スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小普賢の谷から・・・(伯母谷でアイゼントレ)

久しぶりに寒波到来、伯母谷では一番緩いコースを設定し歩いてきました。
氷瀑たちのエピローグ、春に向けまもなく主役は交代します。

shofugen_2011_10.jpg

小普賢谷3段20m
今回のコースの目標は小普賢谷の中流にある3段50mでしたが、支谷を迂回してコースを上がりすぎてしまい実際は上流の3段20mに出てしまいました。この辺り、地形図だけでは判読し難いし現場の地形はかなり複雑です。
稜線まで標高差にしてあと350m、しかし3月と言えども奥のほうはまだまだラッセル道ですね。

shofugen_2011_11.jpg



【危機一髪?】
 わさび谷も標高1300mを越える辺りでは岩場も増えてきます。2箇所あるトラバースの奥の方のなんでもない場所で滑落してしまいましたが落下を最小で止めました。登山家の保科さんの本にしっかり学んでおりましたので、落下中も落ち着いて処理ができました。(でも下は崖でした。あとから考えると怖い(冷汗))

 今回は、靴をライトアルパイン(Triolet ProGTX)、ザックはカメラ用はあえて使用せず替わりにKODE38というスノーパック用を使用しました。お陰でお財布の方も危機一髪でした(--;)。
ザックが変わるのは、さすがにバリエーションルートの怖さが身にしみてきたせいもありますが、滝友写友の方2名より親切なアドバイスを頂き、それを参考に装備を組みなおした次第です(感謝!)。
装備は特に冬山では、生死に関わる重要な問題で、舐めてかかっていると大変な目に遭います。
靴の変更で大きく変わった点は、岩場を通過する時の安心感が挙げられます。特にフロントポイントだけで岩の上に立つことは、以前使用していた底が柔らかい靴では難しいと思いました。アルパイン靴の場合UP/DOWNでの足の疲れも殆ど残らず、これなら連続3日でも行けそうです。
またザックは、スリムになりましたが、ファスナーでの背面アクセスが効きカメラの取り出しは従来とほぼ変わらず、管理人の運用形態ではこれが最適です。もちろん大型三脚(Φ32mm)もザックのスキーキャリアを利用して固定できます。

 今シーズンの氷瀑ツアーはこれにて終了ですが、来シーズンに向けてロケ地選定(次期企画)が始まります。
2月末からはシェークスピアのご縁で管理人の写真を、大手登山用品店である好日山荘のT店に常設して頂くことになりました。(感謝!)大峰と大台の風景を紹介して行きます。
管理人が季節ごとに写真を入れ替えて、お店に来られる方にも見ていただけるという流れです。
これは非営利なので、むしろ自分の作品についていろいろなご意見も伺える点の方がメリットですね。

コメントの投稿

非公開コメント

RE:安全第一!

ヒロさん☆

そんな身近な方が亡くなられたとは、本当に明日は我が身となりて・・・本当にはかない命ですが、だからこそ残された者は仰せのように大切にしなければいけませんね。
今回の宮城県沖地震の被災者の方も含めご冥福をお祈りいたします。
先日は、ロケハンに行ってきました。今回はこの滑落に懲りて危ない箇所は避けるルート構成でした。冬場は、やはりトラバースは避けるべきで、今の時期は意外と稜線が歩きやすい感じでした。
花粉シーズンが収まる、4月以降こちらこそOFF会で宜しくお願いいたします。

安全第一!

冬山はスペシャリストでさえ命を落とすことが
少なくありません。
そういえば以前、岩屋谷を一緒に遡行した
TKさんが八ヶ岳の岩峰でザイルに繋がった
まま凍死されました。一昨年のことです。
絶景を楽しめる山も、やはり大自然の厳しさが
ありますね。
単独行の多いふぇるめーるさんのことは常に
気になっております。
どうぞ今後も安全第一で無理のない山行を
楽しんで下さいね。
もう少し暖かくなったらご一緒させて下さいね。

RE:冷や汗

ke-nさん☆

いけどもいけども自然林のこの山は、探求者にとって非常に面白い場所になりそうです。
できるだけアプローチルートを研究しておき危険は回避しておきたいですね。
わさび谷という狭い範囲ですらも見るべきもはたくさんあり、また見られないもの写しきれないものがあります。細い道の向こうで何と出遭うか、そういった邂逅も重要なのでしょう。熊との遭遇は嫌ですが(笑)

PS
T店は奈良田原本店です。

RE:危機一髪だった

夢色の世界さん☆

充分練ったコースでしたが、やはり奥は情報不足で、安心して行ける様になるにはいろいろ研究が必要ですね。
といっても痩せ尾根のコースは見晴らしも良く、石楠花ブッシュさえ我慢できればいいコースでした。
滑落は管理人が冬山初心者故です。この日が初めてのライトアルパイン靴とアイゼンの合体日でした。

冷や汗

ふぇるめーるさん、おはようございます。
記事を読ませてもらった僕も冷や汗を感じるような…
危機一髪の回避もそれなりの知識や装備があってこそのものだったのでしょうね。
本当にご無事でなによりでした。

好日山荘の写真展示の話は、
これからの良い励みになりますね。
T店といえば、大阪北部の…でしょうか。
近くに行くことがあれば立ち寄ってみたいと思います。

小普賢谷3段20m、この辺りの氷瀑はさすがに硬そうな様子もよく表現されていて、
岩の様子からも、凍てついた大峰の冷たさや厳しさが感じられますね。

危機一髪だったのですね。何かあった時冷静に行動できるかで大怪我や生死など最悪の状況を回避できることがあるんですね。ふぇるめーるさん無事でよかった。。。私は怪我をした友人のために救急車を呼んだことがありましたが、道から近かったことが幸いでした。私も身が引き締まる思いです。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。