スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯称庵跡で紅葉と思いきや・・・・

ロケハン目的で立ち寄った毛利元就の旧居城にて戦国祭りの情報を得た私たち一行は急遽元就の次男吉川元春の屋敷跡でイベントに遭遇しました。

yokawa_2008_au0.jpg

鉄砲隊の皆様の演武です。構えぃー!

yokawa_2008_au1.jpg


撃てぃー!黒備えSamuraiの砲列

yokawa_2008_au2.jpg


1/125秒F5.6 70mmISO100です。砲烈の火花が見えます。
火花を派手に見せるには1/10秒ぐらいがいいですが、発砲のタイミングを掴むのは難しく、レリーズラグを考慮して行う必要があります。長すぎると砲身の動体ぶれがあります。

yokawa_2008_au3.jpg


これは二段重ねの体制

yokawa_2008_au4.jpg


吉川元春旧屋敷は、礎石が残っておりその一部(台所屋)が地元により復元されていました。ここでは昔ながらの土釜が復元されており実際に煮物や戦国時代の食べ物も作られていました。
いやー、日本食ってヘルシーで良いです。国産食材の消費の割合をもっと増やすべきですね。
因みに、私たちは祭りの最後に参加したので名物の吉川雑煮を食べ損ないました(くやしいぃ~!)

yokawa_2008_au5.jpg


途中で立ち寄った唯称庵跡です。
庵主が京都より取り寄せたというモミジの樹が主の居ない庭で年季を経て巨木になっておりました。

yokawa_2008_au6.jpg



yokawa_2008_au8.jpg



【雑感】
当日は雨ですが、2名のK氏にお付き合い頂きました。(感謝!)
紅葉はまだ始まりで、次の目的地吉田歴史民族資料館を訪れました。
雨にへこまずロケハンは豆に回るものですね。
ラッキーおやぢ3名の幸運度全開で、当地初めての鉄砲イベント情報を偶然拝見!
イベントを開催された、地元の皆様、岩国から来られた鉄砲隊の皆様、ありがとうございます。
きっと皆様方にも良いことがありますように。
唯称庵跡、吉田歴史民族資料館、元春旧館跡(戦国祭)を回り、歴史堪能の一日となりました。
フォトグラファは雨ごときに負けてはなりませぬ。

コメントの投稿

非公開コメント

RE:いけそうですか~!

YHさん☆
私は短筒にしときますよ(笑)
一説によると、鉄砲が伝わった後日本で改良が為され以後東南アジアに輸出されたようです。
造っているところも拝見したいですね。

いけそうですか~!絶対やりたいですね。ちなみに私は無鉄砲(笑)かも。うーんお女中より絶対かっこいいですよね。ふぇるめーるさんの凛々しいお姿も見たいものです☆

Re:うわ~!かっこいい

YHさん☆
こんばんは!
30丁同時発射は、ドギモものでした。
砲手の中には女性が3人もおられYHさんならいけると思うのです。具足も鉄砲も保障付きの本物で古式銃専門家にメンテされるそうですね。管理人は、反動に驚き多分味方の足を撃ってしまうかも(笑)

RE:ゲホゲホゲホ

さらんさん☆
こんばんは!
うぁーん、煙に弱い管理人はおそらく火縄を濡らしてしまい、鉄砲隊組頭にどえらいどやされたことでしょう(笑)
戦国の世にうまれず良かった^^;

うわ~!かっこいい!鉄砲隊◎是非私も参加したいですね~!歴史モノって大好きなのですよ。もうどっぷり浸かりそうです。
ふぇるめーるさん一緒にやりましょ!(笑)

ゲホゲホゲホ

鉄砲を撃った後
きっと兵隊さんはこうなったと思います

ゲホゲホゲホ

でも鉄砲を手放すわけには行かなくて
ハナミズ( ̄ ̄ii ̄ ̄)垂らしちゃうんです

(*^m^*)ぷぷっ♪ 何と言う発想

RE:鉄砲隊

ヒロさん☆
こんばんは
>こういう撮影もカメラの設定が難しいですね。そして何よりタイミングが・・・

今回は失敗が多いです。
撮れたのは2動作だけなのですが、色々考えさせられた被写体でした。撮り方のアイディアも浮かびましたので次回は楽しみです。

>人間の素晴らしさを
なんていうか郷土史を学ぶうちに実際やってみたくなったって感じが伝わります。
歴史は机で勉強するより体験的に実際やってみろってコトなんでしょうか。写真もおんなじですね。失敗にせよ成功にせよ撮ること自体に意味があるような気がしました。
関西でも同じようなイベントないかな。

鉄砲隊

迫力ありますね~
画像では火花と煙ですが、現場では音が凄いでしょうね。こういう撮影もカメラの設定が難しいですね。そして何よりタイミングが・・・
今回は歴史を感じながらの撮影だったようですね。モミジの巨木も年月の流れを感じさせますね。
人の気配の無い沢に入ると太古の世界に舞い戻ったかのような錯覚をしますし、人々の営みの痕跡を感じるところに行くと人間の素晴らしさを感じます。どこに行っても被写体には事欠きませんね。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。