スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大峰前鬼川の滝(三重滝より)

2004年から、久しぶりの前鬼川でした。不動七重ノ滝を遡ること徒歩約2時間余り、三重滝(みがさねのたき)と呼ばれる3本の連瀑布が前鬼川本流に落ちています。全体で落差200mと言われており、修験道の裏行場でもあります。


torelli/migasane_2008sm_2.jpg

(下段の不動滝)
物凄い落差のある不動滝を見上げた時、本当に心が引き締まりました。
行場とは特別な場所のような気がします。
周囲はえぐれたような岩肌の絶壁です。不動滝から上には千手滝、馬頭滝と滝は続きますが道は大きく迂回しおりました。(垢離取場から不動滝への道は不明瞭です)

(中段の千手滝)
千手観世音の滝です。滝の右手中腹にはお堂があります。行場へは、その更に上へと続く鎖場を通って最上段の馬頭滝へと道が続きました。
その道は思わず身が竦むような断崖絶壁の上に作られており、とても見晴らしが良い場所でした。

torelli/migasane_2008sm_0.jpg


(最上段の馬頭滝)
この滝は滝つぼが大きかったです。馬頭観世音の滝です。

torelli/migasane_2008sm_1.jpg


垢離取場という淵の周辺で、ここは大変水が美しい場所です。

torelli/migasane_2008sm_3.jpg


垢離取場と不動滝出合の中間地点は多くの支流、湧き水が流れ込み本当に素晴らしい秘境でした。おそらく水の美しさでは国内屈指ではないでしょうか。

torelli/migasane_2008sm_4.jpg



【撮影後】
本当に水の美しい場所でした。三重滝は、いつか行きたいと思っておりましたが、新緑の季節に行くことができ本当に満足です。同行頂いたデジマンさん、ヒロさんには感謝いたします。
デジマンさんには仮眠する場所までお世話頂きました。

ルートですが、前鬼の宿から裏行場までのルートが使えますので、千手滝までは割合スムーズに行くことができます。前鬼の宿坊の裏手から入ります。
前鬼の宿坊のある里は、昔役ノ行者(役小角)の従者、前鬼が住み着いた場所と言われ四季折々に風情がある場所です。大峰奥駆けの中間地点であり、大日岳、釈迦ヶ岳への登山ルートにもなっております。もともとは修験者の宿ですが、一般客も泊まれます。

【滝について】
もともとが、裏行場として長い歴史があります。滝のある谷はかなりの急斜面で深みのある姿です。
足元も非常に狭い場所を歩きますが、一見の価値はあります。
滑りやすい場所なのでできれば晴天の日を選びたい場所ですね。

コメントの投稿

非公開コメント

K2さん!

こんばんわ、いらっしゃいませ、K2さん。
>デンジャラスで美しい!!
他の人は確かにまじめに全国の有名滝を回ってられますね。管理人は、隙間狙いというかレア滝を目指してます。目立たぬところに面白さがありますね。
>美しく野生的な渓魚を求めて徘徊しております
そちらのHPを拝見しました。お魚ってあんなに綺麗なものだとは知りませんですわ。
前鬼川、確かに素晴らしいと思います。
黒谷出合いから10m滝を経てナメの広がりなど・・・いいですね。管理人もまた行きたくなりました。どうぞ今後とも宜しく。

初めまして。
パンダさん繋がりでお邪魔しました。
滝ウォッチャーの皆さん、凄いですねぇ~、デンジャラスで美しい!!
私は一応「なんちゃって渓流ルアーマン」で、皆さん方の対象フィールドと同じような場所を
美しく野生的な渓魚を求めて徘徊しておりますが、綺麗な渓観を見ると、釣りなどどうでも良く、この場所を見れただけで満足と思える時があります。前鬼は目下一番気になるフィールドで黒谷出合から上は、未だ行けてません。一応、釣り師なので、川通しでの沢登りですが、皆さんのレポートを参考に気合入れて次回トライしてみます。


RE:馬頭滝へのルート

パンダさん
ルート情報ありがとうございます。
あそこで躊躇されるケースもありますので、安全な道はありがたいです!
リンクありがとうございます。
こちらからも喜んでリンクさせて頂きますね。こちらこそ宜しくお願いします。

