桜・・・記憶の彼方へ(三多気より)

四月も半ばを過ぎ、平地の桜が終わるころ山の桜シーズンとなります。
今回は、三重県の古くらからの名勝、三多気を訪問しました。

mitaki_2010s_0.jpg

(鏡山公園付近で)
三多気は大洞山に向かう参道に沿って山桜の道が続きます。

mitaki_2010s_1.jpg


山桜にも種類があるらしく、これは赤い葉(アントシアニン系?)でした。やはり透過光がいいですね。レフ板があればもっといい条件でした(笑)

mitaki_2010s_2.jpg


幹に力感を感じます。

mitaki_2010s_3.jpg


こういう松のような枝ぶりも面白いと思いました。

mitaki_2010s_4.jpg


地味ですが、竹やぶも新緑がそれとなく始まっております。

mitaki_2010s_5.jpg


メインでぃっしゅの定番位置から…早くもカメラマンが数人並んでいました。地元のご好意によりわざわざ3枚程の休耕田を撮影の足場として開放して頂いているそうですね。感謝!

mitaki_2010s_6.jpg


お陰様で半日も山桜を楽しむことができました。感謝!ここは"PHOTO MS"さんの情報で大変助かりました。

mitaki_2010s_7.jpg


(追加写真/街道の途中)

mitaki_2010s_8.jpg


これは帰りに立ち寄った諸木野の薄墨です。

mitaki_2010s_A.jpg



【撮影雑感】
(三多気)
山桜は葉の展開の状況で微妙な色の差が出ることが楽しいですね。
この日は、一日中雨でしたが、雨の桜はそれはそれでしっとりした光の周り具合が楽しめました。
前日雨で、翌日晴れのサイド光なら水田にもっと桜が映りこみ、別の姿になるのでしょう。

(諸木野)
こういうロケ場を最初に見つけてちゃんと作品にした写真家の人はメッチャエライ!と思いました。
他人に準備してもらったロケ情報ばかりに依存することなく、感性を磨き、独自の視点から新しい被写体を求めることはとても大切なことです。

また、例え他人が見つけた被写体でも、別の撮り方、別のアングルなど独自の工夫を重ね別のオリジナル作品に仕上げることは、写真文化の更なる可能性を広げるという観点でとても重要なことですね。

管理人は花鳥風月はまだ初心者だと思っておりますので、まず先達の作品には勉強させて頂いております。
がしかし、自分独自の視点も大事にしたいとは思ってます。
まあ、来年の山桜は大峰ですね。カメラマンに囲まれる有名撮影現場よりは、誰も来ない辺鄙な(笑)山奥で泥にまみれて撮りまくるっていうスタイルが管理人には合ってそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

RE:管理人のみ

ご連絡ありがとうございます。
了解いたしました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

RE:いいですね~

ヒロさん☆
諸木野>
ここは割合人目に付きやすい場所で、田んぼのオーナーの方が、水を早めに張っていてくれるそうです。日本社会ってこういう粋な計らいをやってくれる点で、大変嬉しいですね。
風が吹くと鏡の反射がぼけるので、待ちの楽しみはあります。
薄墨は若干青っぽい色合いで、それがある種の清涼感を感じさせてくれます。道中の桜街道も楽しみでした。

RE:三多気、霧が出

夢色の世界さん☆
ほんまに良い場所ですね。他府県の写真家の方にも山桜名所として紹介しておきました。雨の中の撮影ということで、以前購入したモン○○のレインウェアが役立ちました。
尚、失敗したなと思ったのは鏡山の上から見た写真を追加しなかった点です。藁葺きもローアングルが欲しかったです。などなど反省点は多々でした(笑)

いいですね~

一番下のお写真、素敵ですね。
棚田は鏡面効果があって絵作りが楽しめますね。
写真はシャッターを切るという行為でありながら
10人いれば10人の表現があり楽しいですね。
同じ風景を撮っても差が出るところがおもしろいです。

三多気、霧が出ていて満開で素晴らしいシチエーションですね。作品いい雰囲気!ここはカメラマンいっぱいいますよね。景勝地は場所取りで諍いがなければOKですよ。

RE:昨年、大洞山

たかっさん☆
そう言えば大洞山、ほんとに近い場所ですよね。桜の並木の終点から大洞山に登るコースがあるみたいでした。
山の頂上から見ると麓の桜並木の様子が鳥瞰できそうな気がしました。
まだ月曜日ぐらいならぎりぎりいけそうな感じもします。

RE:竹の子を待つ竹林

さらんさん☆
今年は本当に寒暖の激しい変な天気ですよね。ソメイヨシノもまだ散りきっていないでした。管理人の住んでいる近くにもカグヤ姫伝説の里があり、割合に竹が多いです。
五月ももうそこなので新緑の展開が楽しみですね。

昨年、大洞山へ行った時に三多気の桜のことを知りました。桜の時期に行こうと思っていたのですが完全に忘れてしまってました。
しかし、見事ですね!

竹の子を待つ竹林

寒い冬を越した孟宗竹は
こんな色をしていますね
大分ではもう竹の子が生えてきました
時々思わぬ寒波に襲われますが
春は確実に夏へ向かっていますね
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる