帝釈峡散策・・・晩秋を惜しんで

一体私の紅葉狩はどこまで続くと思いながら、帝釈峡へ4人で向かいました。
紅葉ってあんまり得意じゃないですが、それでもこの時期は何かそわそわ落ち着きません^^;


shimotaishaku_2008a_0.jpg

(下帝釈峡にて)
メンバーは2名のKさん、Nさんです。ご同行感謝します!他の3人には殆ど私の趣味で申し訳ありません。しかし写真撮りとして普通に観光ポイントだけ回るのは我慢できないです。
尚、この場所はヨックモックさんのブログよりご紹介頂けました。また偶然居合わせた家族連れの方に詳細にルートをご説明頂きました(感謝!)

以下は説明写真ぽくなりますが、全体像です。
帝釈峡とは古代の石灰岩地層が長年の侵食で深い谷になって生じたものです。その結果周囲の岩壁は、ロッククライミングの適地になるような切り立った断崖でした。
ここは地元の人が来る穴場名所でこの時期でも車3台程しか止まっておりません。

shimotaishaku_2008a_9.jpg


---ここから下は、中帝釈峡(神龍湖畔、県道25号線沿い)です。観光バスも訪れる賑わいでした。
この近くにはスコラ高原もあって名物のシャモカレーを頂きました。

shimotaishaku_2008a_1.jpg



shimotaishaku_2008a_2.jpg



shimotaishaku_2008a_3.jpg



shimotaishaku_2008a_4.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

RE:素晴らしい写真

ヨックモックさん☆

ようこそお越しくださいました。ヨックモックさんにこの景観を推薦して頂いたお陰です。ありがとうございます。鍾乳洞も気になりましたが、流石に150mの落差の谷底へは降りることはできませんでしたが、新緑も楽しみにしております。ここは、日本のグランドキャニオンですね!

素晴らしい写真ですね

よく解りましたね、ここが。真下に幻の洞窟が有ります、そこへ機材を運ぶ為の場所でしょうね
それにしても、美しく撮って頂きありがとうございました
新緑の頃も美しい顔をしますので、また撮ってやってくださいね

RE:素晴らしい景観

ヒロさん☆

もうそろそろ紅葉も平地を除けば最終段階ですね。寂しいような気分です。
>ナノクリ24-70mm
レンズになじむ為に積極的に活用しております。
カメラボディは確かに乱立?気味というか世代交代が早すぎて落ち着かないですね。
管理人も1200-1600万画素以上だとブレと言う意味で本来の性能を発揮することが難しいなぁと思っております。D700は興味があります。

RE:こんな綺麗

たかっさん☆
だいぶ、ピークを過ぎてはおりますが地形的に独特なので四季を通じて楽しめそうです。
地元の方が、広島の大蛇グラやと仰せでした。

素晴らしい景観

いつもの谷とは一味違う景観って感じがしますね。しかし、がんがん紅葉撮りに行かれてますね。各地の紅葉が拝見できて楽しいです。
最近はやはりナノクリ24-70mmの使用頻度が高いですか? ATX124Pro、ナノクリ24-70mm、VR70-300mm、12mmから300mmまで途切れることなく揃えておられますから、あらゆるシーンに対応できますね。あとはカメラボディーですが、いい加減安定期に入って欲しいですね。そろそろ一生もんのボディーが欲しいです。進化のスピードが速くついていけません。高画素は望まないのでD3、D700で良いとは思うのですが・・・

もうマイリマシタ!
こんな綺麗なところあるんですね。穴場名所ですか?いいなぁ~
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる