△大峰大台沢関連の新刊2冊♪

大峰&大台の滝を愛する人には朗報だと思います。

奥高野の沢の紹介があったのがうれしい!それで思わず買ってしまいました。
表紙は神童子谷の釜滝っていうのも!遡行図も見やすく滝の高さも正確です。

sawaroute100.jpg


なんと大台西ノ滝上部の滝の写真が載っているではありませんか!珍しい滝が満載で買ってしまいました。
表紙の写真は黒石谷の盟主霞滝、滝だけでなく岩の描写の質感もとてもすばらしい!

hibaku.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

貴重なガイドブック

この手の本は少ないですよね。
私は随分前に『大峰の沢(2)』を買いましたが
今回、紹介された本はなかなか素晴らしい
内容のようですね。
表紙を見ただけで欲しくなります。(笑)

RE:体力と技術

夢色の世界さん☆

こんばんは
管理人は、我儘で高度恐怖症(笑)のカメラマンと簡単なルートでこのカメラマンを無事に現地にたどり着かせる方法を考え出す山ガイドの2人三脚をいつも意識しております。高リスクは割りに合わないし、むしろコロンブスの卵的な発想で安全なルートアプローチする方法が見つかるといいですね。狩猟民族的な発想というのでしょうか。

ふぇるめーるさんならどこへでも無事に
たどり着き素敵な風景を撮影
されるでしょうね。私も体力と技術後冷静な
判断力が欲しい(全部です・笑)
時間のかかる処は難しいですが、
色々イメージして来年に
生かしたいと思います。

RE:情報は命

ke-nさん☆

おはようございます。
まさしく情報を正しく入手するか否かで場合によっては生死の分かれ目になることもありますよね。
ルート100や秘瀑ですが、丹念な解説もすばらしく沢に対する深い思いも安全に対する著者の願いも伝わります。
秘瀑の450本ある滝の何本かは良い形で冬に凍結する候補と見ておりますので、アプローチが易しい方から検討を加えこれも順次行って見たいですね。
絵馬小屋や野江又の岩のうねりや磨かれたトユには自然の持つ神秘すら感じます。感動しました!

RE:沢登ルートの本

夢色の世界さん☆

おはようございます。
秘瀑の本の方は、450本もの滝の写真が掲載されており、台高の滝のの集大成作品になっております。しかも多分30年間で一冊でるかどうかの。
おかげさまで管理人もジョウカケ谷やクロタキ谷の滝など滝名がよくわかりました。金剛童子谷も一度いってみたいです。
千石谷の奥にも氷瀑布があるようで、機会があれば行って見たいです。

情報は命

ふぇるめーるさん、おはようございます。

「秘瀑」は発売当初に手に入れて、
写真の滝を羨ましく眺める毎日でした。

もう一方の書籍もさっそく注文してみました。
こういう書籍は自分が行けなくとも、
写真を見つつ雰囲気が味わえるのが、楽しいですね。

情報、ありがとうございました。

沢登ルートの本ふぇるめーるさんに教えていただいたので先日私も購入しました。
すごい本ですね。私には難しいですが、参考になります。もう一つの本も注文しようかと思います。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる