スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国最高峰、石鎚山を歩く

久しぶりの稜線散歩です。
でも本格的なシーズンからはまだ早い・・・

isiduchi_2009_0.jpg

北のトラバース道から見上げた石鎚山東稜。雪渓が残っている。

isiduchi_2009_2.jpg


山頂小屋から最高点の天狗岳ピークを眺める・・・想像よりずっと近かった

isiduchi_2009_3.jpg


天狗岳の上から西の稜線を眺める・・・遥かに笹原が続く

isiduchi_2009_7.jpg


空には雲が・・・季節風が直接当たる山頂は夏霧が多いそうです。

isiduchi_2009_1.jpg


往路では凍っていた雪が融け始めた・・・滝ができている

isiduchi_2009_8.jpg


今回、雪渓の通過などサポートしていただいたお二人、感謝!

isiduchi_2009_9.jpg


お礼に愛媛の2滝に案内させて頂きました。
まずは唐岬ノ滝

isiduchi_2009_a.jpg


次は白猪ノ滝、この滝は冬凍結します。

isiduchi_2009_b.jpg



【撮影雑感】
石鎚スカイライン経由で、土小屋から登りました。素晴らしい稜線でした。
山頂付近は4月でもまだ雪が降るそうです。
その雪が日中の強い日差しで融けると、沢の水音とともに稜線直下に滝を落とします。
何本もある雪渓の通過でだいぶ冷や汗をかきましたが、お二人が居たおかげで無事でした。
雪渓の下が融け始めて、太ももまでめり込むこともありました。
この後なんだかお互い去り難い気持ちになって、急遽黒森峠直下にある2滝に行くこととなりました。
お父さんは、非常に博識で地質や気候に精通されていました。説明を受けたお蔭でずいぶん四国の山が身近に感じられた次第です。感謝!
機会があれば再度、御来光なども含め訪れたい場所です。
尚、事前の滝情報は愛媛のseisan氏のHPで確認しました。感謝!

撮影は、全て一脚か手持ち、レンズは毎度のTOKINA ATX124-PRO、NIKON AF-S 24-70です。


コメントの投稿

非公開コメント

RE:遠~い昔の事です

tatsuoさん☆

いい旅をされましたね。瓶ヶ森は石鎚から見ると笹原が素敵でした。稜線もいつかゆっくり歩きたいです。

遠~い昔の事です

学生時代に石鎚から瓶ヶ森まで縦走した事があります。
今でも石鎚と聞くと当時の事を思い出します。

RE:四国最高峰

YHさん☆
弥山の川合からの登りは頂上が展望できる位置までが非常に長いですよね。それに比べれば、土小屋から登りは最初から稜線のラインが展望できて精神的には救われます。
>高さは散歩
実質的な登りが500m弱なので非常に楽しました。雪渓はビビリですが(笑

四国最高峰だけあって存在感ばっちりですね。天界というイメージ。高さから1度だけ奈良の弥山に登った時を思い出してしまいました。兎に角きつかった・・・。ふぇるめーるさんはこのくらいの高さは散歩。。。なのですね~。

RE:石鎚山

ヒロさん☆
笹原と岩稜は確かに四国一だと思います。全体を縦走できるらしく、路が遥か遠くまで見通せました。
ほとんど原生林というのもありがたい限りです。ブナよりは針葉樹が目立ちました。

RE:ワァ~尖がってる

たかっさん☆
ピークは狭く、10人くらいしか立てない感じでした。
てっぺんからは特に北方の崖が爽快でして、すっぱり100mはありそうです。天狗岳の向こうにも南尖なる岩稜がありました。

RE:憧れ~の

そうるさん☆
笹原は、東方の瓶ヶ森と西稜線が特に目立ちました。
なんせ最後の日曜日で日帰りではもったいなく、行くなら一泊はしたいですよね。
唐岬や白猪は愛媛では結構知られており、なるほどと思いました。

石鎚山

私はまだ登ったことがありませんが
名高い山で、いつかは登ってみたい山です。
素晴らしい山容ですね~
雲も素晴らしい!

ワァ~尖がってる尖がってる。
山頂までの稜線、恐そうですね!
てっぺんからの景色は凄いんでしょうね!
天狗岳、行きたい山なんですが和歌山からは遠すぎて(泣)です。

憧れ~の

まいどです!
笹原の稜線とそらの青が美しいですねー。
ばかデカイたけのこの上はメッチャ怖そうです。
踏み抜いたら太ももまでズッポリちゅうのも怖いモンありますね。
無事のご帰還おめでとうございます。
3段に落ちる唐岬ノ滝がまた見事です。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。