馬頭滝へのルート

こんばんは、前鬼の溢れる水の美しさが伝わってきて素晴らしいです。
物凄く深みのある写真に仕上がってますね。
ところで、馬頭滝へのルートですが、右岸を登ったことはありませんが、普通に下ったことがあるので、あの行場を通らなくても行けるような気がします。
それから、遅ればせながらリンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。

RE:土曜日に

臆崖道さん
ここの伏流水は独特ですね。
こんな場所は珍しいです。
私も滝の谷は水が少ないわヒルが多いわで遠慮してましたが、「ヒルが怖くて滝めぐりができるか」との思い(笑)でこの時期に参加しました。この乗りで他の谷も行ってみます。
意外に良い谷でした。

土曜日に黒谷出合から垢離取場まで遡行しましたが、水量が多いせいかかなり苦労しました。しかしながら滝ノ谷付近の左岸から流れ込む伏流水の競演が、とても素晴らしかったと私も思いました。
裏行場の滝は2度ほど(ショボイ水量のとき)行ったのでパスしちゃいましたが、こんなにスゴいのなら見ておくんだったなー

RE:お疲れ様でした!

デジマンさん
最後の不動滝のベストポイントはデジマンさんの思いが見事実りましたね!
あそこを少し外すと絵が全然違ったものになります。
泥道を付いていくのがやっとでした(笑)
しかしああいう道も好きですね!

RE:さすが

ソウルさん
いよいよ前鬼コースですか。
良い場所だと思います。五百羅漢や不動七重の滝などを見るだけでも損した気分にはならないでしょう。途中道路から見えた前鬼川の水流も真っ青で綺麗でしたよ!

お疲れ様でした!

3滝撮影出来ればと淡い期待でしたが、予想以上の成果でしたね。
アップ拝見しました~渋い配色の写真ですが、これも良い感じですよ!
私も最後の不動滝が大迫力で岩壁も魅力があって一番気に入りました。
ここは滝も渓谷も魅力ですが、馬頭滝以外はまた行って見たくなるかも・・(笑)

さすが

まいどです!
前鬼から釈迦に登りたいと思っているのですが
なかなか実行に移せません。
本当に水が綺麗ですねー。
暑い日にこんな滝のそばに居れたら最高でしょうね。

RE:お疲れさま~!

千手滝は、横から見ると凄い長大で迫力ありました。
馬頭の滝前はミニゴルジュが箱庭的で良かったです。あの道が迂回できるといいですね。
ゴリトリバから千手への道からそのまま右岸を巻いて千手の上に出れないか気になっています。
一度巻き道を登った途中で見た不動滝も壮観でした。不動滝はもういっぺん行きたいです。

RE:お疲れ様でした!

今回は皆さんに付いていくだけのへたれな私でした(笑)
しかしヒロさんがおっしゃっていた前鬼の素晴らしさは身に染みて感じます。写真では日射が足らなくて水色が余り出てませんが透明度、クリスタルな感じが良かったです。
久しぶりに心の豊かさを感じられました。
これに懲りず今後もお付き合い下さいませ!

お疲れさま~!

ふぇるめーるさんお疲れさま◎ヒロさんデジマンさん今回はお三人でのお出かけでしたか。馬頭滝まで行くなんて命知らず~(笑)私は時間切れと根性なしで辞めました(笑)流石お三人さんパワフル!
でも不動七重を作っているだけに前鬼は水の清らかさはもちろん風景もすごいですよね。

お疲れ様でした!

どのお写真もアンダー気味の設定で滝の水を生かした描写が良いですね。ポジ的な印象を受けました。やはり前鬼は最後の楽園的な趣がありますね。決してきれいではない宿坊もどこか桃源郷のような雰囲気を醸し出しています。私が初めて大峯に触れたのも前鬼ですから思い出深い土地であります。住職もお元気そうだったので安心しました。柴犬くんは初めて見ました。最近は連れて来られているようですね。(笑)
また機会があれば前鬼を訪れましょうね。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。