スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

△セルフレスキュー

暑中お見舞い申し上げます。
今回はセルフレスキューについてすこーし考えて見ました。大自然は例え初心者であろうと容赦してくれません。
自然風景を深く楽しみたいと思ったならばそれ以上に安全思想が大切です。
最初にプランがあり、どういう種類の危険要素を予見できるかどうか、それによって準備も変化すべきでしょう。


rescue_2010_4.jpg

(弥山川のバリエーションルートから)
大峰でちょっとしたバリエーションコースを選ぼうとしたら、とたんに敷居が高くなって戸惑うこのごろです。今までは30mロープで殆どなんとかなりました。
基本装備としては、どんな場所でも20mから30mぐらいのロープ(太さ8mm前後)は役立ちます。
一応安全に登山する為に持ってて損しない装備として
1.ロープ…20~30m(8mm) 防水性があるタイプが良い。
  懸垂にも使う場合ダイナミックロープになります。
  ロープは面倒くさがらずに出来るだけ出して使いたいです。
2.アルパインハーネス(ちょっと懸垂用、軽くてコンパクトなもの)
  結構かさばるので軽量なものが良いでしょう。
3.カラビナ…いろいろな用途に使えます。イザという時下降器代わりにも
  ロック付きと、そうでないものが少々
4.下降器+登高器(あれば使いたい)
  登高器もカラビナとシュリンゲがあれば代用できます。
5.シュリンゲ…お助けロープ代わり、各種の連結用として
  これも多種多様の用途に合わせて長さ違いが揃っていると良いですね。  

あとザックに余裕があれば
6.バイル、ピッケル類…草付き泥つき斜面などで
  実は、体が落ちないようにする為にも使えます。
7.プロテクション類…急斜面に立ち止まって写真撮りたい時に
  両手を使いたい場合、近くの立ち木にシュリンゲを結びつけたり、
  立ち木の無い場所で落ちないようにする場合是非とも使いたいで
  すね。

管理人はクライマーではないのですが、ちょっと知らないコースを試す時、お守り代わりに持っておくと助かるグッズが少しずつ増えております。
ザックが重くなると、行動範囲が狭まるので装備をどうするかは悩みどころです。正直なところ大峰のいい所を撮るのはやっとスタートラインに付いたばかりのような気がします。
氷瀑写真に至ってはまだスタートラインにすら辿り着けていないです。大峰にはそれ程魅力的なコースがまだまだありそうですね。
余り人が行かない場所にも意外と面白そうな氷瀑がありそうな感じです。ということで、今年からはじっくりと近場の意外な場所をもう一度探してみたいですね。

安全に帰還する為にも、まずは準備(プランニング、装備点検、体力調整、読図の徹底、セルフレスキュー対策)ですね。
そしていつかあっきーさんお勧めの秘境のガンガラシバナに行けるようになれば嬉しいです。

rescue_2010_3.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

RE:重かったのね

夢色の世界さん☆

こんばんは
靴の重さは結構利くみたいですね。
冬場はアイゼンとか余計に重くなりがちですが、慣れていないと違和感がありますよね。
靴の重さはエネルギー消費も違うようです。
大昔は山靴といえば皮製でめちゃくちゃ重かった(笑)と記憶します。短距離ウォーキングではわざわざ重い靴で歩くと筋トレ替わりになるのではと思いますが、長距離ではやはり軽めの靴に軍配はありますね。
ありがとうございます。

重かったのね

500グラムは5キロ相当ですか。
靴を4か月ほど前に軽い靴に替えていますが
計ってないけれど以前のものより
軽くなりました。
結構重いものを持って、いや履いて歩いていたんだ・・・と思いました。

RE:こんにちは

ke-nさん☆

おはようございます。お互い単独行もするということで苦労を共有して頂けるのは嬉しいです。三脚もいろいろ迷いますよね。管理人も高さを必要とする場合を考え比較的長いものを持ちますが、ブッシュの通過で悩みますね(笑)
人間の手足が最大の確保器と言える面もありますが、それが効果ない泥付き急斜面はいつもびびっております。
ありがとうございます。

