復活に願いを懸けて(小普賢谷の60m滝から)

ワサビ谷氷瀑で季節外れではありますが、もう一箇所忘れてはならない場所があります。
小普賢谷上流にある復活の滝(60m)です。ここもシーズンならば半ドームの岩壁に囲まれた広場に左右の谷から2本の大きな氷瀑が落ちている様はかなりの迫力でしょう。
復活、この言葉の響きがこれからの日本を象徴するものです。

fukkatsu_2011_0.jpg

復活の滝(左又2段60m)
遠い未来ではない、そう遠くない。陽はまた登る。

fukkatsu_2011_1.jpg


巨大な岩壁の一部、まだつららが出ていた。

fukkatsu_2011_9.jpg


今回のロケ地と前々回のロケ地のおおよその位置

fukkatsu_2011_mp.png



【日記】
 前回の20m滝に納得できず、今回は最上流までを目標としました。幾つかのリッジを越え20m滝の横を通過すると、やがて前方に巨大な岩壁が見えてきます。
上流はまだアイゼンの世界であり、岩も凍り付いていました。アプローチの詰めとしては稜線を高巻きのプランもありますが、そのまま20m滝横のルンゼを直接登ることにしました。ルンゼの途中は氷が詰まったアイスガリー(氷瀑の一種)になっておりまず氷の質を確認します。手持ちのシモンがしっかり刺さり抜けないことを確認して、支点を設けながら登攀、最後は支点が不足したので4m上にある立ち木にロープを引っ掛けて脱出、そこを過ぎれば岩壁を経て直ぐ60m滝でした。
初めての氷瀑登攀で、おまけにソロという緊張を要する体験となりました。
ジェフ・ローなどの豊富な文献や最近の用具の進歩のお陰で初めてでもパニックにならなかったのは幸いです。
帰りは岩壁を伝う別ルートを通り懸垂4回で戻りました。12爪アイゼンにもようやく慣れたせいか、岩でも氷でも自然に歩けるようになった感じです。
しかしルートは相当厳しいと思いますので、ハイキング気分での安易な入山は禁物であると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

RE:こんばんは

コーギーmomoさん

リンク誠にありがとうございます。つたない管理人のブログですが、宜しくお願いいたしますね。今年も張り切って大峰、大台!

RE:突き刺さりそう

さらんさん
100年程前に10爪アイゼンが発明されたお陰で私たちの時代では冬山も安心して歩けるようになりましたが、個々の危険に対する用心は今も昔も同じですね。
これまでの尊い犠牲があったこそ安全に対する取り組みが進んだことを今感謝します。

こんばんは

勝手ではありますがリンクさせていただきました。
宜しくお願いします。

突き刺さりそう

下から見上げたら落ちてきて突き刺さりそうな気がしませんでしたか?

危険と隣り合わせのような気がして・・・

単独行動なんですね
気をつけてくださいませm(._.*)mペコッ

復活の滝! 
感動に涙! 怒りににも涙!
涙の乾く暇の無い|||゚-゚)δ さらんです。

RE:早期復活を

ke-nさん

3月末ということで、雪解け水が落下するイメージで望みましたが、氷とは意外でしてここは標高が幾分高いのと日陰が多いせいもあるようでした。
管理人もしっかりと被災地の復興を祈って参りました。日々の皆様の地道な努力が必ず実を結んで一日も早い復活の日が来ることを望んでおります。

RE:山の上はまだまだ氷

夢色の世界さん

懐かしいふるさとの風景も、里山の自然も全て人間と自然との共同作業ですね。
驚くべきことに稜線から地獄谷を振り向きますと、仕事道が右岸にしっかり残っているのが見えました。人の努力の営みの美しさと言うべきか風景と言う意味で考えさせられました。

RE:相変わらず

ヒロさん

里山はもう桜と言う時期なのに、山奥は雪この感覚が不思議でした。
ここは、比較的行き易いはずでしたが意外な盲点もあって変化に富んだコースと言えるでしょう。復活と言えばトルストイですが、トルストイ劇場と呼んでも良さそうな広々したテラスが印象的でした。

早期復活を望みます

ふぇるめーるさん、こんにちは。

復活の滝、素晴らしい景観ですね。
3月の下旬でもまだ大峰の懐深くはこのような
厳冬期のようなんですね。
記事を読ませて写真を見せていただき、
毎日の暗い気持ちが少し晴れました。

本格的な復興までまだまだ大変な時期が続きそうですが、僕たちにもできることをコツコツとがんばるしかないですね。

山の上はまだまだ氷と雪の世界ですね。
私も来年はもう少し氷爆がんばってみようと思います。

復興祈る気持ちは皆同じですね。
一日でも早く心の風景、穏やかで懐かしいふるさとが
再び目の前に広がって欲しいですね。


相変わらず

単独行ですごいですね。
本当に気をつけて下さいね。
それにしても美しい氷瀑ですね。
青味がかった色が神秘的ですね。

震災からの復活
元気な日本に戻って欲しいですね!
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる