☆デジタルへの移行、道半ば

レンズ間のつながりの自然さを確認する目的で
最近購入したNIKION の標準レンズ(24-70mmF2.8G)従来持っていたデジタ用レンズとの比較を行いました。
カメラはD200、RAWでAWBはオート、カラーモードはⅡです。尚、画像は撮ったそのままです。

まずは広角域(24mm)で

AFS_2470mm_F28_24mmF28.jpg


新しく購入したAF-S Nikkor 24-70mm F2.8 G ED (24mm F2.8)
同じ場面をトキナー AT-X 124 PRO DX (24mm F4)で撮ってみました。
トキナーらしい解像の高さは充分出ていると思います。
どちらも開放で撮っております。中央部での解像度はそれ程違いません。
かなりお買い得なレンズだと思いました。
異なるのはコントラストと周辺部の画像でやはり24-70mmは周辺部もしっかり写るようです。
しかしA4以下でプリントするならそれ程気にならないかもしれません。


ATX124PRODX_24mmF4.jpg

AT-X 124 PRO DX (24mm F4)の画像

次に望遠域(70mm)です。
これも開放で

AFS_2470mm_F28_70mmF28.jpg

24-70mmF2.8の70mm F2.8の画像


AFS_2470mm_F28_70mmF45.jpg

ちょっと絞って24-70mmF2.8の70mm F4.5の画像

望遠はAF-S VR 70-300mm F4.5-5.6 G ED と比較しました。
解像感では大きく違いはありません。判りにくいですが、等倍で観るとコントラストが違うことが判ります。また開放では周辺画素ではやはり24-70mmF2.8が優れているようです。
これも充分引き伸ばしてみないと判りにくいかもしれません。

さすがCAPAでレンズ賞を取っただけありVR 70-300mmは、かなり開放からでも使えそうな感じです。

結論としてはAPS-C(D200)で使う限り
ATX124→AF-S24-70mmF2.8→AF-S VR 70-300mmで12mmから300mmを使い分けても画像ではそれ程違和感の無い繋がりは得られそうです。
そしてATX124もVR 70-300mmは、CPは高く過去の選択は間違っていなかった(自画自賛(笑))と思いました。
今後は封印していた標準域が24-70mmで使えることになり、ズーム域がやっと繋がりました。
デジタル道半ば、やっとこさデジタルへのレンズ移行の基本ができた次第です(汗)。




AFS_2470mm_F28_70mmF45.jpg

AF-S VR 70-300mm (70mm F4.5)の画像

コメントの投稿

非公開コメント

RE:レンズテスト

> 興味深いレポートありがとうございます。
こちらこそヒロさんのアートによりいつもインスパイアされております。感謝いたします。

>実に難しいですね。
ですね。今回はたまたま標準レンズ域(24-70mm)が空いていたので悩みはなかった(笑)のですが、便利さで言えばDXのVR18-200mmやVR 16-85mmという選択肢もありました。それも立派に正解だと思います。

ただ、今回はどんな作品を作りたいか?
という問いから始まりました。

>これぞというテーマができて
これは大切ですねぇ。無人島に一本だけ持ち込むとしたら何を選ぶか、一本を選ぶことによって他の何かを切り捨てるかもしれない。しかし結果的にこれが大切だったってこともありますよね。

>そういえば124PROとVR70-300mm
少ないレンズ群で撮り方を考えるっていうのも案外楽しいですよね。山へはせいぜい3本携帯なので里に降りれば発想が変わるかも(笑)

レンズテスト

興味深いレポートありがとうございます。
デジタルに於いてはレンズ選びは実に難しいですね。ふぇるめーるさんの無駄の無い理想的なシステム構築には脱帽です。私はムダばかり(笑) D2XでダメレンズがD100では良かったり、ボディーとの相性もありますね。D2Xはレンズを選ぶボディーなので、最近はD100ばかり使っております。これぞというテーマができて必要最小限のレンズが決まれば1本だけでも高級レンズを買おうと思っています。
そういえば124PROとVR70-300mmはふぇるめーるさんの真似をして大正解だったレンズです。感謝いたしております。
プロフィール

ふぇるめーる

カテゴリー
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
リンク
管理人へのFC2メールフォームです
◆山のこと写真のことなど自由にお書きください(Jan.2015新設)

名前:
件名:
メール:
本文:

RSSフィード
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる