スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿古滝道を経て阿古滝へ

大峰の奥駆道に川上村の上多古から上がる古道、阿古滝道を歩いてきました。
もっと荒れているのかと思いましたが、意外にいい道です。

ako_2012_0.jpg

阿古滝は稜線に上がる中間ぐらいに位置する殆ど上多古川の奥座敷とも言うべき源流の滝です。
落差は50mで、一段目で水が飛散し風で広がるような感じです。少ないようでもある程度水量はあるので冬期の完全凍結は難しいかもしれません。

ako_2012_1.jpg


阿古滝道の基点にある矢納滝(15m)、ここから少し行くと左:阿古滝と書いた案内板がありましたが、半分に割れていました。阿古滝道は急な斜面を旨く巻いてどんどん高度が上がるいい道でした。

ako_2012_3.jpg


この日、WY氏が同行しました(感謝!)。石楠花を見下ろす稜線はとても気持ちよくおかげ様で不思議と息切れも無く軽やかに登れた次第です。すばらしい古道がこれからも後世に残ることを希望しました。

ako_2012_2.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

RE:阿古滝は以前

あっきーさん☆

サスケ滝等お疲れ様です。
楽しみにしていた5月連休OFFの際は参加できずに残念でしたが、素晴らしいお写真を拝見して一層のこと想いは強まりました。
阿古滝道は途中トラバースのある付近は不明瞭ですが、その後も道しるべがあり阿古滝の手前には20mくらいの滝が2本ほどありました。そのうち一本は、下の方が六字の谷の出合まで続くようです。阿古滝は、水煙がきれいな場所でした。
遭難者、管理人も気にかかりとにかく足をくじかないよう細心の注意を払いました。

阿古滝は以前、六字の滝手前で遭難者の遺体があって第一発見者になってしまった場所でした。そのため阿古滝は断念しましたが、
道は阿古滝までしっかり続いてるのですね。
六字は綺麗な滝でしたが上流を思うと非常に
残念です。

RE:阿古滝

ヒロさん☆

真新しい沢靴は、神童子谷からスタートですね。薄い緑の新緑がさぞさわやかだったとお察しいたします。
へっついさんが、掘れてしまったということは相当大量の砂利が下流に放出されたということですね。
ジョレンの滝はまだ行ったことがなく、通行情報は助かります。ありがとうございます。
阿古滝はもう一度秋にでも行きたいです。

阿古滝

滝道を歩かれたようですね。
あの道は本当に助かりますね。
以前、下山に利用したことがあります。
ただ、結構急なところもあって何度もしりもち
をついたことを覚えています。(笑)

ところで先日、神童子谷に行ってきましたが
へっついさんが深淵と化して通過を断念し
高巻で突破しました。まだ水が冷たいですか
らね。それと赤鍋滝も釜滝も、滝壺が異様に
大きくなっていて驚きました。
大雨で底が掘られたようですね。

RE:阿古滝お疲れさまでした

夢色の世界さん☆

舟ノ川林道情報ありがとうございます。
秋ごろからもう一度舟ノ川は行きたい場所でした。各村の生活道路が関係者の尽力でようやく以前のように復旧することは、いいですね!
阿古滝道は、トラバースの場所にはトラロープも張られており、人が歩いている感があってなんだか安心感がありました。峰を越えれば天川ですね。

阿古滝お疲れさまでした!
林道も開通して川上村もがんばっていますね。
一昨年赤ナメに行った時を思い出しました。阿古滝も行ってみたい滝です。
舟の川の土砂災害の場所も復旧にかかっており秋頃に通れるようにとのことで
あちこちの林道の復旧はうれしい便りです。
先日川上村の神の谷の滝に行きましたが
クマの糞が多数あり怖くて滝の撮影を忘れていました。私まだまだです(苦笑)

RE:阿古滝道

ke-nさん☆

>上谷からの歩きとなるのでしょうか。
上谷出合から更に車で林道を入り、蛇谷の大滝を左に過ごしながら少し行ったところで車を降りました。
矢納谷分岐を過ぎますと古風な道標があります。この道標はずっと奥までありました。
単調な登りではなく、緩急はあり適度に展望もあって旨く考えた道なのか?流石に古道現代にあり!って感じがします。阿古滝周辺も大グラがあり、対岸の上はガスが懸かって深山の雰囲気があります。

RE:お疲れ様でした!

fa_bassmanさん☆

最初は時間配分もわからず、道も右に左に折れておりましたが思ったより短時間で上がれます。今の時期は阿古滝道のリッジの場所で石楠花が咲き誇っておりました。
赤テープは随所にあり、上の平坦部で少し不鮮明でしたが、意外に登っている形跡があります。奥駆道へのバリエーションルートとしてはいい感じでした。

RE:阿古滝お疲れ様

デジマンさん☆

>実際はもっと多いのでしょうね。

上流の様子からしてもそこそこの水量があります。上の段で飛散した水は風によって更に分散して風折の滝以上に霧状に降って来ました。午後で晴れならば虹がいいだろうなと言う感もあります。

>通行止だった林道は、開通した様ですね。

上谷分岐から少し入った付近の崖保全工事は完了し、林道の奥まで入れました。
六字は、惜しくも撮影せずに帰還したので次回は滝前にも行きたいです。六字の付近は、支流の滝が流れ込み幽邃境といった感じでした。地図上でトラバースのある"危"マークの場所はトラロープもありそれ以外は危険な場所も無かったです。

阿古滝道

ふぇるめーるさん、おはようございます。

意外にしっかりとした道が残っていたのですね。
上谷からの歩きとなるのでしょうか。
歴史ある修験の道、僕も歩いてみたく思います。

黒っぽい岩壁に緑と白水が映え、姿も美しい滝ですね。
大峯らしい光景にとても惹かれます。

お疲れ様でした!
新緑の上多古も魅力がありますね。
小生は矢納滝までしか行ったことはありませんがその先の魅力に負けそうです。

阿古滝お疲れ様でした!

お疲れ様でした。
写真では、水量少な目でも実際はもっと多いのでしょうね。
六字の滝は、遠望で撮影出来ませんでしたか?
以前、通行止だった林道は、開通した様ですね。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。