スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石薬師宿の蒲桜

東海道五十三次で四日市の次の宿場町が、石薬師宿で石薬師寺もあります。
山桜の変種とされる珍しい品種があると伺い観桜してきました。

ishiyakushi_2012_0.jpg

主幹から放射状に長く伸びる枝は白鷺が羽を広げるようでした。場所は現在は閑静な住宅地になっており、桜自体も大切にされているようです。帰り道は近くの能褒野にある古事記の英傑ヤマトタケル(第12代景行天皇の皇子)の白鳥陵に参拝しました。近畿から東海に掛けて白鳥とある地名は、ヤマトタケルにゆかりのある場所が多いそうです。

ishiyakushi_2012_1.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

RE:桜から新緑へ

デジマンさん☆

毎年のことではありますが、桜の叙情性には抗し難い管理人です。義経千本桜にあるように人との関わりが深い花ですね。
>九州方面へ一人旅をして来ます。

九州ですと今からはつつじですね。是非堪能されてください。いい気候になりそうですね。

桜から新緑へ

今年の桜の開花は遅かったですが、桜の次は滝が絵になる新緑の季節ですね。
一本桜を追いかけていた時期もありましたが、今年は撮影ゼロに終りそうです。
当方は、4/23~4/26の丸4日間、九州方面へ一人旅をして来ます。

RE:蒲桜

ke-nさん☆

この蒲桜ですが、解説板によれば源頼朝の挙兵に応じた源範頼(蒲の冠者)が逆さに挿した桜の杖から芽が出たという伝説が書かれていました。
東日本にもその蒲桜(かばざくら)の名所(たぶん同じ木か)があるそうですね。

息吹山でシシの毒気で昏倒したミコトは、望郷の無念いかばかりか、歌を残されてますね。伝説は、繋がるといろいろ楽しい面がありますね。

RE:住まう処に

夢色の世界さん☆

おお~!そんなお近くとは知りませんでした。
この付近不断桜とか不思議な桜が多く、伊勢の国の不思議ですね。

大阪にある鳳とか白鷺伝説が、この地とつながっていますね。ヤマトタケルノミコトの魂は白鳥となって奈良、大阪に向かったとか。

蒲桜

ふぇるめーるさん、おはようございます。

山桜の血の濃さからか、
斜面から枝を伸ばすような姿が印象的な、
名桜と出会ってこられたのですね。

花の描写も凛とした美しさを感じます。

ヤマトタケルの伝説も面白そうで、
三重県は僕にとっても興味津々な場所であります。

ふぇるめーるさん私の住まう処に
とても近いです。車で15~20分くらいで
家に着きますよ(笑)
いらっしゃることがわかっていればお逢いしたかったし
他にもご案内したかった~。
こちらではヤマトタケルノミコトの白鳥伝説が沢山あります。

RE:独特の枝ぶり

ヒロさん☆

写真としては成立しがたいロケ場ですが、咲きっぷりがすばらしく、とてもいとおしくなる様な樹でした。
花びらは他の品種ですとしわクチャな感じですが、これはすっきりアイロンで伸ばした感があります。山桜はどれもそうなのか、花びらの先が少しピンク色のもあり、楽しくなりました。

沢は楽しみですね。本番OFFに向け沢靴を準備しておきますね!

独特の枝ぶり

ふぇるめーるさん

独特の形状の桜ですね。
天に伸び上がるような形状が印象的です。
それからクローズアップの桜は克明な描写
ですね~

ところでぼちぼち沢の季節ですね。
また御一緒できる日を楽しみにしております。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。