スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本沢川(川上村)の小さな秋を見つけて...その1

せっかくI氏と綿密な計画を練ったH滝行、体調不良、天候・・・諸々の条件が重なり本沢へ行き先変更となりました。そこで心機一転、秋を楽しもうと言うことになった至第です。


myojink_2011_0.jpg

明神滝(35m)が気になり、男女滝の間のリッジを通って行くのですが、この寒い時期濡れたく無いという思いとは裏腹に腰まで浸かり滝前のCS下を渡渉・・・防寒アンダーを着込んでいなかったらと思うとぞっとします(笑)
この滝は遠望から既に存在感があるというか、黒い岩はとても印象的でした。
帰りは鉱物成分豊富な山鳩ノ湯で体を温めましたが、お付き合いくださったI氏に感謝!です。

myojink_2011_1.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

RE:久々の滝めぐり

デジマンさん☆

おはようございます。
軽井沢、群馬、日光の滝めぐりお疲れ様でした。東北をはじめ関東の山はすっかり紅葉に包まれたようですね。

>自然な環境の奈良南部の滝が一番です
奈良の滝の大先達であるデジマンさんからそのお言葉を聞いて大安心というかとても嬉しいです。
黒石の明神滝もトレッキングシューズで行ける道もあり、近場も再発見でした。今後とも宜しくお願いいたします。

久々の滝めぐり

ふぇるめーるさん お疲れ様でした。
明神滝は、男女滝の間のリッジを登っても水没しましたかぁ・・・ハードですね。
以前ご一緒した時、遠望でも紅葉とマッチした美しい滝姿が印象的でした。

当方は、軽井沢、群馬、日光の滝めぐりと山梨の親戚宅を訪問して来ました。
あれ以来、久々の滝撮影でしたが、観光滝が大半のため人の多さに驚きでした。
特に日光は、平日を狙って行っても駐車場満杯、道路渋滞で大変でした。

県外の滝も良い滝が多くありますが、自然な環境の奈良南部の滝が一番ですね。

RE:腰までの水

夢色の世界さん☆

おはようございます。水に濡れずに明神滝に行く方法もあるのですが、男女滝からだんだん接近する絵の変化が面白く、そこにあえて絡んだ次第です。
CSには岩のトンネルもあり、今となっては面白いコースでした^^

管理人も今年の滝締めくくりは川上と思っております。隠れ滝さんと旨くタイミングがあっていい風景に出会えるといいですね。

腰までの水大変でしたね。
葉っぱは多少落ちていますね。紅葉はもう少しでしょうか。
最近川上の方の谷に全然行っていない私。
ふぇるめーるさんの滝作品とレポートが楽しみです。
カクレ滝の都合がつかなくて
なかなか行けませんが雪が降る前に
凍る前に少しでも川上の方に行きたいと思います。



プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。