新緑時の滝3(大峰 芦廼瀬川近辺)

めったに入ることは無い谷でしたが意外な大滝にびっくり、地図上では穏やかな感じではありましたが。

oono_2011_0.jpg

(大野谷大滝(仮称)45m)
パンダさんのご提案の大野川(芦廼瀬川支流)OFFに参加いたしました(感謝!)
現場は左岸、右岸に岩壁が迫り上流との落差は100m程、滝自体も45mはありそうです。

oono_2011_1.jpg


おまけ、瀬野滝

oono_2011_2.jpg


おまけ、二ノ滝。写真家諸氏も絶賛のロケ場らしい

oono_2011_3.jpg



【雑記】
現場は釣り客が先着してました。
この谷で84匹釣ったことのある釣人氏によれば、最近は材木の伐採で土砂の流入など渓流の状態が悪化したとか、
ちょっと昔は樹木が鬱蒼として昼でも暗い感じだったけど、魚場は豊富だった様子。
そういえば、ヒルも減ったそうな。この日出遭ったヒルもなんだか元気が無いというか、忌避材で簡単に撤退するようなヘタレでした(笑)

ここは中八人山・奥八人山への裏ルート上でもあり、ヒルたちが減ったのは山で作業する人や登山者にとっても良いことなんだろうか?単純に喜べない感がありましたね。

地形的にも南部は大落差の滝は少ないけれど、ここは珍しい場所なのかもしれない。
体調が良ければ上流にも上って岩壁の奥はどうなっているのか少し見たい気もします。

話は変わりますが、来シーズンに行く氷瀑ツアーのコースのうちワサビ谷の分のルート解析が完了しました。
全部で7コースですが、ちょい厳しいコースも含みその内5コースはMUSTとして残りはパートナー次第とします。他に、上谷や川追川周辺もありますが、これからの調査です。
厳しいと言えば、簡単と思っていた小普賢の上流コースで実は数メートル下の岩に落下しておりました。
普通だったら脊髄や首やら大変なことに成っていたはず?ですが、無駄脂肪(笑)で柔らかい身体のお陰でお尻の痛みが2週間で済みました。冬場、アイゼン歩行での落下は夏場より大変きつ~いダメージ結果になることが多いので皆様ご注意ください。
アイゼンが引っかかったり、ザックの重みなど不安定要素が多いので素直な体勢で落下出来ない恐れすらありますぞ!
管理人の場合、早めにアイゼンが外れ、ザックもぶっ飛んで行ったのでショックは不幸中の幸いで比較的穏やかでした。

今後のテーマとしては安全確保も重点テーマになる次第です。その一環でピッケルも少し長めのものを物色中でしたが、お気に入りのシャルレのアズターがカタログ落ち(無念)アズタレックスが後継のようですがこれは石突きが斜めカットだし、どうなんだろう。素直にシモンを買い足すか。
次回からは目的地に行く為には10m程度の氷瀑も超える必要があるケースもありなので、それなりに両手に氷に刺さる道具は要りそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

RE:素晴らしい滝ですね

デジマンさん☆

遠路お疲れ様でした。新潟までとはずいぶんと遠い感じがします。ここも新緑はGOOD!
もう少し下流にある釘抜谷もいい感じの滝があり再訪するには間違いのない場所なのでここといつかご一緒ください。

素晴らしい滝ですね。

ふぇるめーるさん、パンダさん お疲れ様でした。
大野川支流の秘境の滝は、二条の滝姿が素晴らしいですね。
水量も多くて緑も鮮やかな今の季節は、写真撮影にはベストと思います。

当方は、高速1000円の最後で、重い腰を上げて新潟と長野に行って来ました。
走行距離1000Kオーバーと連日の登山は色々とハプニングもあって疲れました。

RE4:こちらではお初

YMさん☆

早速のご回答ありがとうございます!
連瀑帯も気持ちよさそうですが、20m、30mと感じの良い谷ですね。
大野川水系というかこのあたり自然林も結構残っておりますね。

RE3:こちらではお初

ふぇるめーるさん

ttp://blogs.yahoo.co.jp/sawakingo/31098852.html
の2番目にでてくる大滝がそれですね。

RE2:こちらではお初

YMさん☆

情報ありがとうございます。
全体では45m+20mくらいの大滝になりますね。これは左岸のザレ場を少し登って、さらに岩の切れ目を攀じ登ればなんとか行けそうな感じでした。
上の方は尚も前面に大きな岩壁が立ちはだかっていそうなので興味は沸きます。あと片行地区の上の標高546地点のすぐ上から東に入る谷も途中そこそこの大滝がありそうな地形ですね。どう思われますか。
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?b=340043&l=1355104

RE:成の滝

YMさん

ありがとうございます。
美瀑でしたら楽しみですね。
今の時期なら狙い目だと思いますし、早速行ってくるかもしれません。

RE:こちらではお初

ふぇるめーるさん

>かなり大きな岩が空に向かって左岸に伸びており上段にも何かあっても不思議でない様な場所でした。

奈良県立図書情報館でコピーしてきた「大峰山脈の谷」を確認したところ、やはりこの滝には
まだ続きがあるみたいですね。20mほどの滝が上に続いているようです。

私がこの滝に行った時には滝横に作業用のワイヤーが垂れていて、少し景観を損ねていましたが
今はそれもなくなったようで、すっきりとした姿になりましたね。

RE:成の滝

パンダさん、はじめまして。大阪在住のYMと申します。

貴サイトも時々ですが拝見させていただいています。
私にはとても手を出せないような滝が続々紹介されていて、圧倒されてしまいますが
とりわけ双門滝直下からのレポートは素晴らしいと感じました。