RE:重量

パンダさん☆

おはようございます。黒滝はなんとか秋口までに行きたいですね。管理人も猛夏は爆弾(笑)を抱えますので、そのころがありがたいです。
装備重量を減らす為にも危ない場所は出来るだけ単独行は避けたいです。
パンダさんの装備を選ぶ目は確かなので参考になりますね。
ありがとうございます。

RE:装備

ヒロさん☆

おはよございます。
私の場合消極的(高巻きや迂回路無し)な利用ですが、しかし下山中に降りれなくなる場所が時々出てきますの厄介ですね。予め読図である程度地形のヒダの状況まで想定してもこの有様でした。
装備と言えばそろそろDカメも更新したいところですが、なかなかタイミングが合いません。
また次回OFFでは宜しくお願いいたします。
ありがとうございます。

こんにちは。

ふぇるめーるさん、梅雨明けまでもう少しですね。
暑中お見舞い申し上げます。

僕は単独行ということもあり、どうしようかと悩む場面では引き返しを最優先にしていますので、
なかなか目的地にもたどり着けずの繰り返しです。

ロープはザックに入れてますが、それ以外の道具については知識すらほとんどありません。
なんでもないような場所でも担いでいる三脚が引っかかったりしてヒヤリとするようなこともよくあります。
この記事を見せてもらって今以上に安全について考えてみたいと思います。

ふぇるめーるさんもお気をつけてこれからも写真を撮り続けて下さいね。

重量

安全のための装備、必要であるのは分かってるんですが、その重さゆえに持っていくのを考えてしまいます。
軽い道具に走って失敗したり、あれこれ試したりしていますが、なかなかうまくいきません。

最近、若い方達とご一緒すると、ものすごく体力の低下を痛感します。重量なんか気にせずパワーで乗り切る姿を見ているとうらやましいかぎりです。もちろん日頃の鍛練を怠っているのも大きな原因ですが・・・

念願の黒滝直下、行きたいですが暑くなってしまいましたね。

装備

私は危険な沢から引退することばかり
考えている根性なしですが(笑)
ふぇるめーるさんは益々、難易度の高い場所
へと進出していきそうな気配ですね。
安全のための道具ですが、あれば使いたくなるりますよね。
少々困難な場所も突破できるとしたら、やはり
撮影のためには前進するのみでしょう。
とにかくお気をつけ下さいね。
特に単独行は細心の注意をはらって下さい。
また簡単な沢ににはご一緒させて下さいね。

ザックの重量

夢色の世界さん☆

おはようございます。ザックの重さは気になるところですよね。意外と靴の重量も負担になるらしく靴の500gは背中の5kgに相当と聞いて考えてしまいます。例えばアイゼンとかやはりアルミ系がいいのかなぁと。
ロープ類は性能向上が著しく市場では8mm前後で軽量の良い物が揃って来ました。ありがとうございます。

blueeyedsoul さん☆

おはようございます。ほんまにガチャはお金がかかりますよね。カラビナでもいいものは3000円以上しますし、全部揃えるとプロテクションも高いですよね。
ブヨ対策ですが、近所のキ○○堂でディート系の肌スプレーを薄く降り掛けております。
ヒル避けはヒルサガリのジョニーは非ディート系なので安全ですが、ブヨもハーブ系で良い物があれば使いたいですよね。
ありがとうございます。

ふぇるめーるさんのお話を聞いていてどれもできてない自分を反省している次第です。
撮影と山歩き。荷が重いと帰り道きついなぁ・・・なんて相変わらず中途半端は変わらずです(涙)2度と撮れないと思うと機材が減らせない私です。

おはようございます!
ガチャ類揃えるのもけっこうお金かかりますよねー
まぁ命を守る物ですから仕方ないですけど
今の時期じっとしてると蚊やブヨの餌食になりますね
あまりキツイ虫よけスプレーは体に悪い気がするんですがどうされてます?
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。