喜平小屋谷を歩く・・・千石谷沿の旧街道より

秋は旧街道、その昔大和の国の中奥から伊勢の国の蓮へ抜ける峠道がありました。その峠道の三重県側には千石谷の本支流に多くの滝が架かって紅葉の深まりを待つ状態でした。
パンダさんからその周辺の喜平小屋谷大滝を巡るOFF提案があり、急遽参加させていただきました。

kihei_2011_1.jpg

喜平小屋谷左俣大滝(65m)
千石谷の本流に架かる、二助滝(40m)です。千石谷は左からの支流を迎え入れるこの辺りから沢登りの雰囲気になってきます。

kihei_2011_2.jpg


本流随一の五段ノ滝の最下流部分、周辺はが立ち上がり大きく巻かされました。
上にも何段かの滝が続くようです。

kihei_2011_3.jpg


高巻きを終え、そこから更に川に再び入渓します。赤滝谷出合を過ぎ、喜平小屋谷右俣出合を過ぎどんどん山奥に向います。
谷が大きく屈曲する場所に喜平小屋谷左俣の連瀑の最初の滝が架かります。
その滝を際どそうなトラバースで高巻きを行い更に右に大きく曲がった先にとても美しい喜平小屋左俣大滝がありました。直瀑部は、厳冬期にはシャフトとして凍ることが川崎実氏の本(秘瀑)で紹介されています。
とにかく深窓の佳人(滝)というか管理人ごときの腕ではその繊細な美と威圧する高さの凄みを捕らえきれないほどです。

kihei_2011_0.jpg


左からもこのように支流が入ります。大滝はここから高巻きできそうです。
帰りは既に暮かかり暗闇の中を急いで林道を降りました。千石谷のシルエットに雲がたなびき、水音と私たちの靴音だけが響き渡ります。支流においても考えられない程の素晴らしい滝を有する櫛田川水系、恐るべし。
ようやくホテルスメールまで戻った時はもう真っ暗でした。スメールの温泉(香肌の湯)のありがたかったこと。
ルートをご案内頂いたパンダさんに感謝です!

kihei_2011_9.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

RE:台風にも荒らされなかったようで

夢色の世界さん☆

おはようございます。
ルートは降りやすい場所を選び最初から沢に入っておりましたので、その点で楽でした。
水は程ほどの水温でまずまずです。
五段ノ滝周辺は岩場が多く、下流からのアプローチもゴルジュを下に見ながらザレ場をトラバースと言う感じでした。大普賢岳の情報ありがとうございます。天川も徐々に道路が復旧しており、賑わいが戻ることを祈っております。

RE:ありがとうございました

パンダさん☆

その節は大変お世話になりました。
一つ一つの滝がすばらしく、また最後のめいんでぃっしゅは感動もので、今年見た滝のの中ではもっとも美しかったです。秘瀑にもうぽかん状態でした。
凍結状態は管理人も興味ありますね。あの高さでシャフトが凍るとなるともう悶絶しそうです(笑)

RE:豊かな水

ke-nさん☆

おはようございます。千石谷の滝は本流だけでなく、支流もそこそこ水量があり短い流域の割には見所が多かったです。
五段ノ滝は右でも左でも高巻きできますが、どちらも上は踏み跡の無いザレ場や壁があり、手持ちのバイル(冬兼用のSIMOND)が大変役立ちました。
五段ノ滝はしぶきが凄く、写真の大半を水滴でボツにしてしまいました^^;

RE:ご無沙汰です!

blueeyedsoulさん☆

おはようございます。
>寒くなかったですか?
前回の菅平で少し寒かったので今回ヒートテックを着て行きました。これがあだになり結構暑すぎました。
旧街道は少なくとも三重県川は道があり、時々ハイカーが台高の明神まで往復されてるみたいです。源流域はほぼ自然林で冬場も良さそうな感じでした。いつか峠道も歩いてくださいまし。

台風にも荒らされなかったようで姿の美しい滝たちばかりですね。美瀑~!と魅いってしまいました。櫛田川すごいです。お身体冷やさなかったでしょうか?お水はひやひやだったと思います。私は秋晴れに大普賢に初登りしてきましたが、今年は台風でよくなかったです。
大台側はガス、天川側は展望がよく谷の名前を推測して楽しみました。
これから1000メートル付近に紅葉が降りますね。素敵な紅葉と滝も楽しみにしています!

ありがとうございました。

大きなスケールと美しい景観に癒された素晴らしい一日でしたね。
どの滝も水量豊かで、いいタイミングに行けて良かったです。

実際に行ってみて、冬の大滝の氷柱はとても厳しいと思いますが、見てみたいものですね。
どうもありがとうございました。

豊かな水

ふぇるめーるさん、おはようございます。

素晴らしい滝姿ですね。
色づき始めた木々とのコントラストもとても美しいです。
台高山脈東側も山深く、水量豊かな地域で、
名瀑も多いのですね。
良い滝に会えた喜びが伝わってくるようです。

ご無沙汰です!
何とまぁ美しいこと、寒くなかったですか?
いつまでも暖かいせいか、なかなか木々が色付きませんね
今年は一度も沢に行けなかったので、ふぇるめーるさんの
写真を見て行った気になっときます

プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる