スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名峡を散策のつもりが・・・中ノ川より

大峰西部を流れる旭ノ川の大きな支流のひとつに中ノ川があります。全国的に渓流が水不足のおり、適水量を期待してのんびりと写真ツアーをする予定でしたが


nakanokwa_2008sm_0.jpg

極楽滝
入渓するなり、何箇所かでアクアステルス底の靴がコケで滑りました(笑)やっぱりコケは苦手なようです。なんかや~な予感がします!
極楽滝を目指す途中で6m滝と地獄滝があります。(参考)
この滝を左岸から登りました。上は予想とは反して、更に滝壺があり、右岸に渡らないと先に進めません。左に滝、右に上流の滝壺の花道(滝の落口)を震えながら通過しました(汗;)
ヒロさんにロープを張って頂き、まあ何とか通過(感謝)しかし増水してたらステルスでは怖いかも!

nakanokwa_2008sm_9.jpg

6m滝

その直ぐ後に、地獄滝があります。
名前の通り、切り立った岩に囲まれた要塞のような岩間に滝が見えます。
地形から鑑みると大水に際しては水が滝前の岩を乗り越えるのでしょう。

nakanokwa_2008sm_1.jpg


2段滝になっている様子は、高巻き道から確認できました。現場では滝を岩越に見る感じです。
高巻きルートはパウっとんちゃんさんのブログで事前情報を頂きました(感謝)

nakanokwa_2008sm_2.jpg


高巻きを終えると、目指す極楽滝でした。

nakanokwa_2008sm_3.jpg


ここまでの道のりは結構たいへんだったなぁ。

nakanokwa_2008sm_4.jpg



【反省会】
和やかなフォトツアーのつもりで余裕の計画のはず(笑)でしたが、最初からつまずきました。
まず6M滝です。ステルスで最初滑り、6m滝では、もしも滝の落ち口がヌルヌルだったら悲劇かもという危惧で心理的に体がこわばりました。結局はそれ程ヌルヌルが無かったのと残置ハーケン+ロープのお陰で、進めました。しかし一人では止めときましょう。

地獄滝→極楽滝の右岸の大高巻きはまあ比較的良かったですが、帰り道の登山道は地図上の場所にはありませんでした。
辿り付いた登山道は地図上の更に標高差100m以上の上にあり、急斜面をを避けて上りながらやっとたどり着きました。
滝メグラーや写真撮りの方で登山道からアプローチされる方は、まずまともな降りる道が無いことをご承知置き下さい。しかも周囲がに囲まれている為、無理は禁物ですし登山道アプローチでは崖の上に出る可能性もあります。
6m滝をパスして左岸を高巻きも出来るそうですが、今回は通過しませんでした。
同行頂いた、デジマンさん、ヒロさんには申し訳ありません(反省+感謝)。

コメントの投稿

非公開コメント

RE:読んだだけでコワ~

ソウルさん☆

今年は雨が少ないですが、サイクリングには適ですねぇ。
ここは害虫も少なく快適でした。いあ~その~あたた~ちとこわいねんです(笑)
>怪我
ホントそうです。次回からもっと念入りにコースは調べたいです。安全第一!

読んだだけでコワ~

まいどです!
ほんと一枚目の写真は躍動感に溢れてますねー。
いつもながらの綺麗さに惚れぼれします。
あ、写真にですよ、私はそういう趣味はありません。(笑)
でもくれぐれも怪我だけには注意して下さいね。

RE:いつもいつも綺麗な滝

たかっさん☆
>これからも気を付けて
そうですね!
被写体としては逃げていきません(笑)のでこれからは安全対策にも力を入れてじっくり取り組みたいです。
近場のいい場所も取り混ぜてロケしたいと思います。

イヤァ~いつもいつも綺麗な滝を見させてもらってますが、かなりサバイバルされてるのが良く分かりました(感謝)。これからも気を付けてドンドン色んな滝をみせてくださいね(笑
ホント、無理だけはしないで下さいよ!

RE:流石・・・!

YHさん☆

今回は全く付いていくだけでした。あそこでロープが無かったとしたらドットします(笑)
ヒロさんがルートを作られて、デジマンさんが渡った後で最後に恐々渡りました。
今回は皆さんのお陰です。
確かに日が短いですね。当日は釣人が多かったです。

RE:ご無沙汰です

tatsuoさん☆
こちらこそ先日は色々教えて頂きました。
地獄いいとこ一度はおいで~♪という悪魔君の歌にありますが、私にとっては瞬間ホンマ地獄でした(笑)

>片道1時間以内
同感です。それくらいが余裕を持って撮影に専念できていい作品になるでしょう。
こちらこそ是非一度ご一緒ください。

RE:三脚とデジ一眼っすか?

