スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑い夏の長~い一日

宇無ノ川奥地(レンゲ谷)への旅
大峰の七面山、仏生ヶ岳、釈迦ヶ岳の西面を静かに流れる宇無ノ川は緩やかな川が流れが聳え立つ秘境です。今回は、川の中を歩きました。

umunokawa__2008sm_0.jpg

(白藤滝40m)
宇無ノ川に沿っている廃道化した林道の終わりに赤滝があります。

umunokawa__2008sm_0.jpg


赤滝の少し先に川に直接注ぐ滝があります。ここはパンダさんに事前情報を頂きました。
赤滝よりこっちの方がよっぽど赤いと思うのは私だけでしょうか(笑)

umunokawa__2008sm_2.jpg


壊れた廃屋の道から沢に下りて暫く本流を歩きます。2m+6m滝です。(上ノ桶側滝)
途中腰まで浸かる淵がありました。冷たくて夏向き(笑)です。

umunokawa__2008sm_3.jpg


滝を越えて前方の空を見上げれば、七面山の400m大絶壁が見えました。この絶壁の頂上へは、山の向こう側舟ノ川上流から登れます。(七面山頂上付近)
ここからが長い。いやになるくらい沢を歩き、大きな支流(片口谷)の分岐を過ぎて未だ歩き続けます。

umunokawa__2008sm_4.jpg


右岸に、珍しい滝が。

umunokawa__2008sm_5.jpg


名前は雨滝、その名の通り年中雨のように滴っています。

umunokawa__2008sm_6.jpg


裏見の出来る滝では奈良県で3本目の体験です。滝の裏側に入ろうとすると夕立のようなシャワーに思わず歓声です。他の裏見の出来る滝は、岩屋谷雌滝、向流谷白傘滝です。
この滝は30mあるそうですが、上の状況は良く見えませんでした。

umunokawa__2008sm_a.jpg


雨滝を過ぎて直ぐにある白藤滝。40mはありそうな感じです。本日の最終目的地、今まであんまり写真を見かけることはありませんでした。それだけにどうしても見たかった滝です。

umunokawa__2008sm_7.jpg



umunokawa__2008sm_8.jpg



【雑感】
今回は、デジマンさんと念願だった宇無ノ川上流から七面山が見える場所まで行けました。感謝です。
沢情報も、ヒロさん、DOPPOさん等の情報があり、スムーズでした。
沢自体は、巻きもある長いコースですが、自然の見所が多いと思います。
この季節蛇が多いですのでそこだけはご注意下さい。

滝自体は、どれも美瀑布でした。暑い日で結構ばてばてですが、夏こそ水の中をジャブジャブが良いですね。因みにこの日にここに入った人間は私たち二人のみ、非常に静謐そのもの。

コメントの投稿

非公開コメント

RE:すばらしい滝ですね

hiroさん☆
>どの滝もみごたへありますね
アプローチが長いせいか、今まで余り注目されていなかった滝ですが、かなり良かったです。出来ればもっと上流も行きたかったですが日帰りで限界でした。この滝はお勧めできます。
>ふぇるめーる
HNですが、尊敬する画家にあやかったものです。光と陰をテーマとする場合、大変気になる存在でした。まあ管理人も、ブッシュを掻き分ける元山男です^^最近はアルプスも遠のきました。

すばらしい滝ですね

どの滝もみごたへありますね
涼しげな風が吹き抜けるようです
最後の写真なんて本当にシャワーを浴びているような感じですね

私は何処で勘違いしていたのか、ふぇるめーるさんって女性の方とばかり思っていましたが男性の方だったのですね(^▽^;)

RE:涼しそう~~~

さらんさん☆
ありがとうございます。
>この滝を登ったのですか?
 この滝を滑りそうになり、ツボに嵌りかけました(笑)
昼ごろともなりますと、足がくたびれてどうにもこうにももつれることしきりです^^;
登るのは沢屋さんたちの領域ですわ。

涼しそう~~~

やっぱり ふぇるめーるさんは滝ですね

この滝を登ったのですか?
 o(*^▽^*)o~♪

RE:変お疲れ様でした!

