スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白倉叉谷の本谷奥

沢初めで白倉叉谷の奥の右叉に出かけました。
沢慣れしていないせいか、フットワークもカメラワークもぎこちない^^;

shirakuraoku_2012_0.jpg

(二股出合の滝)
基点は、通常ここで引き返すこの白倉叉大滝(35m)になります。
この上にはそんなに滝が無いと思っていましたがそれでも岩場は続きました。

shirakuraoku_2012_1.jpg


昭文社の山と高原地図で白倉叉大滝の上にある滝記号の辺りの様子です。
この上も立派な釜を持つ滝は、まだまだ続きました。
今回は時間も制約されており、この滝のあと滝4本を見て引き返しました。
大きな滝はないので余ほどの滝好きでないと来ないような場所です。誰も居ない空間で寂寥感はひとしおでした。
尚、ルートは下流に比べ判りにくくブッシュも多いです。

shirakuraoku_2012_2.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

RE:いいですね~

ヒロさん☆

滝の数は正直期待していなかったのですが、意外にたくさんありました。この辺り穴場かもしれません。
独特の包まれ感、自然感も良く裏庭で遊ぶ感覚でしょうか。
ヒロさんの沢ライフが、ますます充実しますよう、管理人もご一緒させていただきます。

いいですね~

素晴らしい光景ですね。
今シーズンの山行も楽しみにして
おります。
無理せず安全第一で臨みましょうね。
私も沢靴とザイルを新調し、心機一転
頑張りたいと思います。
御一緒するのを楽しみにしております。

RE:白倉叉谷の奥の右叉

デジマンさん☆

九州の滝遠征と写真UP、お疲れ様でした。
大台のふもとの川はどこも水量は上流においても一定量が保たれるようですね。
黒石の鬼滝も気がかりです。
大滝の上はご存知の通り斜瀑になっていて、その下は一気に水が落ちておりました。

RE:たかっさん

たかっさん☆

ふもとはシャガが咲き、山中も小さな白い花がたくさん見られました。名前の通り白い大きな岩が多く見られ、適度な間隔で滝があり飽きないだろうとは思いました。
今回は晴れでよかったです。

RE:光と美水

ke-nさん☆

今年は少し出遅れましたが、ロープも25mx9.4mmの太いものを発注しつつ、この日は奥座敷を目指しました。
奥の方はまだ山桜があり、自然林も増えてきます。水温はまだ冷たく、長く入るとしびれましたが(笑)、奥座敷は静かな日本庭園という雰囲気でした。

白倉叉谷の奥の右叉

流石に大滝の上となると水も一層綺麗に感じますね。
大滝上から下を覗くときっと怖いような感じでしょうね。
九州に行って来ましたが、やはり自然の素晴らしさは奈良が一番です。

>フットワークもカメラワークもぎこちない
何をおっしゃいてるのやら?春を十二分に感じる素晴らしい写真に感動させてもらってますよ!

光と美水

ふぇるめーるさん、おはようございます。

大滝までは私も行きましたが、
その上の世界を垣間見せていただき、
秘境感溢れる憧れの世界が広がります。

新緑が輝き、淵の深さが照らされ、
迸る水が白く筋となり、
渓流写真の好きな者には、待ってるよと言われているような気がいたします。

RE:お疲れ様でした

fa_bassmanさん☆

この日は大雨による増水が予想され渡渉では、足に力が掛かりました(笑)
さすが大台のふもとの渓流で、上流にしては水量もまずまず。支谷の滝も立派なものがありました。ここを詰めて大台へ抜けるのも楽しいでしょう。難しい場面は無いのですが、滝が意外に多かったので途中の写真はだいぶカットしました。2条でいい感じの滝はありますので、大滝とセットではお勧めできます。

RE:沢始め

夢色の世界さん☆

痛ましい山の事故のニュースがここ数年目立って増えたせいもあり、この日はめちゃくちゃ慎重に進みました。上流なのに結構な釜を持つ滝があり、ちょっとした日本庭園といった感じはしました。ただたくさん出てくる小滝を超えるのが少し面倒なので意外に時間が掛かります。足元には小さな山野草も咲いており、新緑シーズンたけなわと言ったところです。大滝は右岸から短時間に巻けます。渓流の雰囲気としては馬ノ鞍谷の方が明るく歩きやすいでした。

お疲れ様でした。
新緑のエンジンもかかってきたようですね!
釜も透き通っていますね。人が普段寄り付かない渓流に私も憧れます。

沢始めお疲れさまでした!
写真から晴天と見ましたが、今年は季節にそぐわぬ天候の
大きな変化が見受けられる
日がちょくちょくありますね。
それにしても新緑の滝やエメラルドグリーンの
美しいカマの滝でいいですね~。
山の新緑や花を追いかけていましたが
新しく沢靴を買ってふぇるめーるさんを見習って出かけたくなりました。


プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。