花の里・・・室生より

 3月いっぱいまで雪山を徘徊したお陰で、梅や桜のシーズンはパスと思っておりましたが、幸運にも4月上旬に花を撮る機会を得ました。室生は大台の北にある山々に囲まれた盆地です。女人高野とも呼ばれ四季折々に花や紅葉が楽しめます。



この時期は、桜と微妙に重なるようです。








里山に降る雨
雨よ、雨全てを洗い流せ
地の隅々までを潤し、春を呼び起こせ
谷を巡り、川となりてやがて海に注ぎゆくは雲となった
雨は、全てを巡り風と共に再び大地に戻る




森にこだまする、時折山の上から冷風が吹き降ろす




積み重なる、里山の営み




樹齢300の樹、幾多の往来や生涯を見てきた








古刹の森


コメントの投稿

非公開コメント

RE:山里

ヒロさん

緊張感のある毎日から悠久の時を感じさせる風景への移行感、あるいは厳しい寒さから開放された感のある山里、道も緩急の変化のある繰り返しはやはりいいですね。
管理人はこのような山里で薪で飯を炊く経験をしたことがありますが、自然感の違いを出来るだけ多くの人に感じ取って頂きたいものです。

山里

山里ののどかな情景も良いですね。
こういうところをゆっくり撮り歩きたいものです。
最近は撮影目的で出かけることが少なく
どこにでもD40をぶら提げて行き、何か見つけたら
撮るというスタイルが身についてしまっています。(笑)

RE:春の彩り

ke-nさん

光線の具合よく読み取られましたね。
この日は早朝で、この妖艶な桜の場所を探すところから始まりました。実はこの辺りはかつて棚田も良い感じだったと思いますが、現在では休耕田が目立ちました。

RE:奈良の平地

夢色の世界さん

平地の桜は今週いっぱいみたいですね。
見慣れた光景なのに何故か足が止まってしまう。雨は管理人も期待しております。

RE:花の里

たかっさん

この樹齢300年は室生寺を見下ろす丘の上にあって峠を挟んで佛通寺の千年桜に通じています。少しの雨はしっとりしていいですよね。

春の彩り

ふぇるめーるさん、おはようございます。

山に囲まれた静かな室生の里に、春の彩りが今年もやってきましたね。
朝の静けさの中で木々たちが息づき、古木の雰囲気も妖艶に感じられます。
とても美しい日本の風景ですね。

奈良の平地も花盛りですね。山の桜ばかりなのでたまには平地でゆっくりしたいもの。
ガスがあると雰囲気があっていいですね。
この1週間はまた晴れ間ですが雨降るといいなぁと思っています。

花の里、大好きな季節になりました。
雨上がりの花達の美しいこと、樹齢300年の樹は何か凄いパワーを感じますね!
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる