小普賢谷の滝・・・(伯母谷の氷瀑2)

ワサビ谷の本谷から左に分かれていく谷があり、冬ともなるとひっそりしたワサビ田の跡地に雪が降り積もる。
その奥に普賢の滝があるという。

shofugen_2011_0.jpg

覗谷への二俣を過ぎ、ワサビ田のある谷間を歩く。
美しく積み上げられた石垣が苔生す小川を遡り、自然林の中に溶け込んでいく。

shofugen_2011_1.jpg


ゴーロが尽きる辺りで、普賢の滝が現れる。上下2段(13m+30m)あり、青白く凍り付いている。
慎重に右岸を登れば、滝の更に上に続くと振返ってみる覗谷方面の山が白い。

shofugen_2011_2.jpg


春や秋には山菜取りの人が訪れる谷は、今は静謐の中獣の足跡のみが雪に転々と残る。
元来たトレースを降りれば、道の脇に往路には無かった小さなカマクラが出来ていた。
その主が、去ったあとにも暖かさを感じる佇まいに心が和む。
振返れば大普賢の山々にも雪雲が掛かっていた。

shofugen_2011_3.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

RE:素晴らしい氷

パンダさん☆

今年は雪も凄いですが、比較的低い位置にある滝の氷結も凄いですね。簡単にいけると思って舐めたのは失敗でした。亀の前進で自分でも嫌になります(笑)
この上の凄い大滝ほんと、あこがれます。せめてもう少し雪が少ない時期に、この滝のすこし先(10m)も見たいです。
OFFでは今後も宜しくお願いたします。

RE:厳しい寒さと雪深い

夢色の世界さん☆

今年の豪雪は半端じゃないみたいであちこちで苦労されている話が伝わって来てますですね。この日もワサビ谷の中では距離的に近い場所にあるのにも関わらず深い雪に阻まれ最後の坂はトラバースが怖かったです。背反しますが、もっと雪の少ない行きやすい時期ですと逆に氷結は難しいのかもしれません。
おかげさまで安全に撮影する為のいい勉強となりました。

素晴らしい氷の芸術ですね。
なにより色がいいです。
ここも近年は、あまり凍らないと聞いていましたが、今シーズンは、良い感じのようですね。
簡単には行けないですが、上部の大滝は、さらに分厚い氷に覆われて、凄い状態になっているのではないでしょうか。

厳しい寒さと雪深い中お疲れさまでした!
雪かなり積もっていたのではないでしょうか?
今年はというか昨年のクリスマス寒波から台高、大峰は厳寒の中。積雪は冬山登山で、、、もう登れないと引き返した方の話ではその地点は胸までだそうで(テープ頼りでそこまでよく泳いだなぁ・・・)今年は大変ですね。
そこまで登らなくても滝までの道のり大変だったと思います。本当にお疲れさまでした。ふぇるめーるさんのファイトには毎回尊敬!私も見習わないと!でもツルツル林道が怖いです。

RE:氷青色

ke-nさん☆

氷が分厚くなりますとますます青くなっていいですよね。下の層の岩もここは白っぽいので良い方向ではないかと思います。尚、この上にももっと凄いのが2本くらいあるらしいのですが冬場はかなりの難所らしいです。仰せの通り安全第一で1時半には引き上げました。

氷青色

ふぇるめーるさん、おはようございます。

この氷のブルーは何か新しい色名をつけたくなるほど、なんとも言えぬ輝きを放っていますね。
また凍てついた谷から見る山の姿もその地を知っておられる撮影者ならではの視点が見えてくるように感じます。

私、しばし冬眠となってしまいましたので、
ふぇるめーるさんの素敵な写真群で冬季の大峰や台高を楽しませていただいておりますが、
くれぐれもお気をつけて活動してくださいませ。

RE:まいどです!

blueeyedsoulさん☆

林道付近はそうでもないのですが、bueeyedsoulさんが歩かれた谷筋付近も凄い雪で埋まっているのでしょうね。歩いていると新雪が足元から谷に流れて行きます。登り坂はまるで熊のように両手両足を使って4足前進、傍から見ていると笑える風景でした(笑)
大普賢岳はどの角度からもいい感じの山形でなんども振り返り眺めた一日でした。

まいどです!
山葵谷を詰めて大普賢に行ったことありますけど
真冬にあの厳しいコースを行かれるとは
見事にカチンコチンですねー、何とも言えない青さが綺麗です
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる