スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年の滝初め・・・(伯母谷の氷瀑6)

例年の中奥川が道路不通なので、今年の滝初めはわさび谷の普賢の滝からです。

shofugen_2012_0.jpg

久しぶりの滝ということもあり、今回はスノーシューを試してみました。モデルはパンダさんお勧めのLA-22Wでナローモデルです。実際、木の根っこや岩がごちゃごちゃした大峰あたりでは、小回りの利くモデルがいいと言うことは販売店さんもおっしゃってました。

shofugen_2012_1.jpg


小普賢谷もそのお隣の一の谷の滝もどちらかと言うと逆光です。逆光と言えば、黒石谷の明神滝、扇滝、霞滝、乙女滝などすべて逆光ですが、むしろそういうロケーションで思う存分の写真が撮れたら本望でしょう。
"秘瀑"の著者である川崎実氏も霞滝は難しいと仰せでしたから、作品にと言う観点では滝写真の上級者課題でしょうか。
この日、同行者のTIさん(感謝!)と滝の高巻きを試みましたが、大岩に阻まれました。
実際はもっと小さく滝の近くを巻くのが正解です。

shofugen_2012_2.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RE:久しぶりにお邪魔します。

YMさん☆

曙の滝のお話ありがとうございます。
40mというとかなり大きな滝で、奥の方にあるのでしょうね。そういうお話はロマンがあり、機会があれば是非探索したいです。
覗谷方面は、氷結は難しいものの不思議な形の氷瀑が多そうです。

>・ケン淵滝付近の巨大釜
こちらも知らなかったですが、地図で見ますと小木森の南で稜線を挟んだ辺りですね。この稜線にはいつか行きたかったのですが、釜も巨大な円形でなにか地形的にも凄い感じがしました。対岸の稜線を降れば、なんとか正面には周れそうな感じですが、その先の崖が怖そうです。

久しぶりにお邪魔します。

わさび谷というと、遠い昔に岳人の記事で
覗谷に上下2段40mの「曙の滝」というのがあると読んだ記憶があります。
滝のかかる岩壁に滝名を記したレリーフ?だかが
埋め込まれていたという一節が非常に印象に残っています。

私は寒いのが苦手なので、この季節は基本的にオフです。
氷瀑はWEBで楽しませて頂いてます。


ガラリと話題は変わりますが、以下のサイトを御存知でしょうか?
http://www.gis.pref.mie.jp/

1/25000よりもさらに詳細なスケールの地形図を見ることができるのですが
これがなかなかに興味深いです。大きなものであれば釜の形すらもわかるのが驚きです。
往古川・ケン淵滝のすぐ近くに小さな支流が入ってきているようですが
そこに沢の規模に見合わない巨大な釜があるみたいですね。
この地図でなければ、恐らく誰も気付かないのでは・・・

RE:初めまして

NEXT DREAMさん☆

こちらこそ初めまして!
拙ブログをご覧頂きまことにありがとうございます。わさび谷に大変お詳しい方とお見受けいたしました。私は、まだまだ冬山初心者ですが宜しくお願いいたします。

初めまして

懐かしい氷瀑の写真を見せていただいています。

RE:お疲れ様でした。

パンダさん☆

MSRで正解だったと思います。その節はアドバイスをありがとうございました。スノーシューは初めてでしたが、深雪はだいぶ楽になりました。一月に大普賢さぞや樹氷がすばらしかったのでしょうね。このまま氷の成長が維持されることを私も祈っております。覗谷の方から閻魔大王の左上に50~60mくらいの青い氷瀑が見えましたが、これが般若の滝?かどうかはは不明でした。GIかもしれません。

RE:ありがとうございました。

ke-nさん☆

その節はあのような間伐材や岩の多い急斜面をご同行頂きありがとうございます。
あの斜面をま新しいアイゼンで登りきったke-nさんはすごいと思います。
次回以後ご一緒する機会には、雪も落ち着きますので、多少楽になるのではと思っております。既知の場所もいい写真が撮れるまで何度でもトライするつもりです。

RE:ライトニングアッセント22

臆崖道さん☆

そのモデルです。最後までTSLと迷っておりました。あちらは60度の雪斜面をピッケル併用で登れるそうですが、よく考えればここではそんな場面は無いので、このモデルに落ち着きました。さすがに急斜面はアイゼンに履き替えて登っております。

RE:やっぱり

たかっさん☆

皆様のスノーシューを参考に今回試して見ました。厳冬期は、谷筋の沈み込みが深く確かに急斜面は難儀しました。
稜線がまあまあ何とか使えそうですが、木の根っこが厄介ですね。私も実はビビッて早めに撤退しました(笑)

RE:お疲れさまでした!

夢色の世界さん☆

林道はあちこち厳しいそうですね。
ここわさび谷の林道も通行は歩行のみですが、山抜けが起こりかけていました。
積雪は去年よりは少ない為、氷の紋様は見やすくなっているようです。
天川にも行ってみたいですが、あちらも林道はこれからですね。

お疲れ様でした。
今シーズンも精力的ですね。
氷柱の成長も良い感じで、このまま暖かくならなければ、さらに良くなりそうですね。

昨日、大普賢岳に登ってきましたが、途中からいくつか氷柱が確認できました。

ありがとうございました。

ふぇるめーるさん、おはようございます。

昨日は足手まといの私目を引き連れて下さり、
ありがとうございました。
最後の一歩が滝下まで届かず、撮影はまたのお楽しみということになってしまいましたが、
いつかはこのような清々しく自然の厳しさが表現されている氷瀑を撮影したいと思いました。

またご一緒しただけるチャンスがありましたら、よろしくお願いいたします。

ライトニングアッセント22というMSRの履物でしょうか。私は愚かにもアトラスというメリケン履物を買ってしまっために、タンスの肥やし状態になっています。こいつはデカいわ重たいわ取り回し悪いわ、アメ車と同様ですね。
その後山岳会の掟によりwワカンに専念していますが、このモデルだけは欲しくなってきました。

やっぱり、こんな綺麗な氷瀑を撮るには、かなりの危険が伴うようですね!
チョッピリの雪でビビって撤退してる私が恥ずかしいです。

お疲れさまでした!

無事の帰還お疲れさまでした。
テクニックも道具も使えないので
神秘的な風景ありがたく拝見しています。
いいですね。蒼い氷☆
下多古の琵琶の滝の林道も台風で木が
倒れて通行止め。
あちこち入れない林道で今年の私の
氷瀑は厳しいです。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。