犬戻峡(寂地山の渓流から)

梅雨の鬱陶しいこのごろ、出発の朝は小雨でした。
目指すは山口県の最高峰寂地山(1339m)の直下にある犬戻峡です。
犬戻の滝など見所がいっぱいの場所ですが、びしょぬれでした。

torelli/inumodosi_2008sm_0.jpg

犬戻の滝(tokina AT-X124PRO DX 12mm F9 ISO100)

torelli/inumodosi_2008sm_1.jpg



torelli/inumodosi_2008sm_3.jpg



【撮影雑感】
山口県の沢に入ったのは初めてですが、広島や島根に負けないいい雰囲気でした。
沢には下流に竜神の滝などもあり、穏やかなナメ床が続く場所でした。

今回は日ごろお付き合い頂いている二名のKさんに無理やり(笑)ご同行頂きました。感謝!
これに懲りずお付き合いの程を^^;)>

さて渓流というものは雨の時期もなかなか緑も岩も綺麗だなと思います。
しかし、雨の中の撮影は大変困難ですねぇ。雨グッズの充実が不可欠でしょう。
場所は、山陽自動車道、吉和IC.から車で25分程の場所です。
奈良の滝と違ってやはり道や看板、休憩所など随所の充実ぶりには感心!まあ、別に奈良の滝は今更観光行政でがちゃがちゃするより不便な山道そのままでも良いかなと思っております。

コメントの投稿

非公開コメント

RE:ブナ林があるとは

YHさん♪
ブナ林は特に広島県と山口、島根の3県の県境に多いです。(広島市から見て北西)
ここも多分黄葉も凄いんだろうなと思います。(以前奈良の大普賢岳の黄葉ではウルウル感動でした。(笑)
高速代も馬鹿になりませんので通勤割引を常用しております。公共交通機関も余り期待できませんのでできるだけ仲間で写真仲間でシェアしております。将来的にはバイクかも^^;

ブナ林があるとは素敵~ですね!ブナが一生懸命水を溜めてくれて水量も豊富で生き物も沢山なんでしょうね。ブナは森のお母さんですね。
ガソリン代はめちゃめちゃ痛いです。奈良に行くと瀕死になります(涙)名阪はほぼ80㌔~100㌔で出来るだけ押さえて走ってますが名阪って変化のない道だしほとんど寝ずになので帰りは何度か寝てしまいます。気をつけなきゃ!と思っていますが恐いです。乗用車は以前に比べて半分以下ではないでしょうか。よく見かけたなにわナンバーなんてほとんど見かけません。

RE:雨の滝も良いかも

デジマンさん♪
二の滝の写真絶品でしたね。あんな風になるとは思いもよりませんでした。
ここは、山口県の滝100選(五龍の滝)から車で5分のところです。手前にも竜神の滝というなかなかいい滝がありますが、雨中につき登山道から谷底へ降りるという無理は他府県ではしませんでした(笑)

雨の滝も良いかも

雨に濡れた岩肌のしっとりとした感じが良いですね。
特に2枚目の写真が遠近感が出て素晴らしいですよ!
私も一昨日の滝めぐりで、最後に傘をさして撮影しましたが、
水滴が付いて大半ボツで、雨中の撮影の難しさを感じました。

RE:こんにちわ♪

FSKさん♪
こんばんわ
2枚目は、だいぶ地元の先達さんたちの写真に影響されたのかな。確かに二段ある滝と比較的広い滝前の空間までは独特でした。大峰だと足場がかなり危なかったりで、大変ですがここはゆったりアングルが選べます。
梅雨期は、水量のおまけがうれしいです。

こんにちわ♪
雨の中での撮影、お疲れ様でした^^
岩肌も滑りやすくて、大変だったでしょうね。

2枚目の全体像が見られる写真、これが好きです。
連続する流れがいいですね☆

RE:かっこいい!

YHさん♪
おはようございます

管理人も最初ビニール袋で防水しておりましたが、結局この日はタオルでした。
フィルターを拭くのにも良さげですね(笑)
この滝は、山岳ガイド(中国地方の山100選)で気に入ったので行って見ました。
山を3つ越えた島根県県境にも奥匹見峡があり、残された貴重な自然の渓流があるようです。
県境にかろうじて生き残った貴重なブナ林が今この辺の自然林の風景を豊かにしています。
しかし、ガソリン代は早く下がってくれないかなぁ。意図的な高騰煽りが無ければ実力70~90ドルが本当のところらしいです。

かっこいい!

かこいい滝ですね。でも雨の日の撮影はホント困りもの~。私も今朝ざざ降りで撮影しましたが面倒なのでシャワーキャップもかけずタオル巻いてでした(汗)自宅に帰って扇風機当てましたよ(笑)蛭がいないところは撮影に集中できていいですよねー。ホント天国です。最近川上方面から遠のいているのは蛭に逢うのを避けているせいかもです(笑)

ヒロさん♪
こんにちは

> 景色自体はすごく美しく写るので、悩ましいところですね。
以前、機材を水でやられた管理人としても雨は苦手なシチュエーションですねぇ。
レインカバーも傘も風のある場所では使えないことも多いですし、悩みどころです。
オリンパスはコンデジでも水没しても大丈夫な機種があるのでそういう点で良いですよね。
ここは不快な茶色のクネクネ害虫が全く居なくて雨の日も安心して撮影に集中できる点では救われました(笑)

山口の沢

なかなか良い渓相ですね。
雨の撮影は機材が心配ですが、景色自体はすごく美しく写るので、悩ましいところですね。雨用グッズを充実させる必要がありますね。カメラ用の雨カバーなんかもあるようですが、結構荷物になります。私はスーパーのレジ袋程度しか持参しませんが(笑) 以前はオリンパスのE-1を使っていたので防滴機能が秀逸で少々の雨ならカメラとレンズむき出しで撮っていてもビクともしませんでしたが、今はニコンのデジタル一眼なので雨対策は欠かせません。
渓中テント泊の山行は増水の心配やいろいろな怖さがありますが、日帰りなら少々の雨の中での撮影も良いですね。人間にとって過酷な状況が、実は自然が一番美しく見える状況なのかも知れませんね。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる