スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

榎谷・・・神納川から

残暑が少しだけ和らぐこのごろですが、如何お過ごしでしょうか。
今回は趣向を変えて十津川の西の方面(榎谷)にでかけましたが・・・^^;

enoki_2011_0.jpg

ツツジ谷の大滝(60m)
榎谷は下流が日当たりの良い伏流になっており、夏はアブが多い場所です。
それだけならまだいいですが、左岸支流のクルミ谷を過ぎた辺りで高さ250m、幅150mに渡る大崩壊があり谷は大量の土砂、材木が流れ込んで無残な状況です。
心配な点は崩壊がまだまだ起こる可能性であり、特に雨後は通行で落石、更なる崩落など危険だと思います。
通行の際は十分ご注意してください。

enoki_2011_9.gif


大崩落を過ぎると階段状の滝など緩やかな癒し渓流が現れます。
ミコシ谷出合いを右に取ればまもなくツツジ谷の大滝(60m)でした。

enoki_2011_1.jpg


60mもあると記録されているところを見ると上流の部分は隠れている可能性があります。
中段までは直登できそうで、十分なホールドがありそのまま右岸から巻けそうでした。

enoki_2011_2.jpg



【反省会】
最近は、いろいろあって計画はすべて控え目にしていましたが、夏の暑さでの歩き往復7時間と予想外の大崩落点の通過でかなり体力を消耗しました。
同行者の方にもかなり負担を掛けてご迷惑になった点が、今回の大反省事項です。
大崩落の事前情報が取れていたらこの谷は外したかもしれません。
いずれにせよ情報は大切ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

RE:局地的豪雨

夢色の世界さん☆

この谷は下流に関しては大きな危険は無いと思っておりましたが今回の凄まじい崩落現場にはすっかり意欲を無くしそうになりました(笑)
一旦谷を埋め尽くした大量の土砂は流木と一緒に大雨で下流に流されており、まだまだ荒々しい崩壊面の様子からすると9月の雨などで二次災害の危険もあるでしょう。
夏場はこれに加え脱水症状が懸念されます。
事前にこうした情報は入手しておきたいところでした。

RE:残暑お見舞い申し上げます

ke-nさん☆

この谷は下流に関して言えば落差も無く、安心して歩けるはず?でした。
アブは下流域のクロ谷出合いまでの伏流原に多く棲息しております。流水のある日陰の涼しい場所ですと減る傾向ですので、日当たり良好の高温の場所がやばいのかも知れません。
ツツジ谷大滝はこの地域では珍しい大滝ですのでお勧めはできます。ミコシ谷出合いまでの悪場は全て左岸で巻けます。崩壊地を過ぎた辺りはナメ滝も美しくその点で今回の崩落は非常に惜しいところでした。

ふぇるめーるさんお疲れさまでした。
往復7時間+大崩落。
何よりお連れの方とご無事での帰還
ホッと胸をなでおろしました。
ここ数年は局地的豪雨も多く心配です。
今年の夏は休止中なので土日になると
何処か谷に入っているのでは?と
ふぇるめーるさんの無事を祈るばかりです。

残暑お見舞い申し上げます

ふぇるめーるさん、こんにちは。

少し大変な滝訪問になりましたようで、
お疲れ様でした。
日当たりの良い伏流にはアブが多いのですね?
弥山川の白川八丁で難儀しました(苦笑。

谷の崩落はその跡を見るだけでも凄まじいものがありますね。
目的の滝も見れ、ご無事に戻られてなによりでした。

ツツジ大滝、直下から眺めてもかなりの迫力です。
滝上には緑も広がり、風景的にも良い滝のようですね。
滝下の涼しさも伝わってまいります。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。