Fontainさん☆
今回は、おかげさまで右岸高巻き、正解でした。地獄滝が上から綺麗に見えました。しかし崖上なので撮影できなかったのが残念です。
いい風景でした。

>もし三脚お使いなら どのようなものを?カメラの防水は?!

三脚はベルボン/ネオカルマーニュ740を使ってます。450mm相当までのレンズを使います。沢用としては同シリーズ540、640や中型アルミ三脚の方が取り回しが楽なようです。経験上、滝の写真では12mmから150mmまでがあれば殆ど中型三脚で対応可能です。
雲台はブッシュに引っかかりにくい自由雲台が楽です。

防水は、緩衝材ごとビニール袋に入れ2重に包みます。カメラが濡れますので中にカメラ用乾燥剤を入れてます。一般用乾燥剤は塩化カルシウムなので錆の原因になり返って入れない方がいいでしょう。

RE:お疲れ様でした!

デジマンさん☆
ごめんなさい!
どうも今回コースの読みも甘かったです。もう大甘です。普通なら6m滝前で完全防水するはずでした。ヌルヌルもいざと言う時はタワシでゴシゴシ除去できますから、ステルスでもなんら問題なく渡渉出来たはずです。
(釜之公の時はタワシも持ってました)

運転と帰り道の先導だいぶお疲れのこととお察しいたします。
>場違い
私も、一番ヘタレてました(笑)。皆様から勇気を頂きました。渡渉している様子を写真に収めたかったです。
これに懲りず今後もお付き合いください。次回はもっと短時間コースに致しましょう。

RE:中ノ川遡行

ヒロさん☆

今回無事帰ってこれたのは、本当にヒロさんのお陰ですね。まったく予想外のコースでしたが、いい勉強させていただきました。
沢屋さんたちの苦労の片鱗だけでも体験できたのはいい経験です。

それからザイルは今後どんなに簡単な沢でも携帯しますね。既に30m準備いたしました。
ここは思ったより深い谷でした。流木も無く水も豊かで自然林が素晴らしかったです。

>1枚目は動きがあっていい感じです。
ありがとうございます。ここは意識して撮りました。直瀑写真はどうしても単調になりがちなので横の動きを加えてみました。
4時間半で帰ろうと思っていた自分が今恥ずかしいです(笑)
今後ももそっと楽なコースでお付き合いいただければ嬉しいです。

流石・・・!私は2年前入り口で退散していますよ(涙)流石ふぇるめーるさんヒロさんデジマンさんですね♪それにしても日が落ちるのが早くなったので帰る時間は早いほうがいいですね。

ご無沙汰です

ご無沙汰です
地獄、極楽の画像を見たのは初めてです。
秘境の雰囲気が漂ってますね~
片道1時間以内、トレシュー程度で行ける所だったら
一度ご一緒させて頂きたいですね^^

三脚とデジ一眼っすか?すばらしい写真っすね。もし三脚お使いなら どのようなものを?カメラの防水は?!?!わたいも いい写真を撮ってみたいです。

お疲れ様でした!

ふぇるめーるさん 大変お疲れ様でした。
中ノ川ってこんなにも厳しい(場違い?)とは思いませんでした。
完全な沢の世界って感じで、行けたのはヒロさんのお陰ですね。
どの写真も広角の威力で遠近感があって素晴らしいですね。
私のはアップを躊躇うほど出来が悪いです。

中ノ川遡行

ふぇるめーるさん、お疲れ様でした!
なかなかハードでしたが距離こそ短いものの、本格的なな沢登りでしたね。(笑)
山歩きでの滝撮りくらいの感じでおりましたので、思いがけず沢を楽しめて良かったです。沢シーズンもあとわずかですしね。そういう意味では良かったです。ザイルは持参して良かったです。どんなに簡単な沢でも、緊急用に1本は必要ですね。沢屋さんが言ってましたが、ザイルは8mmを30m持っていけばシングルでは厳しいがダブルで使って大抵の場所はなんとかなると・・・
懸垂ではなくトラバース時の補助なら8mmシングルでも使えますからね。30mmあれば何とかなりそうです。それに8mmなら軽いし。

ところでお写真、素晴らしいですね!
1枚目は動きがあっていい感じです。6枚目も水の透明感が出ていて良いですね~
色も派手すぎず自然な発色ですごく良いと思います。私はこんなに巧く撮れませんでした。(笑)
またオフしましょうね!
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。