>成の滝もずっと気になってるんですが、実際立派な滝なんでしょうか。

成の滝は2.5万図では下記のような位置になるのかなと思います。
上流域の流域長が1km程度なので、水量のほうもそれなりです。
私は4月下旬に訪問しましたが、この時は十分観賞に堪え得る姿を見せてくれました。
水は通年あると思いますが、秋~冬場の渇水期の訪問は避けたほうが無難かもしれません。
姿形の良い美瀑です。

http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?b=335225&l=1355026

この滝に行くのはそれほど難しくありません。谷の下部が伐木で埋まっていて
それを越すのが鬱陶しいですが、谷を遡ること自体は、いわゆる「沢登り」の
範疇にはないのではないか?と考えています。
また、往路ではなかなか気づきにくいのですが、谷沿い少し離れたところに
ガッチリとした仕事道もあるので、利用すれば大幅に所要時間を短縮できます。

RE:ありがとうございました

パンダさん☆

その節は大変お世話になりました。
ほんと秘境らしさが濃厚でかつワイドな感じでしたね。左右の大グラに囲まれた空間は不思議と安心感があります。
あの先はまた谷が右に折れて緩やかな感じで中八人山に突き上げているのでしょうね。

RE:芦廼瀬川支流の滝

夢色の世界さん☆

瀬野滝や二の滝もやはり釜はかなり上流の土砂が入っていましたが、この時期の水はがんがん流れており見ごたえはありました。
管理人も逃げ回っている残りの宿題(笑)とmy ブームの氷瀑は、へたれに鞭打ってなんとか前進させたいです(笑)

RE:こちらではお初

YMさん☆

ようこそ、拙ブログへ!
地図上の位置、まさしくその場所でした。谷が左に大きく曲がった先にワイドな大滝が現れてびっくりしました。確かに手前には谷が狭まる岩場のところに4mがありました。
かなり大きな岩が空に向かって左岸に伸びており上段にも何かあっても不思議でない様な場所でした。
既にご存知でしたか。さすがに詳しいですね。

成の滝

YMさん、はじめまして。

随分以前よりよくお名前は拝見しています。
成の滝もずっと気になってるんですが、実際立派な滝なんでしょうか。

ありがとうございました。
「ここをまわって無ければアウトかも」と言った次の瞬間、堂々とした姿を見せてくれて、ほっとしました。
非常に上を見てみたいと思いましたが、見えているところだけでもいい感じの滝で満足でした。

芦廼瀬川支流の滝 お疲れ様でした!
両滝共緑が美しいですね。
そして二の滝。
私も数年前訪問しましたが、
いい滝だったよなぁと思い出していました。
ホント写真家的にはいいですよね。
氷爆は危険が倍になりますね。
来冬はどのような厳しさか想像できませんが
私もふぇるめーるさんを
見習い少しづつ無理なくチャレンジしたいです。
撮影も命がけ・・・どうかご無事で!

こちらではお初にお目にかかります。
デジマンさんのサイトでお世話になっております、YMと申します。
1枚目の大野川の滝、どこかで見たことのある形だなと思ったのですが
場所はここで間違いないでしょうか?

http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.html?b=340213&l=1355039

確か手前に4m・1mのぐらいの連瀑があって、
1mの滝横にある岩へつりが結構スリリングだった記憶が。
熊野川九重谷にある成の滝と抱き合わせ訪問しました。懐かしいですね。

RE:梅雨表現

ke-nさん☆

管理人も大野川方面ですと、大きな滝は無いと思っておりましたが地形の妙で、左岸の切り立つ不思議な光景でした。
氷瀑ツアー、覗谷方面には比較的安全なコースもありますのでご一緒頂ければ嬉しく思います。また中奥にも候補があります。

RE:緑がすんごく

たかっさん☆

ここは穏やかな秘境って感じでして、ハイキングにも良さそうでした。
最後の一枚ですが、十津川からR425に入り途中の峠の手前を右折してトンネルを通過する瀞峡方面に向かう道の左側にあります。
この辺り釜も相当でかく深いので見ごたえはありそうです。

梅雨表現

ふぇるめーるさん、おはようございます。

この梅雨時は緑も綺麗で水量も豊富、
素晴らしい光景を収められましたね。
一枚目のお写真、二条の末広がりの落水が大迫力です。

二の滝もさすがにほれぼれするような形を浮き上がらせていますね。

氷瀑ツアー、行きたいけれども私のような素人が安易に近づける場所でもなさそうですね。
比較的安全なコースがありましたらば、よろしくお願いいたします。

緑がすんごく濃~~~いですね!
滝の白とバッチリで、見ていて気持ちいいです。
最後の一枚は実物見てみたいですわ~
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる