします。
これが生涯最後のカメラと言えるような一台と
出会いたいものです。

ところで画素ピッチのことなんですが、D800系
よりD7000の方が画素ピッチが過密なようですね。
やはりDXの撮像素子が小さい分、1,600画素でも
かなりシビアなようですね。イメージ的にはD800系
の方が画素が多い分、シビアな気がしますが。
沢用にD7000を考えていたのですが、上記の
情報を知り足踏み状態です。
もう少し様子をみた方が賢明な気がしてきました。

暑中見舞い申し上げます。
大変興味深い記事を読ませていただきました。
現状のD800などの記事を見てみると高画素化されたのもあるためかなりシビアな撮影テクニックが要求されているようですね。

比較的画素数の少ないと言われるD7000でもD90と比べカメラがレンズを選ぶようになったようで、私のような素人ではD90が一番合っているような気がします。
あと10年くらいはD90を使い続けるような気がします。
でもフルサイズの超広角は羨ましいですね。




書中お見舞い申し上げます。
今年は少し涼しいかな何て思ってたのですが、何のやっぱり蒸し暑い梅雨、合間の晴れはカンカン照りでやっぱり日本の夏はこんなんですよね!
お体に気を付けて暑い夏を楽しみましょう!
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。