スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆拡大縮小あれこれ

管理人はWEB画像の縮小に"藤 Risizer"を使用しております。
今回"R13V110"というソフトが出ましたので比較してみました。

flt_test.jpg

(藤resizerによる縮小 横幅3872→430画素、エッジ強調25)
R13は複数の拡大縮小の手法の結果が同時に確認できます。
藤はトリミングや画像調整が可能ですが、R13はたくさんの縮小画像から選ぶというコンセプトのようです。
縮小の方法はいろいろあり、補完計算の方法やフィルターの窓の形で結果が変わってくるようです。
エッジを残そうとするとリンギング(ノイズのようなもの)が目だって絵が煩くなったり、逆にスムーズを求めるとエッジが甘くなったりします。
"藤 resizer" "R13V110"で検索可能ですので一度お試し下さい。

①lanczos4は比較的管理人の好みに合いました。藤よりも少し繊細な感じがします。
藤もパラメータ(エッジ強調)が調整できますので、ここは好みの違いでしょうか。

flt_lanczos4.jpg

R13V110によるlanczos4(拡大縮小の手法)


②lanczos4よりやや硬調です。

flt_lanczos3.jpg

R13V110によるlanczos3法

③gaussの例です。やや甘いかも^^

flt_gauss.jpg

R13V110によるgauss法


④average法です。甘いけれど自然っていうかフィルムぽくて捨てがたいですね。

flt_average.jpg

R13V110によるaverage法


⑤b-spline法です。これだけ縮小率が大きいと硬調ですね。

flt_b-spline.jpg

R13V110によるb-spline法


⑥bicubic法です。lanczosの親戚だそうですがかなり違いますね。

flt_bicubic.jpg

R13V110によるbicubic法


⑦藤でエッジ強調をOFFにした例。lanczos4に近い雰囲気が出ますが、全体に甘くなります。

flt_test_off.jpg

藤による縮小(エッジ強調OFF)


--END--

コメントの投稿

非公開コメント

RE:なるほど・・・

ヒロさん☆
ソフトは種類が多くて迷いますよね。
どんな画像にもベストって絶対難しいと思います。使い訳できるといいんでしょうけど、実際面倒くさいです(笑)

RE:大台ヶ原の倒木かな

YHさん☆
あったり~です(笑)
違いを見るのはテクスチャーが一番ですね。
大台の笹原は、こうしたテストにぴったりです。
average法は確かに素直で好きですね。昔こうした研究をコンピュータでやっとりました。誰か雇ってくらはい(笑)

なるほど・・・

画像縮小ソフトにも個性があるのですね。
私は「チビすな!」というフリーソフトを使っています。きれいに元画像のイメージを壊さず縮小するのはなかなか難しいですね。やはり自分の好みにあったソフトの選択と設定が必要ですね。勉強になりました。

大台ヶ原の倒木かな。オンチの私にでも笹や倒木を見比べると違いがわかります。普段全然気にしなかったけどこうして何枚か見るとうーん違う。ところで機械オンチの私もデジタルを少し使わなくてはいけなくなるのでちょっと勉強です。おっとそれ以前カメラを触るとこからでした(笑ってちょうだいませ)
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。