スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半左衛門谷の氷瀑・・・滝初め

2010年も昨年同様、滝初めは中奥川からです。
すっかり冷え込んだ朝を狙って、アイスバーンになった林道を進みます。その更に奥に中奥の盟主とも言われる半左衛門谷大滝(30m)が聳えていました。(岩の陰になっている滝上部を含めると多段50mという説もあり)

hanzae_2010_0.jpg
日中でもマイナス8度ぐらいであったでしょうか。
沢の至る所で氷柱が発生しておりました。

hanzae_2010_1.jpg


時々、轟音とともに大きな氷が落ちてきます。寒さを忘れしばし氷の威圧感、透明感を堪能できました。

hanzae_2010_2.jpg



【撮影雑感】
今年は磨り減ったアイゼンを更新するはずでしたが、ついに買いそびれました。お陰で凍りついた小滝を越える時怖い思いもします。
右岸の涸れ滝8mを過ぎたあたりから沢筋の雪も深くなり傾斜も増しました。久しぶりのラッセルに心は感動!そうそう管理人はラッセルの鬼と言われた(まさか^^;)というのは冗談ですが、流石に雪斜面の滝登りはきついですね。
幸い、途中の6mを除きすべて滝の横が直登できたので助かりました。

この時期は、熊や鹿、狸などの動物の足跡だけが点々と続きます。谷は人の気配もない静謐感でやはり自然林の谷はいいですね。この谷は薊岳(1406m)に突き上げており、夏は沢登りコースのようです。

コメントの投稿

非公開コメント

デジタル写真集販売代行(無料です)

はじめまして。電子新聞、電子書籍等の販売代行サービスを運営しているニュースペーパーナビです。

ブログ等の写真やイラストなどを写真集やイラスト集にし有料で販売しませんか?
刊行物をデジタル・データで【無料】で販売します。
初期費用や、利用料など一切不要です。

個人作者様の、自費出版物(小説、ノンフィクションetc)、同人誌、マンガ、アニメ、イラスト集、写真集などなどを電子書籍として販売できます。
本になっていなくてもデータがあればOKです。

是非、当サイトで皆様の作品の販売をさせていただきたくご検討ください。

作品を出版社が出版してもらうには、ハードルが高いですが、デジタル・コンテンツとして皆様の作品を一度、当サービスの“書棚”に置くことで半永久的に販売ができ、収入を獲得できるチャンスです。

●作品を閲覧するビューワーサンプル
http://view.newspaper-navi.jp/my_pageview/doutor_T1/pageview/pageview.html?page_num=

●作品販売代行案内→ http://www.newspaper-navi.jp/company2/?page_id=483

●サービスサイトホ-ム→ http://www.newspaper-navi.jp/

ニュースペーパー・ナビ株式会社

RE:遅ればせながら拝見!

デジマンさん☆
この滝は大滝?と呼ばれ正式名が良くわからないです。仰せのとおりスカートを広げたような印象も受けますね。右岸から見ると氷柱部分が瞑想する達磨さんの背中のようにも見えました。
ここは比較的静かに滝見できますので機会があればご一緒ください。

遅ればせながら拝見!

この氷瀑は、中奥の何処と思っていましたが、半左衛門谷だったのですね。
スカートを履いた女性の様な感じですが、氷柱はしっかりしていますね。
御船より氷の状態も良く、貴重な写真だし、秘境の氷瀑って感じですね。
また、季節の良い時に連れて行ってください。

RE:素晴らしい氷瀑

パンダさん☆
お役に立てれば嬉しいです。
来年は管理人もラッセル力を磨いて、おりますので良い話があれば宜しくお願いいたします。

RE:素晴らしい氷瀑

詳しい説明ありがとうございます。
途中の滝も凍っていたとは、なかなかお目にかかれない素晴らしい景観だったことでしょう。
チャンスがあれば、訪れてみたいと思います。

RE:奥は雪が結構積

YHさん☆
そういえば、道中のツララも凄いにぎやかでしたね。赤倉谷出合付近にあるルンゼのツララなどは多層で良い感じだったんですが、撮り方がわからずスルーしてしまいました(笑)
今から考えるともったいないと言う思いです。
車は実はやばかったんですが早めに引き上げました。なんせ真昼の林道でも-4℃でしたので道の氷は帰りでも融けていませんでした。

中奥行かれたのですね。半左衛門かっこいい氷瀑になってますね。中奥は私もこの前行きましたが、途中道際のツララ撮りでした。無事の帰還ほっとしています。
奥は雪が結構積もってたと思いますが車は大丈夫でしたか?

RE:天使の羽根

blueeyedsoul さん☆
この日は、風折ノ滝はもちろん、blueeyedsoul さんが去年行かれたヌタハラ谷の不動滝もかっちんこちんに凍っていたのではと想像しております。しかしあそこをラッセルで登るのは必死の思いはあります。あと薊岳の狼谷も凍っていたと思います。アイゼンのバーゲンセールがあれば是非教えてくださいませ^^

まいどです!
これぞ天使の羽根・・ちゅうやつですか。
うーん、お見事!!

RE:素晴らしい氷瀑

パンダさん☆
道路情報ですが、
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?b=342056&l=1360452
の地図上で、中奥林道の最後の橋の手前で、右岸からルンゼが中奥川に入る場所があり道路上に土砂堆積があるので車はそこまでです。手前に木材置き場がありそれが目印です。アイスバーンはそこに至るまでの日陰で2箇所、何れもガードレールはありませんでした。
沢中は途中の右岸涸れ滝8mや6m滝もごつい感じで凍っておりました。管理人もまだ見落としがありますので機会があればまた行きたいです。

RE:氷点下の造形美!

ヒロさん☆
自然風景に関するもので、氷の張り具合は比較的予想しやすいと思いますが、今回は大変ラッキーでした。最初、候補地は4箇所もありましたが最終的に絞り込んだ次第です。どれも条件でそれぞれ長点難点があり、中奥もまだ奥の方はまだだったのでこれに決めました。
現場では、地形を確かめながら一歩一歩前進でした。川上村は比較的近いわりに温泉や自然の良い場所が多いですよね。計画いたしましょう。

素晴らしい氷瀑

これは見事に氷結していますね。
まったく水が流れてないように見えますし、アイスクライミングすらできそうです。
末広がりな雪と氷から突き出すような感じをとらえたお写真も素晴らしく、すぐにでも行ってみたい気になってきます。
ところで林道の状態はいかがでしたか。半左衛門谷付近まで車で入れたのでしょうか?

氷点下の造形美!

寒がりの私は冬の大峰を知りません。
氷点下の沢の光景は実に美しいですね~
中奥川も冬以外には何度も行きましたが、氷瀑は圧巻ですね!
しかし道中が大変そうです。
また暖かくなったら沢にご一緒させて下さいね。
今は花粉症との戦いです。
5月連休頃には症状が治まります。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。