デジマンさん☆
運転お疲れ様でした。又今回もお世話になりました。早朝起きは正解でしたね。
謎の白藤滝との遭遇と下から見上げた七面山大南壁も圧巻でした。
帰りは確かに日射が強く暑さばてのようです。
地形的には見所満載の谷でおかげさまで楽しかったです。

RE:夕立のようなシャワー

たかっさん☆
ありがとうございます。
裏見の場所は泥斜面でこけそうになりました(笑)この滝は旨い具合に水が分散しており、カーテン状に落ちてました。
水がもうちょっと冷たいなら飲み物をデポしておいてググっというのも良いかも^^

RE:清涼剤

ソウルさん☆
ありがとうございます。
本と暑いですね。水浴びで涼しさを求めましたが、確かに距離はありました。

>倍疲れるのじゃないですか?
確かに速度は遅いです。今回は最後の滝が良かった為そこで疲れもだいぶ安らぎました。
しかし大峰はまだまだ知らない滝がありますね。

RE:赤滝

パンダさん☆
その後体調は如何でしょうか。ご自愛下さいませ。
こちらこそいつもありがとうございます。
>直接注ぐ支流の滝という理解でよいですか?

雨滝は本流の右岸直ぐ傍です。白藤も直ぐ上流にある支流で入って直ぐです^^
赤滝の謎が深まりましたね。下の赤滝のほうが落差もありますし。

大変お疲れ様でした!

暑い中のハードな滝めぐりでしたね。
目的の白藤滝は素晴らしい美瀑で、苦労して行った甲斐がありましたね。
写真は、どれも美しく撮影出来ていますが、1と6の写真が特に気に入りました。
バテ気味の様でしたのが、暑さ対策として、帽子を被って頂ければ幸いです。

夕立のようなシャワー

毎日暑い日が続きクタクタで~す!夕立のようなシャワーとても気持ち良かったでしょう。写真見てるだけで涼しく感じました。
ふぇるめーるさんの写真をつまみに、ビールで乾杯で~す。

清涼剤

まいどです!
毎日イヤになるぐらい暑いですねー。
家に帰ってクーラーに当たりながら
ふぇるめーるさんの写真を見ると爽快な気持ちになれます。
普通に歩くだけでも疲れるのに川を歩くと
倍疲れるのじゃないですか?
いい写真を撮るには努力が必要なんですね。

赤滝

お疲れさまでした。
宇無ノ川奥地、雨滝も白藤滝もはじめて見ました。
美しい写真ありがとうございます。
宇無ノ川は、奥まで開けた明るい渓相という感じですね。
両滝は、宇無ノ川右岸壁から直接注ぐ支流の滝という理解でよいですか?
それから赤滝ですけど、ひょっとして廃林道沿いではなく、下の滝が本当の赤滝かもと思うのですが…

RE:滝ー

Fontaineさん☆
ありがとうございます。
>最後の写真の滝の後はピストンで下山ですか?
その通りです^^体力、技術、テントもありませんのでトンボ帰りです(笑)
Fontaineさんレベルで登っていけるなら更に楽しみが増えそうですね。源流域はスゴスギのが聳えており、絶景ですね!七面山は関西のエルキャピタンです。

RE:お疲れ様でした!

ヒロさん☆
ありがとうございます。
>お疲れ様でした。
2回ほどこけて淵にはまりかけました(笑)
好天は気分が開放的で良いですね。
日当たりのいい谷でした。
水の美しさでは、前鬼に次いで素晴らしいと思います。おたまじゃくしも多かったです^^

滝ー

ほんま ええ写真っすね。最後の写真の滝の後はピストンで下山ですか?

お疲れ様でした!

晴天で快適な沢歩きができたようですね。
小雨混じりも撮影には良いですが、快適さを考えると晴天の沢が好きです。(笑)
結構、高巻きも必要だったと思います。
お疲れ様でした。
どのお写真も美しく撮れていますね。
夏の沢の雰囲気がよく出ていますね!
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。