スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白倉又谷・・・again

前回は初冬間近の雨でした。
今回は大台リハビリを兼ねて歩き始めました。

shirakura_2009sm_0.jpg

(白倉又大滝30+10mの上部)
白倉又の奥にある大滝です。ナノクリでも厳しい条件でした。

shirakura_2009sm_1.jpg


説明写真ですが、途中の馬の鞍谷出合滝(15m)です。形が良いだけにライティングが・・・^^:

shirakura_2009sm_3.jpg


白倉又谷は湧水が多い幽邃峡で、是非とも泳いで見たくなる水の美しさでした。
そういえばキャニオニングパーティも入渓してました。
(湧水滝)

shirakura_2009sm_4.jpg


一番最後に周った、下流ゴルジュ中の2段滝(15m)です。実物は大変素晴らしいですぞ。
左岸から支流の滝が流れ込み、暫くは興奮するくらいいい環境でした。
ここまでのアプローチはデジマンさんの先導でしたが、ゴルジュ上の崖にビビリながらも行くだけの価値は十分ある素晴らしい場所でした。(感謝!)
白倉又は良いです。黒石よりお気に入りになりました。

shirakura_2009sm_2.jpg


【雑感】
2ヶ月ほどブランクしたために、登山靴にはクモの巣が張ってました(笑)。
大台復帰へと来ましたが、意外な水量の多さに驚かされます。
見所の大滝も良いですが、途中にあるゴルジュの滝は素晴らしいの一言です。
それぞれに美しい釜と、豊かで綺麗な水が見ものです。
水が透明なのは、支流から大台の湧水がこんこんと流れ込んで入るからでしょう。
渇水期にこの様子は珍しいと言えるでしょう。
短い谷ですが、写真材料としては興味が新たになりました。

コメントの投稿

非公開コメント

RE:沢への復帰

ヒロさん☆
やはりブランクが空くと、なんだか自信がないというか怖くなりますね。
少しずつでも良いから継続したいものです。
また先々の山行きではよろしくお願いしますね。

沢への復帰

体調の方も良くなっておられる様子、何よりです。また近いうちにご一緒できそうですね。
ところで、さすがにナノクリでも条件によっては厳しいということですね。それは当然なことですが、ユーザーの欲求は止まることを知りませんね。レンズもどこまで進化するのでしょうか・・・

RE:美しいです

パンダさん☆
いつもながらアグレッシブに計画を練っておられるご様子、凄いですね。
白倉又、黒倉又そして釜之公、今回見方が変わりました。淵が続く綺麗な沢ってやはりいいですね。ゴーロで埋まった谷は写真としてやはり面白くないです。

RE:迫力ありますね

YHさん☆
本流の本沢川の水量は確かに少なかったので、期待してなかったですが谷に入ると少なくとも2箇所の支流からこんこんと湧き水が出ております。地下水なので冷たくておいしいですよ。

RE:お疲れ様でした。

デジマンさん☆
こちらこそありがとうございます。
二段滝は大変印象的でした。
>この谷は、もう一度滝探しにチャレンジしても良い所ですね。
是非ともまたご同行くださいませ。大台はやはり奥深いですね。

美しいです

ゴルジュの中に入りましたね。
ピーカンで厳しそうな条件のようですが、水量豊かな流れが美しいですね。

白倉又ゴルジュは、ずっと狙っているのですが、下流の15m前で泳ぎが必要、2段15mの突破はかなり難儀そう、3段25mにはとても近付けない等でまだ行きあぐねています。2段15mの下段を登ると支流の滝とあわせて見事らしいです。

戸倉や釜ノ公のゴルジュの突破も検討課題ですが、厳しそうです。

迫力ありますね~!雨はそれほどでもないでしょうに不思議なくらい水がありますね。周りの環境もよさげで。楽しかったと思います。復帰戦お疲れさまでした!

お疲れ様でした。

白倉又谷、久々のご同行ありがとうございました。
ちょっとした沢歩きや滝探しなど楽しい一日でしたね。
湧滝と二段滝は絵になる被写体でなかなか良かったですね。
ヤバイ所は自重と思っていましたが二段滝を見るとGo!でした。(笑)
この谷は、もう一度滝探しにチャレンジしても良い所ですね。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。