スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ谷滝(野迫川村から)

十津川の西岸は、広大な自然林と人工林が織り成す紀伊半島の中央を成しています。
その十津川の支流(川原樋川)があり、支流には詳細が知られていない滝が沢山あるらしい。

taitani_2010_0.jpg

野迫川村は高野山の奥に位置し、野生動物が豊富な地域です。
今回はデジマンさんとタイ谷や周辺の谷を視察しました。(感謝)
タイ谷は川原樋川沿いの林道(県道)を行くのですが、川床から100mも上にあるダートでした。
ゆったり流れる様はある意味、奈良県の四万十川と言えるかもしれません。
写真はタイ谷滝(30m)の下段です。

taitani_2010_1.jpg


【撮影雑感】
いつも持っていくレンズやカメラが重い為、来年はD7000+SIGMA 8-16mm+NIKKOR AF-S DX 18-200mmに乗り換えようなんて考えてしまうこのごろです。これですとレンズは2本で済みそうですね。
最近は、フォーサーズ陣営がマイクロフォーサーズに移行してしまい、また話題としてはミラーレスの話が多いですね。
ミラーレスカメラはある意味究極的に電子化されたカメラですが、精密なメカニズムを排除して電子部品アッセンブリがメインになっていまいますので、所有するという喜びはあるのでしょうか。
まず機械と電子部品の高度な融合という点を外しますと、製造自体が容易になりますので、外国でも簡単にコピー商品化されないのかあるいは特許で守られているのかその辺りは気になりますね。

ニコンもミラーレスで何か考えているようですが、その辺り単なる電子部品の集積にならないようメカニカルな感触が楽しめるカメラになって欲しいものです。実用機器であると同時にカメラは趣味の道具にもなりますので、その辺りのエッセンスは大切ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RE:滝の写真

さらんさん☆
おはようございます。
ダートコースは急に寂しくなりますし、外国ほどではありませんが、寂寥感は漂います。
おそらくは高野聖やお遍路さんたちが往来したであろう細道は秋の到来が間近の予感がしました。

滝の写真

久々にふぇるめーるさんの滝の写真を拝見しました。タイ谷滝?・・・・外国のタイまで行って来たのかと錯覚しました。(='m')くすくすっ♪
滝つぼにかかる虹が(´▽`) ホッ とします。

RE:お疲れ様でした!

ヒロさん☆
おはようございます。
本当にFX機が出なかったらD7000いっちゃいそうです(笑)同じ国産センサーを搭載しているペンタも風景写真用としても大変秀逸なK-5を出しており5年前に比べると選択肢の広がりを感じました。個人的には使いたいレンズが決まっており乗り換えは無いですが・・・

RE:お疲れ様でした。

ke-nさん☆
おはようございます。
県道という割には舗装も無く、しかも崖崩れ通行止めの場所もありましたが、自然林ももちろん多くて川霧なんかが出たら絵になりそうでした。奥高野はなんか面白い場所ですね。

RE:お疲れ様でした!

デジマンさん☆
その節はお世話になり大変ありがとうございました。山の懐の深さは良かったですし、周囲の環境も人家が少ないだけに最高でしたね。
この辺り、じっくり周ると面白い場所だとわかりました。次回もまたよろしくお願いいたします。

RE:美しい滝ですね。

夢色の世界さん☆

おはようございます。
ここの林道は本格的ですよね(笑)
この川沿いにも他に滝が10本は在りそうな感じです。県道を移動中、道路上にイノシシが出てきました。幸い衝突しませんでしたが・・・

お疲れ様でした!

細長く注ぐタイ谷滝は繊細で美しいですね。
ところでD7000ですか!
視野率100パーセントですし、現行のFXを凌ぐ高感度耐性
は魅力的ですよね。

お疲れ様でした。

ふぇるめーるさん、おはようございます。

すごい所に行かれてきたのですね。
野迫川村は国道、県道とも整備されていない道路も多く、アプローチも大変だったと想像できます。

神秘的な滝つぼに虹がかかる写真、とても素敵ですね。

お疲れ様でした!

昨日は、お付き合い頂いてありがとうございました。
遠回りしましたが、無事に滝下まで降りられたのは嬉しい誤算でした。
沢歩きを覚悟していたので、体力的に助かりました。
ようやく行くことが出来ましたが、情報の少ない滝行きは大変ですね。
では、野迫川村の滝、また御一緒しましょう!

美しい滝ですね。川原樋川のダートな道行かれたんですね。私も7年ほど前あの道を通ったことがありましたが、パンクしないかと冷や冷やしました。そこから少し走りますが、今はゲートに鍵がある当時風屋から護摩壇山に抜ける林道(車1台がなんとか通れる林道、谷川はガードレールのない崖)にもよく行っていましたが集中していないと落ちそうでした。あの辺りはまだまだ秘境ですね。でも無事に帰還されてよかった!
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。